人材を獲得するためにお金を使うのはもう古い

LINEで送る
Pocket

人材を獲得するためにお金を使うのは本当に良いことなのでしょうか。


世の中に存在する一般企業の大半は「人材獲得」を目的にして広告を展開し、他企業に広告費を支払って人材を獲得しているという現状が存在します。

要するに大半の会社は「人材を確保するためにお金を払っている」のがセオリーになるのですが、これは本当に効率を意識した経営でしょうか。

 

「何を言っているんだ。人は宝であり、優秀な人材を確保しないと会社を発展させることはできない。人材を募集するために広告に力を入れるのは常套手段だ」という意見もあると思います。

 

何かおかしくないですか?

 

そもそも会社がお金を払って人材を募集するのは、「そうしないと会社が注目されない」という弱点を抱えているからです。要するに転職サイトやリクナビなどを通じて会社のPR情報を載せて貰うから人材が集うのであって、もうこの時点で差別化できていないことに気づくべきです。

 

私は今後、「超ローコスト経営」が時代を築くと思っています。

 

超ローコスト経営とは、とにかく徹底的に無駄なお金を使わない経営のことを指します。

 

人材を獲得するためにお金を使うなんてもっての外。会社の知名度を高めるために広告を出すのは論外です。そんなことをしていたら大企業に対抗することはできません。

 

「じゃあ、どうするんだよ」という意見が出てくると思います。

 

1番良いのは自社メディアを経由して人材を募集することです。

 

人が多く集まるサイトやメディアを保有していれば人材獲得費をゼロに抑えることが可能です。なぜならサイト内で「人材を募集しています!」と告知すれば良いだけの話であり、わざわざ他社のメディアを使用して人材を集める必要がないからです。

 

しかも自社メディア経由の人材募集だと「経営者の考えや理念」を理解している人を集めやすくなるため、就職後の理念のミスマッチを防止することが可能です。

 

既存メディアを経由して人材を募集すると大抵「会社と従業員の考えが合わない」ということが起きるのですが、これは会社が情報を積極的に発信していないから起こるのです。

 

しかし、経営者の考えや会社のビジョンがしっかりと記載されているサイトで多くの人を集めることができている場合、そこで人材を募集したらどうでしょうか?

 

当然のことながら人材募集にかかるお金はゼロであり、「理念やビジョンを共有することができる人」と協力関係を結ぶことが可能になります。

 

人材募集費をゼロに設定して人材を確保したければ「経営者の考えを綴ったサイトを運営して多くの人を集め、人材を募集すれば良いだけの話」になります。

 

これ、できたら最強ですが、なかなか成功できません。

 

何故かと言うと多くの人は「他人には興味を持たない」からです。

 

よほど人間的魅力に長けていたり、「一緒に仕事がしたい!」と思わせる人物だったりすれば別ですが、その辺のベンチャー企業の社長がブログやサイトを運営したところで人なんか全く集まらないのですね。

 

理由は単純。魅力がないから。

 

経営者の質は千差万別で、5年以上経営を続けているIT企業の社長でも「精神論ばかりでアホなことを述べていること」が多々あります。

 

また、「自社ビルを作るのが目標」と堂々と公言する社長もいらっしゃり、そんな人間には見た目しか気にしない人材しか獲得することしかできません。

 

付き合う人間の質を変えたければ、自分自身が成長しなければいけないのです。

 

陳腐な意見しか述べられない経営者のサイトにどうして多くの人がアクセスしてくれるのでしょうか。

 

 

「強いメディアを築けば人材募集もタダで行なうことができるし、広告費も入るし、運営コストも滅茶苦茶安いから赤字になることがないし、最強だよね」という理論は現実論として通用するのですが、「強いメディアを築く」という段階で躓く人が大半になります。

 

絶対に赤字を出さない本物のローコスト経営を行いたければ「人材獲得費もゼロにして優秀な人材を募集する」のが1番良いのです。しかし、この理想を実現したければ「強いメディアを保有している」という条件が必要になります。

 

逆に言えば強いメディアを1つ保有していれば無料で人材を募集をすることができ、ストック型収入のビジネスモデルを確立することができ、他社と協力関係を結ぶ架け橋を築くこともできてしまうので理想を実現するのも夢ではありません。

 

「人材を獲得するためにお金をかけず、優秀な人材を集めている会社」を見つけた場合、その会社は相当将来性が高いので株を買うチャンスだと思ってください。


スポンサードリンク