webサイトで集客するために重視しなければいけないユーザーニーズとは?

LINEで送る
Pocket

最近は企業が広報活動の一環としてwebサイトの集客に力を入れることが多いのですが、webサイトでの集客理論は案外単純です。

ユーザーニーズを理解すれば良いのです。


出典 www.websitestoreplusmore.com

口で言うのは簡単ですが、実践するのはかなり難しいのです。私はかなりユーザーニーズを意識してサイトを運営しているのですが、株式投資.jpで求められているニーズは「経済・投資」の情報であり、それ以外の情報はニーズの対象外になることが多いです。

ユーザー満足度を高めたければ「ユーザーが求める商品」を提供する必要があります。

その際に重視しなくてはいけないのが大多数のユーザーニーズです。例えば株式投資.jpなどは中学生・高校生から見たら面白くないサイトになりますが、知的好奇心が旺盛な人や投資に興味がある人のニーズを満たすことは可能です。

webサイトで集客するための方法論はとても単純で、「ユーザーが求めるコンテンツ」を提供すれば良いのです。要するにユーザーの属性をよく理解し、多数派ユーザーに対して何を提供したら喜ぶのかを考えれば集客に成功することが可能です。

少数派ユーザーに媚びたらダメなんですよ。

少数派ユーザーが喜ぶコンテンツを提供しても集客を成功させることはできません。重視しなくてはいけないのは多数派ユーザーであり、あまりニッチ向けになってしまっても集客を行うのは不可能になります。

ビジネスではよく「顧客層を分析し、目標とするユーザーを定める」という言葉が使用されますが、これはとても重要です。

その目標とするユーザーが何を求めているかしっかり分析し、ユーザーが喜ぶコンテンツを提供すればwebサイトで人を集めることが可能になります。更に言えば大多数のユーザーが喜ぶコンテンツ(ためになるコンテンツや面白いコンテンツ)などを提供すればリピーター率も高くなり、新規ユーザーをリピーター化させることが可能になります。

webサイトで持続的成長を成し遂げたければリピーターを多く確保する必要があります。

私が特に重視しているのが良質なリピーターであり、リピーターがいるから持続的成長を維持することができるのです。新規ユーザー様もとても大切ですが、1回見て終わりというユーザーが増えてしまうとユーザー数の持続的成長を維持するのは難しくなります。

ユーザーというものは現在の状況に満足しているからリピーター化することがほとんどであり、見たくもないサイトに訪れることは絶対にありません。

これはどのwebサイトでも言えることですが、見たくないサイトを見ることはないのです。

サイトを見る見ないはユーザーの自由であり、運営者が強制してサイトに人を集めるのは不可能です。そのため、ユーザー満足度が高くないとリピーターを作るのは無理で、リピーターを作りたければユーザーが求めるコンテンツを提供する必要があるのです。

この理論はwebサイト運営だけではなく、様々な業界で通用する理論です。

例えばゲームを配信する場合、ユーザー層を分析した上でユーザーが喜ぶゲームを配信する必要があります。若年層向けのゲームを流行らせたければ萌えキャラを活用したりビジュアル的に注目されたりするゲームを配信するのが重要です。

本に関しても同じで、最初に想定されるユーザー層を分析し、ユーザーの好みに合う情報を記載する必要があります。

どの業界でも同じことが言えるのですが、ユーザーニーズに合っていない商品は絶対に売れません。逆に言えばユーザーニーズを上手く満たす商品を販売すれば一定数の需要が発生するため、商品を売ることは可能になります。

集客できるwebサイトと集客できないwebサイトの違いはユーザーニーズを満たしたコンテンツを配信しているか否かという点が重要になるのです。ユーザーニーズさえ満たしてしまえば集客化を成功させるのは可能です。


スポンサードリンク