アジアコマーシャル銀行 (ACB)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 ハノイ証券取引所【HNX】
・会社名  アジアコマーシャル銀行株式会社
(あじあこまーしゃるぎんこう 英称:ASIA COMMERCIAL BANK)
・ティッカー ACB
・業種    銀行 (銀行業)
・決算    12月
・上場年 2006年11月

・時価総額(百万VND) 14,044,690.00
・企業価値(EV)(百万VND) 12,435,880.00
・売上高(百万VND) 15,205,070.00
・当期純利益(百万VND) 806,423.00

・1単元価格:15500VND【約7400円】

・1株価格15500VND(74円)(7/2終値)、最低売買単位:100株、

(VNDはベトナムドンの略称です)

・予想PER18.49倍、実績PBR1.10倍、予想配当利回り24.6% 自己資本比率7.32%

・1株配当 3800VND

管理人評価D

ベトナム株はSBI証券の外国株口座を開設していると取引することが可能です。

 

【会社紹介】

アジアコマーシャル銀行は預金活動や有価証券を売買している会社です。


ベトナムで最も有名な実業家であるグエン・ドク・キエン氏はアジアコマーシャル銀行を設立した人物ですが、逮捕されました。

国内機関の発展サポート業務や金融機関の融資などを行なっているアジアコマーシャル銀行は「ベトナムを代表する大銀行」です。行なっている業務は日本の銀行と大差なく、ベンチャー企業に投資したり、外貨を取引したり、有価証券を売買したりして利益を得ているのです。

金や宝石も売買しているアジアコマーシャル銀行は「数多くの金融業務に携わっている会社」と評価することが可能です。

 

金融市場の分野では金取引や銀行間融資に焦点を当てており、お客様をサポートする事業を行なって利益を得ているのが特徴です。

スタッフのほとんどが大卒というアジアコマーシャル銀行は「高学歴人材を数多く登用している」のが注目ポイントです。

子会社や関係会社を通じて証券仲介業務、投資銀行業務、法人顧問業務などを提供しているアジアコマーシャル銀行は「幅広い金融業務を行なって多くのお客様から支持を集めている」のが素晴らしいのです。

 

【イマイチ決算が安定しないアジアコマーシャル銀行】

アジアコマーシャル銀行の決算内容を分析してみたのですが、順調な発展を遂げている会社ではありません。

2013年通期決算の営業CFは-6,133,589(百万VND)で、営業CFがマイナスになっているのがかなり気になります。

基本的に営業CFがマイナスになっている会社は「本業苦戦が響き、現金不足で苦しんでいることが多い」ので、アジアコマーシャル銀行は順風満帆な経営を行なっているとは言えません。


逆に投資CFは129,645(百万VND)のプラスになっています。

投資CFがプラスだと、設備投資の金額よりも「会社が保有していた資産を売却した額が多い」ということになるため、優良企業は投資CFがマイナスであることがほとんどです。

成長企業ほど設備投資を積極的に行なうので、投資CFがプラスというのは逆に危ないです

売上高も激減しているアジアコマーシャル銀行株は非常に微妙です。大企業特有の力強さは発揮されていますが、株として分析すると様々な弱点が目立つことが分かります。

 

【アジアコマーシャル銀行の財務分析】

アジアコマーシャル銀行は2011年から2013年にかけて黒字経営を維持しています。

2013年連結決算の売上高は4,386,413(百万VND)、経常利益は1,035,560(百万VND)、当期純利益は826,493(百万VND)で、昨年度と比較して売上高が激減しています。売上高の成長率は-36.15%で良い結果を残したとは言えません。

経常利益も2011年から2013年にかけて下がり続けており、成長企業として評価することができないのが弱点になります。

来期は売上高や純利益が回復する見込みですが、経常利益は低下することが予測されています。

 

【アジアコマーシャル銀行に向いている投資スタイル】

アジアコマーシャル銀行は持続的成長を遂げていないので成長株投資を行なうのはお勧めできません。

決算状況を分析しても様々な弱点が目立ちます。

売上高が減少し、経常利益が減り続けているのも痛手ですが、銀行業という差別化が難しいビジネスを行なっている時点で成長性に多大な期待を抱くのは酷になります。

そうなるとアジアコマーシャル銀行株で儲ける場合、「配当金狙いの投資」を行なうのが良いのですが、配当利回りは刻々と変化するので減益企業の現在の配当利回りを信じるのは良いことではありません。

黒字経営を続けているので会社としては優秀ですが、特に割安でもない現在のアジアコマーシャル銀行は優良株だと判断することはできませんでした。

 

【予想配当利回りの計算は自力で行なっており、データ参照元はhttp://finance.vietstock.vn/ACB/thong-ke-giao-dich.htmになります。】

(様々な媒体を活用し、ベトナム語を翻訳して記載した情報なので誤りがある可能性があります。投資は自己責任でお願いします。

日本円は現在の為替レートで計算しています。上記の情報は2014年7月2日に記載しました)


スポンサードリンク