ベンチェー水産(ABT)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 ホーチミン証券取引所【HOSE】
・会社名  ベンチェー水産株式会社
(べんちぇーすいさん 英称:BENTRE AQUAPRODUCT IMPORT AND EXPORT JOINT STOCK COMPANY)
・ティッカー ABT
・業種    食品加工 (水産・農林)
・決算    12月
・上場年 2006年12月

・時価総額(百万VND) 557,614.60
・企業価値(EV)(百万VND) 356,636.70
・売上高(百万VND) 534,534.40
・当期純利益(百万VND) 73,928.88

・1単元価格:485000VND【約2305円】

・1株価格48500VND(230円)(6/27終値)、最低売買単位:10株、

(VNDはベトナムドンの略称です)

・予想PER不明、実績PBR1.34倍、予想配当利回り不明 自己資本比率66.36% 

管理人評価D

ベトナム株はSBI証券の外国株口座を開設していると取引することが可能です。

【会社紹介】

ベンチェー水産は輸出用の魚介類を加工して利益を得ている会社です。

白ハマグリや赤貝、ブラックタイガーなどを取り扱っているベンチェー水産は「国内消費と海外輸出」という2つの市場で売上を上げているのが特徴です。


水産養殖事業も行ない、ホテルやレストランなども経営しているベンチェー水産は「多角経営」を行なっている会社として有名です。

国内市場、海外市場の両方で収入を得て、他事業で利益を上げるビジネスモデルを築いているベンチェー水産は「大企業らしい多角戦略」を取っていると評価することが可能です。

欧米、日本、米国などで自社商品を輸出しているベンチェー水産は「輸出業務に強い会社」です。

従業員数は964名で、ベトナムを代表する大企業として活躍しているのがベンチェー水産です。

 

【売上高は減少中! 決算が良くないベンチェー水産】

ベンチェー水産の決算状況を分析してみたのですが、あまり良い印象を受けませんでした。

・2011年の売上高は662,822,051,720VND

・2012年の売上高は634,180,318,830VND

・2013年の売上高は534,534,415,470VND

このように、ベンチャー水産は少しずつ売上高を落とし続けているのが気になります。ベトナム企業らしい「成長力」に期待するのは酷で、成長株が欲しい人と相性が悪いのがデータで分かります。

ちなみに、純利益も減り続けています。

・2011年の純利益は99,782,842,790VND

・2012年の純利益は79,112,873,890VND

・2013年の純利益は73,928,882,000VND

日本株もベトナム株も分析する基本は同じで、「利益額や売上高を伸ばし続けている株」を買うのが1番良いのですが、ベンチェー水産は売上高や純利益が落ち続けている株です。

PBR値も1.34倍でベトナム特有の割安感がないので、「割安成長株」を求めている人は別の株を探した方が良いのです。

投資CFは年々増加し続けています。

ベンチェー水産は決して悪い会社ではないのですが、決算状況を分析すると色々と微妙です。

もう少し「ベトナム株らしさ(割安性や高い成長率など)」が発揮されていれば面白いのですが、現状だとよくある日本株と大して変わらないという印象を持ってしまいます。

 

【ベンチェー水産の財務分析】

ベンチェー水産は2011年から2013年にかけて黒字経営を維持しています。

2013年通期決算の売上高は534,534,415,470VND、営業利益は83,942,230,770、経常利益は86,424,540,290VNDで、売上高は低下しているものの営業利益・経常利益は昨年度より向上しています。

純利益は73,928,882,000VNDに低下しており、良い結果を残したとは言えません。

 

【ベンチェー水産株に向いている投資スタイル】

ベンチェー水産は非常に微妙な株です。

純利益率は13.83%と高いのですが、売上高や純利益額が落ち続けている現状を見ると成長性に期待するのは酷です。

成長性に期待できないということは、将来の株価に期待するのも難しいので「インカムゲイン狙いの投資」を行なうのがお勧めです。

2012年7月から2013年6月までの少し古いデータになりますが、ベンチェー水産の1株価格が40500VNDのとき、配当利回りは14.81%でした。

配当利回りだけ見ると美味しいのですが、配当利回りを重視して投資するのであればメコン水産 (AAM)の方が配当利回りは良いです。

メコン水産の予想配当利回りは28.97%なので、高配当株を求める投資家はメコン水産の株を買うでしょう。

そう考えるとベンチェー水産株の魅力は何でしょうか?

そこまで割安でもなく、成長力に長けていないベンチェー水産は株として評価するとかなり微妙です。

多角経営を行なって利益を分散しているベトナム大企業の株が欲しい人は、ベンチェー水産が適しています。

 

(様々な媒体を活用し、ベトナム語を翻訳して記載した情報なので誤りがある可能性があります。投資は自己責任でお願いします。

日本円は現在の為替レートで計算しています。上記の情報は2014年7月1日に記載しました)


スポンサードリンク