アダストリアホールディングス (2685)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社アダストリアホールディングス
(あだすとりあほーるでぃんぐす 英称:Adastria Holdings Co., Ltd.
・証券コード 2685
・業種     小売業
・決算    2月
・設立年  1953年10月
・上場年  2000年12月


管理人評価C

【会社紹介】

アダストリアホールディングスは雑貨やカジュアル衣料店を展開している会社です。

多彩なブランド展開を行っているアダストリアホールディングスは、多くのお客様から支持されるブランド力を得ています。年齢層に応じて衣服を提供しており、10代から40代を中心としたお客様にファッションの素晴らしさを広めているのです。


世界中のお客様に様々なアイテムを販売する経営方針を貫いており、海外進出も積極的です。日本市場だけではなく、海外でも売上を伸ばす姿勢を貫いているのは高く評価できます。

服飾雑貨やアパレル商品、生活雑貨などを幅広く扱っているアダストリアホールディングスはファッションの組み合わせを重視しています。取扱い商品が多いのは「様々な顧客ニーズに対応する」という経営戦略を成功させるためです。

また、数多くの自社商品を揃えることによって店舗の大型化にも対応することができます。

【サービスレベルの向上意識が高いアダストリアホールディングス】

アダストリアホールディングスはお客様に対するサービスに長けている会社です。

お客様相談窓口は365日対応しており、お客様の悩みや疑問に応える体制を築いています。

「ファッションは世界を変える力をもっている」という経営理念を掲げているアダストリアホールディングスは、ファッションを通じて輝かしい時間をお客様に提供することを意識しています。ファッションの楽しさや喜び、お客様に合った衣服を提供することによって顧客満足度を高めているのです。

また、アダストリアホールディングスは挑戦意欲の高い会社です。

アドストリアという名前はラテン語の「困難を克服して栄光を獲得する」という語源を造語にしたものです。自社のスタッフにも自立心や優れた行動力を求めており、常に成長し続ける意識を抱いてるのです。

【アダストリアホールディングスの財務分析】

アダストリアホールディングスは売上高を伸ばし続けています。

売上高が伸びているから成長企業だと断定するのは危険です。2011年から2013年まで売上高は向上していますが、売上に反して利益額は低下しているのです。

特に営業利益の低下は無視できません。2011年の営業利益は153億2900万円ありましたが、2013年の通期決算の営業利益は97億1700万円となっています。純利益も下がっており、2013年の純利益額は55億800万円でした。

黒字経営を続けているのは良いのですが、利益額が低下し続けている状況は非常に危険です。成長株として評価することもできませんし、資産株として保有するのも難しいのです。現状を打破し、成長企業として返り咲かないとアダストリアホールディングスの未来は闇に包まれてしまいます。

2014年通期決算は利益額を伸ばすことが予測されますが、大切なのは成長を続けることです。利益増大を長年維持することができれば、アダストリアホールディングスは市場から高く評価されるようになります。

財務面は優秀です。

自己資本比率は64.3%。優秀企業と公言できる素晴らしい自己資本比率を維持しています。

有利子負債額は13億7200万円で大したことはありません。純利益額が55億800万円もあるので、有利子負債に苦しんでいる企業でないことが分かります。

【アダストリアホールディングス株に向いている投資スタイル】

アダストリアホールディングスは利益額が下がり続けていますが、これからの成長を期待したい方は成長株目的で投資するのがお勧めです。

利益過剰金は411億5100万円もあるので、利益を出すことに長けていると評価することができます。

配当性向は30%を基準とする方針を明確にしていますが、1株あたりの年間配当は120円を維持しています。純利益が下がっても安定配当を実施しているので、安定配当株を求めている方と相性が良いでしょう。

【アダストリアホールディングスの株主優待】

2月の権利確定日にアダストリアホールディングスの株を10株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・10株以上保有で2000円相当の商品引換券

・100株以上保有で5000円相当の商品引換券

・1000株以上保有で10000円相当の商品引換券

・5000株以上保有で20000円相当の商品引換券

上記の商品引換券は自社店舗で利用することができ、有効期間は1年間となっています。

参照URL http://www.adastria.co.jp/ir/stock/dividend/

(上記の情報は2013年11月23日に記載しました)


スポンサードリンク