アルペン (3028)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社アルペン
(あるぺん 英称:Alpen Co., Ltd.
・証券コード 3028
・業種     小売業
・決算    6月
・設立年  1972年3月
・上場年  2006年3月


管理人評価A

【会社紹介】

アルペンはスポーツ用品店を全国で運営している会社です。

「ジャパーナ」や「キスマーク」という自社ブランドも保有しており、自社ブランド商品を積極的に販売しているのが特徴になります。

スポーツショップ「アルペン」はウィンタースポーツ商品を中心に販売しており、お値打ち価格で高品質な商品を提供している人気店です。

スポーツ市場の多様化に敏感に反応しており、サッカーや野球の商品も取り扱ってニーズの増大に対応しています。スポーツファッションを意識した商品も販売しており、ウィンタースポーツショップとして名を高めているのが「アルペン」です。

「GOLF5(ゴルフ5)」ではゴルフ商品に特化した店作りを行なっています。


初心者ゴルファーから上級者ゴルファーまで満足できる品揃えを維持しており、ゴルフの専門知識に対応できるスタッフがGOLF5の売上を高めています。自分だけのオリジナルクラブを手に入れることも可能で、納得できるクラブを手に入れられるのがGOLF5最大の強みになります。

「スポーツデポ」では顧客満足度を意識した店舗運営を行なっているのです。

取り扱い品種は幅広く、スポーツだけではなくアウトドア商品も取り扱っているのが長所です。専門分野に特化するのではなく、多種多彩な品物を販売することによって様々なお客様の趣向を満たすのが得意です。

バスケット、バドミントン、卓球など、メジャースポーツ商品からマイナースポーツ商品まで取り揃えているスポーツデポは愛用者がとても多いのです。

【プライベート商品に強いアルペン】

アルペンは自社ブランドに力を入れており、魅力溢れるプライベート商品を店頭に多く並べています。

ゴルフブランド「トブンダ(TOBUNDA)」は飛距離を追求するゴルファーにアプローチをターゲットにしたオリジナルブランドです。

トブンダという名前からも分かるとおり、飛距離を伸ばしたいゴルファーたちがトブンダ製品を愛用しています。ドライバーやアイアンの飛距離を伸ばしてスコアを縮める人に対し、使いやすさと飛距離性能の両立を目指しているのがトブンダ製品です。

アウトドアブランドである「サウスフィールド」やスキーブランドの「カザマ」などを保有しているアルペンは様々なスポーツジャンルで自社ブランド商品を開発しているのです。

自社グループに属している「キスマーク」は1997年に発足されたブランドです。

最初はスノーボード商品の研究販売に力を入れていましたが、現在はストリートカルチャーを意識した商品を取り揃えてブランド力の強化を成し遂げています。

優秀なプライベートブランドの存在を抜きにしてアルペンの魅力を語るのは難しいでしょう。

プライベート商品を通じて他社との差別化を成し遂げているアルペンは、スポーツショップ界で名を轟かせているのです。

【アルペンの財務分析】

アルペンは売上高や純利益を順調に伸ばしている優良企業です。

2009年から2013年にかけて売上高は右肩上がりに伸び続け、2013年の通期決算は売上高2037億2400万円を達成しました。純利益は66億2900万円まで伸ばしており、日々の経営努力が結果に反映されているのが素晴らしいのです。

営業利益も伸び続けているので本業も好調です。円安で海外で生産したプライベート商品の採算が下がってしまったのは痛手ですが、致命傷にはなりません。黒字体質を維持しているアルペンは大変優秀な企業として認識して良いのです。

2014年通期決算は営業減益が予測されますが、動じる必要はありません。黒字体質を維持しているアルペンは利益が出せる「強い企業」に該当します。魅力あるプライベート商品を通じて躍進を続けてきたアルペンは、安定期を迎える可能性もあります。

財務面はとても良いです。

自己資本比率は60.2%で優良企業として評価されています。有利子負債は驚きのゼロで、無借金経営企業として良好な財務状態を維持しているのです。

683億300万円の利益過剰金は企業の黒字体質を裏付けるデータになります。安全株、資産株としての活躍も期待できるアルペンは息の長い株として資産の中心になってくれそうです。

【アルペン株に向いている投資スタイル】

無借金経営という部分を高く評価し、財務良好状態を維持している現状に注目してください。黒字体質を維持していることから、アルペンは財産株保有を行なうのが適切であると考えられます。

長期投資を通じてインカムゲインを受け取り続ける資産株投資も適しています。アルペン株を購入するのは資産の防御力を高めることに繋がるので、ディフェンシブ銘柄が欲しい方はアルペン株への投資を検討しても良いでしょう。

成長株投資を実行しても良いのですが、アルペンは円熟期に突入した可能性も考えられます。

資産株や安全株として保有する分には優秀なので、インカムゲインの取得を目的にアルペン株を取得するのがお勧めです。

【アルペンの株主優待】

6月か12月の権利確定日にアルペン株を100株以上保有していれば以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で2000円相当の優待券

・500株以上保有で5000円相当の優待券

・1000株以上保有で7500円相当の優待券

上記の優待券は自社店舗で使用することができます。

参照URL http://www.alpen-group.jp/ir/benefit.html

(上記の情報は2013年11月27日に記載しました)


スポンサードリンク