アークランドサカモト (9842)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 アークランドサカモト株式会社
(あーくらんどさかもと 英称:ARCLAND SAKAMOTO CO., LTD.)
・証券コード 9842
・業種     小売業
・決算    2月20日
・設立年  1970年7月
・上場年  1989年9月


管理人評価B

【会社紹介】

アークランドサカモトは「ホームセンタームサシ」を経営している会社です。

「暮らしと仕事に必要なモノとサービスを良品廉価で提供する」という心構えを抱いているアークランドサカモトは、ホームセンターの運営を通じてお客様の生活を支えるビジネスを行っています。

主力店はホームセンタームサシです。

ホームセンタームサシは巨大店舗が特徴で、一般客からプロ向けの客まで満足できる品揃えを維持しているのがウリです。建築資材や木材、家庭用品や家電まで幅広く取り扱っているホームセンタームサシは地元住民の生活向上に貢献する存在です。

ガーデンセンターにも力を入れており、ガーデニング商品を売るだけではなく花の育て方や手入れの仕方などを専門スタッフが丁寧に教えてくれます。


ホームセンター以外の店舗運営も行なっており、「ムサシ食品館」は大型食品スーパーとして活躍しています。他のスーパーと異なる点が「店舗面積の広さ」で、数多くの食品が揃っているムサシ食品館は主婦の需要を上手に取り入れているのです。

【グループで多角経営を行なっているアークランドサカモト】

アークランドサカモトは関連会社を通じて他事業にも参入しているのです。

注目したいのはアークランドサービス株式会社の飲食店事業です。アークランドサービスはとんかつ専門店のかつやを経営しており、お客様第一主義をモットーに経営に取り組んでいます。

清潔な店舗、美味しいとんかつという2つの武器を活かしているかつやは今後の躍進も期待できます。

アークドラック株式会社はドラッグストア事業を手がけています。

有名メーカーの商品を中心に取り扱い、豊富なアイテムを安価価格で提供しているアークドラックは地域1番店を目指しています。まとめ買い需要に対応するために一品大量陳列も行なって客単価の増加に努めているのです。

【アークランドサカモトの財務分析】

アークランドサカモトは売上高を伸ばし続けています。

2013年通期決算の売上高は970億8400万円で、営業利益は82億2300万円です。売上高は前年度よりも上がっているのですが、営業利益は下がっています。昨年度の営業利益が84億800万円だったので少し営業利益額を落としたのが分かります。

純利益は45億6800万円まで伸びているのがポイントです。

1株益も225.2円まで向上していますが、営業利益と経常利益が微妙に低下している事実は拒めません。といっても優秀な決算を残しているのは確かなので、営業利益が下がったことに関しては過度に気にしなくても大丈夫です。

来期は最高益が予測されます。

子会社の外食店舗が堅調に推移しているのが大きいです。園芸商品をメーカーと共同開発して更に魅力溢れる店舗にしようと努力しています。

財務状態は優秀です。

自己資本比率は67.8%。有利子負債は42億円で、自己資本比率が高いことに気づきます。有利子負債も少ないので財務優良株として評価することができるのです。

【アークランドサカモト株に向いている投資スタイル】

アークランドサカモトは財産株投資に向いています。

成長性に長けているのも高評価ですが、優れた財務状態を無視することはできません。黒字決算を維持している好財務株が欲しければアークランドサカモトが適しています。

現在の予想配当利回りは2%で配当利回りは大したことはありません。しかし、アークランドサカモトは売却益と配当金収入の両方の利益が期待できるのが大きいのです。

その秘密は割安性にあります。

優れた決算を残している株であるのにもかかわらず、予想PER8.01倍、実績PBR0.8倍という数字は明らかに割安であると分析することができます。資産株候補として株を長期保有しても良いですし、割安性を活かした売却益狙いの投資を実行しても良いのです。

意外と様々な戦略に対応できるのがアークランドサカモト株です。株式投資中級者の方と相性が良いでしょう。

(上記の情報は2014年1月9日に記載しました)


スポンサードリンク