アークス (9948)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 株式会社アークス
(あーくす 英称:ARCS COMPANY, LIMITED)
・証券コード 9948
・業種     小売業
・決算    2月
・設立年  1961年10月
・上場年  1993年7月


管理人評価A

【会社紹介】

アークスは地域密着型のスーパーマーケットチェーンを展開している会社です。

アークスグループは「地域のライフラインとして価値ある商品・サービスを低価格で提供する」ことを明言しており、お客様の豊かな暮らしを支える手助けを続けています。

スーパーマーケットはお客様の生活を維持するために必要な存在で、食品販売も重要なインフラ業務であるとアークスは考えているのです。

「八ヶ岳連峰経営」という独自の経営理論を築いているのが特徴です。


八ヶ岳連峰経営とは、同じ高さの山々が連なる企業連合の経営のことを指します。大抵のグループ企業は親会社が富士山のように高くそびえていますが、富士山経営は「お客様との距離が遠くなる」というデメリットがあります。

お客様との距離を縮めたいと考えているアークスは、八ヶ岳連峰経営を通じてほぼ同じ大きさの会社が活躍するように意識しているのです。

それぞれの企業がお客様と密接な距離を保ち、お客様に対してスピーディーに対応できる体制を整えています。アークスグループの真の強さは八ヶ岳連峰経営にあるのです。

また、アークスグループはローコスト経営にも秀でています。

スーパーマーケットで商品を安く提供したければ日々のコストを下げ、商品単価が低くても儲かる体質を築かなければいけません。

アークスは子会社と商品仕入れや情報システムを統一してコスト削減を成し遂げているのです。販売費や一般管理費の比率を下げることに成功しているアークスは、駄な支出を抑えることに定評のある会社だと評価することができます。

【アークスの主力店舗】

アークスの主力店舗は2006年に開発された「スーパーアークス」です。

スーパーアークスは様々なニーズに対応している大型店舗で、健康志向の強いお客様や高齢者のニーズを取り入れる商品構成を意識しています。売り場面積は1000坪から1400坪と広く、多くのお客様に利用されているのが特徴になります。

もう1つ注目したいのが郊外型ディスカウントストアの「ビッグハウス」です。

ビッグハウスは食品主体で商品を取り扱っており、まとめ買い需要を狙った店舗構成を心がけています。

1個買うよりも3個買った方がお得という「一物三価」をコンセプトに設定しており、まとめ買いを通じて客単価の向上を狙っている店舗です。

他にもアークスグループはホテルやドラッグストアなども経営しており、グループ全体で多角経営に力を入れているのです。幅広い収入源を確保しているアークスは今後の成長が期待できる有望企業です。

【アークスの財務分析】

アークスは売上高を拡大し続けている成長企業です。2009年から2013年にかけて黒字を維持しているのも大きいです。

2013年通期決算の売上高は4339億9200万円、営業利益は134億6400万円でどちらの利益も前年度より向上しています。

経常利益も145億1300万円にアップしていますが、純利益額は82億5300万円に低下しています。前年度の純利益額が133億300万円なのでかなり純利益を下げたことが分かります。

補足しておくと営業利益や経常利益が伸びているのに純利益額が低下しているのは悪いことではありません。営業利益が成長しているのは「本業の収入がアップしている」ということになるため、純利益が下がったからダメだと決め付けるのは早計です。

来期も営業利益の向上が期待できます。

粗利益を改善したのがとても大きいです。新店数も増え続けており、更に売上高を増やすことが予測されます。カード会員も順調に増加しておりリピーター数が増えているのも良いニュースです。

財務面も優秀です。

自己資本比率は59.8%。有利子負債額は117億7800万円で、企業規模と比較すると有利子負債額は少なめに抑えられています。

自己資本比率の高さも見どころですが、674億9600万円の利益過剰金が素晴らしいです。堅実な黒字経営を続けてきた結果が利益過剰金というデータに反映されています。

【アークス株に向いている投資スタイル】

アークスは将来の成長に期待する長期投資がお勧めです。

最終的に売却益を狙う方向で戦略を立てたいのですが、株を保有している間もそれなりの利益が見込めるのが大きいです。

現在の配当利回りは2.06%で株主優待利回りは1.0%です。総合利回りは3.06%になるため、長期保有に徹してもまあまあ旨味のある株ではないでしょうか。

個人的に評価したいのが株主優待でりんごジュースが貰える点です!

何気にりんごジュースをプレゼントする株はレアなので、多種多彩な株主優待が欲しい方はアークス株の保有を検討するのがお勧めです。りんごジュースは自分の健康に役立ちますし、友達にプレゼントしても喜ばれます。

家族にりんごジュースをあげても良いですし、りんごジュースは色々と使い勝手が良いのです。株主優待では貴重なりんごを受け取ることもできるので、レアな株主優待を好む方はアークス株が向いています。

りんごを頂きながら株を長期保有し、将来の値上がりを待つのが得策になります。

個人的にこういう株は大好きで、りんご目当てで投資しても問題はないと考えています。財務面も優秀、決算も純利益額の低下以外文句はないので初心者にも扱いやすい株です。

【アークスの株主優待】

2月の権利確定日にアークス株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で2000円相当の自社商品券、または全国共通ギフト券2000円分、または青森県産りんご3kg、またはりんごジュース(250g×30本)1箱。

・1000株以上保有で4000円相当の自社商品券、または全国共通ギフト券4000円分、または青森県産りんご5kg、またはりんごジュース(250g×30本)2箱。

・5000株以上保有で5000円相当の自社商品券、または全国共通ギフト券5000円分、または青森県産りんご10kg、またはりんごジュース(250g×30本)2箱。

青森県産りんごの発送は12月下旬になります。

・500株以上保有でホテル福原優待割引券1枚(宿泊料金50%割引、飲食料金20%割引)

・1000株以上保有でホテル福原優待割引券2枚(宿泊料金50%割引、飲食料金20%割引)

・5000株以上保有でホテル福原優待割引券4枚(宿泊料金50%割引、飲食料金20%割引)

参照URL http://www.arcs-g.co.jp/ir/stock/treatment/

(上記の情報は2014年1月14日に記載しました)


スポンサードリンク