アーク(7873)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  (株)アーク
・業種   その他製品
・決算   3月
・設立年  1968年12月
・上場年  1969年9月

管理人評価E

【会社紹介】

アークは大阪府大阪市中央区港本町2丁目2番9号に辰野南本町ビル10階に統括本部本店を置いている東証1部上場企業です。事業内容は非常に幅が広く、新製品開発におけるトータルサービスを行っています。

また、労働者派遣事業も行っているのもアークの特徴になります。



アークは荒木製作所という名前でした。1989年9月に大規模な吸収合併を行なって現在の会社名(株)アークに商号変更しました。合併や他会社の買収を積極的に行ない、2012年度3月31日において作業員数7694名を誇る大企業に成長することができたのです。

2012年には東京証券取引所市場第1部に上場しており、現在は試作品制作大手としての知名度が高まっている会社です。

【アークの財務分析】

アークは経営再建中の会社です。企業再生支援機構の下で経営再建を図っていますが、経営再建を成功させるのは並大抵のことではありません。支出を大幅に削減し、人員整理をしっかり行い、社員一丸となって企業再建に取り組むモチベーションの高さと経営者の辣腕(らつわん)が非常に重要なポイントになります。

四季報のデータによると、アークは2008年度から赤字決算が続いています……。

この赤字を解消しない限り、アークをさらに成長させるのは難しいのではないかと考えられます。

大企業の名にふさわしく、総資産はとても多いのですが、有利子負債の多さも無視することはできません。財務状態も健全な状態であるとは言い難い状況が続いています。今後は約200億円の有利子負債をどう返済していくかが注目すべきポイントになるでしょう。

株主優待制度も存在しておらず、2013年現在のアークの配当利回りはゼロになっています。はっきり言ってしまうと、アークは長期投資に向いている会社ではありません。

配当金狙いの投資家の方や、株主優待目当ての投資家の方は株を購入するのは避けた方が賢明でしょう。しかし、アークの経営再建が成功すれば株価のV字回復が期待できる「ハイリスクハイリターン」の投資先としての魅力がある会社でもあります。

株初心者や長期投資家にとってお勧めできる会社ではないことは確かです。しかし、アークの経営再建に期待が抱ける方はいくらか投資してもおもしろいかもしれません。

(上記の情報は2013年9月1日に記載しました)


スポンサードリンク