あさひ (3333)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社あさひ
(あさひ 英称:ASAHI Co., Ltd.
・証券コード 3333
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1975年5月
・上場年  2004年8月


管理人評価B

【会社紹介】

あさひは自転車専門店を経営している会社です。

大型自転車専門店「サイクルベースあさひ」を全国にチェーン展開しており、自転車業界であさひの名は広く知れ渡っています。「サイクルライフをサポートする」という理念を掲げているあさひは、お客様に最適な1台を提供するために親切に対応する接客スタイルを整えているのです。


また、自転車のチューニングや修理などのアフターサービスも完備しており、自転車ライフを楽しんでいる方はサイクルベースあさひによく足を運ぶ傾向があるのです。

あさひの強みは様々な自転車を取り扱っている点です。

人によって求める自転車は異なるため、幅広い自転車を販売して様々なニーズに対応しているのが武器になります。一般軽快車と呼ばれているかご付き自転車や、ロードバイクを始めたい人に人気のスポーツ車。折りたたみ車や幼児用の自転車まで取り扱っており、多種多彩な自転車を販売して多くの利益を上げている優良企業です。

自転車業界で日本最大級の企業として成長し続けたあさひは、自転車用のパーツもネット販売しています。また、「きめ細かいサービス」を徹底してあさひは躍進し続けてきたのです。

【優秀な人材を採用する戦略に長けているあさひ】

あさひがここまで成長を遂げたのは人材育成に力を入れており、優秀な人材を数多く確保したのが大きいと考えられます。

あさひは4年制大学出身の卒業生を大量に採用して徹底した社員教育を心がけました。その結果、あさひは接客マナーに長けた社員や自転車修理力に優れた人材をたくさん得ることに成功したのです。

また、数多くのプライベートブランド商品を販売しているのも強みです。

収益力に優れたあさひのプライベートブランド商品は、会社全体の利益を底上げする存在として活躍しています。1万円以下で販売されているあさひオリジナル自転車も存在しており、様々な価格で自転車を提供しているのも長所です。

自転車を安く買い求めたい人や、高くても良いから自転車の性能を追求したい人など、幅広い顧客層に対応しているのもあさひ躍進の理由になるでしょう。これからも自転車専門業者として活躍し続けることが期待されています。

【あさひの財務分析】

あさひは毎年売上高を伸ばしているのが長所です。

2013年通期決算は営業利益が低迷しましたが、21億7100万円の純利益を確保しています。売上高は374億9800万円まで伸ばしており、まだまだ発展の余地はあると判断することができます。

現存店の客足は好調で、最高純益も更新する見込みです。2013年の通期決算だけで会社を評価してはいけません。すでに業界最大手企業として輝いているあさひですが、店舗数を更に増やせば利益を拡大をする可能性は高いと考えられます。

プライベート商品の販売によって差別化戦略も成功していますし、株を長期保有する価値は高いのです。

財務面は非常に優秀です。

自己資本比率は70.5%。有利子負債は3億4000万円しかなく、健全な財務状態を保っているのが分かります。これだけ優良な財務状態を維持しているのは高く評価できます。財務健全株として長期投資の対象にするのがお勧めです。

【あさひ株に向いている投資スタイル】

あさひ株は安全株投資がお勧めです。黒字経営を維持しており、財務状態も良いので長期保有して安定した配当金を受け取る戦略に向いています。

成長株として投資しても構いません。2013年の通期決算は一時的に利益額を落としたのですが、来期は巻き返しを図る予定です。現在の予想配当利回りは0.77%で高配当戦略には向いていないのが欠点です。

資産のディフェンス力を高めたいと考えている方はあさひ株が向いているのです。株主優待による利益も含めるとトータル利率は3%を超えるため、なかなか優秀な株であると評価することができます。

【あさひの株主優待】

2月20日か8月20日の権利確定日にあさひ株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で1000円分の優待券2枚(合計2000円相当)

・500株以上保有で1000円分の優待券5枚(合計5000円相当)

・1000株以上保有で1000円分の優待券10枚(合計10000円相当)

・5000株以上保有で1000円分の優待券20枚(合計20000円相当)

上記の優待券はあさひの運営店舗で利用することができます。自転車好きの方にとって使用勝手の良い優待券になるのです。

参照URL http://www.cb-asahi.jp/ir/stockholder/

(上記の情報は2013年12月5日に記載しました)


スポンサードリンク