アクシアル リテイリング (8255)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 アクシアル リテイリング株式会社
(あくしある りていりんぐ 英称:Axial Retailing Inc.)
・証券コード 8255
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1967年8月
・上場年  1988年10月



管理人評価A

【会社紹介】

アクシアル リテイリングは、スーパーマーケットなどを経営する会社を子会社に抱える持株会社です。

アクシアル リテイリンググループに属している「株式会社ナルス」はスーパーマーケットを展開しており、独自色に長けたサービスが強みになります。一般のスーパーは購入した商品の袋詰め作業をお客様が行ないますが、ナルスは自社作業員が購入商品を袋に詰めてくれるのです。


コンビニでは店員が袋詰めをするのが一般的になっていますが、スーパーで袋詰めするのは珍しいです。ナルスは「スーパーという業種で袋詰めというサービスを実施している」という点がウリになります。お客様の負担を軽減するという意味で袋詰めサービスは好評を得ています。

更に「ナルスカード」というポイントカードも発行しており、お客様のリピート率を高める仕組みを築いています。ポイントカード制度はドラッグストアが中心に取り組んでいますが、ナルスは他店舗の良いところを取り入れて自社運営スーパーの経営に役立てているのです。

「良いと感じたサービスは自分たちで実行する」という傾向があり、お客様のことを考えて様々なサービスを提供しているナルスは高く評価することができます。

スーパー事業に取り組んでいるのは株式会社原信と株式会社ナルスですが、この両社は「日本一のサービスを目指す」という目標を掲げているのです。先ほど解説した袋詰めサービスや、営業時間を深夜まで延ばして店の利便性を高める経営戦略など、サービス力向上に意欲的なのが高ポイントです。

スーパーは安さも大切ですが、サービスも重要です。他社には真似することのできないサービスを提供してリピーターを増やし、差別化を図る方針を貫いているのは好意的に受け止めて良いのです。

【スーパーマーケット事業に強いアクシアル リテイリンググループ】

アクシアル リテイリングはスーパーマーケット運営が主力事業になりますが、事業の多角化を実現してリスクを分散しています。

アクシアル リテイリンググループに属している株式会社アイテックはIT事業に取り組んでいます。アイテックの受託システム開発事業は様々な業界のシステム開発を成功させた実績があります。

スポーツ施設でスコアボードを表示したり、医療施設の案内表示システムを築いたり、独自の技術力を活かして様々な企業活動を支援する取り組みを続けています。

アクシアル リテイリングはサービス力に長けているだけではなく、ITという最新技術を活用して利益を上げるのに定評があります。様々な技術を有効利用して経営に活かしているのはアクシアル リテイリング独自の強みになるのです。

【アクシアル リテイリングの財務分析】

アクシアル リテイリングは近年の利益向上率が良く、立派な成長企業として分析することができます。

2013年通期決算の売上高は1284億7800万円、純利益額は20億3600万円でどちらの数字も前年度より向上しています。営業利益は39億100万円まで減少しているのが気になりますが、1株益は116.3円まで高まっているので過度に心配する必要はありません。

群馬に地盤に築いていたフレッセイと合併したのが大きいです。

来期も好決算が予測でき、原信が開発したプライベート商品をフレッセイでも販売する予定です。web活動も積極的に行なっており、レシピを公開してお客様に役立つ情報を提供しています。

webを通じて新規客を取り入れることも重視しているアクシアル リテイリングは将来が楽しみな会社です。

財務面はなかなか良いです。

自己資本比率は47.0%。有利子負債は73億6500万円でかなり有利子負債額が少ないことに気づきます。財務面はまだまだ改善の余地がありますが、現段階でもそれなりに秀でていると分析することができます。

【アクシアル リテイリング株に向いている投資スタイル】

アクシアル リテイリングは成長株投資に向いています。

サービスを重視した経営姿勢は個人的にかなり高評価です。小売業はお客様と直に接することが多いため、サービス力の優劣が経営結果を左右すると言っても過言ではありません。お客様を大切にするのは当たり前ですが、「日本一のサービスを実現する」という目標は普通ではありません。

目標を設定するときに「口だけ良いことをアピールする会社」が多いのも事実ですが、アクシアル リテイリングは信頼できます。目標達成のために行動に移している姿勢は好意的に捉えることができますし、決算面も優秀なので今後の成長も期待できるのです。

また、現在の予想PERは14.9倍で実績PBRは0.98倍です。割安性が高いのも長所で、成長中の割安株が欲しければアクシアル リテイリングが向いています。

何気に株主優待の使い勝手も良いです。

株主優待券を使いたくなければクオカードに変えることもできますし、株主優待による利益も期待できるのでかなり旨味の強い株になるのです。

予想配当利回りは2.35%でそれなりの配当金収入が期待できます。将来の成長に期待して株を長期保有し、売却益が出ない間は配当金で懐を潤すのがお勧めの投資スタイルになります。

【アクシアル リテイリングの株主優待】

3月、9月の権利確定日にアクシアル リテイリング株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。(年2回)

・100株以上保有で100円分の株主優待券15枚(1500円相当)

・500株以上保有で100円分の株主優待券30枚(3000円相当)

・1000株以上保有で100円分の株主優待券50枚(5000円相当)

・2000株以上保有で100円分の株主優待券100枚(10000円相当)

・3000株以上保有で100円分の株主優待券150枚(15000円相当)

・4000株以上保有で100円分の株主優待券200枚(20000円相当)

・5000株以上保有で100円分の株主優待券250枚(25000円相当)

株主優待券は1000円毎の買い物につき1枚利用することができます。また、株主優待券の代わりに自社商品指定商品を選択することもできます。

参照URL http://www.axial-r.com/ir/benefit

(上記の情報は2014年1月4日に記載しました)


スポンサードリンク