イートアンド (2882)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名   イートアンド株式会社
(いーとあんど 英称:EAT & CO., Ltd.)
・証券コード 2882
・業種     食料品
・決算    3月
・設立年  1977年8月
・上場年  2011年6

・1株価格1553円(3/20終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約15万5300円

・予想PER15.5倍、実績PBR1.76倍、予想配当利回り1.29%、予想株主優待利回り3.1%

管理人評価C

【会社紹介】

イートアンドは外食チェーン事業と冷凍食品製造事業を行なっている会社です。


「お客様のおなかいっぱいのために存在する」と明言しているイートアンドは、自社の存在理由を明確にしています。健康対策や環境対策を通じて多くのお客様の信頼を掴んできた実績があり、「健康に良いか?」という疑問を重視して会社経営を続けています。

総合フードビジネス企業を目指しており、お客様の多様化する生活スタイルをサポートすることを望んでいます。

2013年12月10日に東証1部上場を果たしたイートアンドはまだまだ発展余地のある会社です。

外食産業という厳しい業界でビジネスを行なっているイートアンドですが、様々な外食ブランドを通じて利益を得ているのが素晴らしいです。FC加盟店も積極的に募集しており、FC加盟者と協力関係を結んで利益を得ているという特徴があります。

【イートアンドの主力ブランドは大阪王将】

イートアンドの主力ブランドは『大阪王将』です。

購入しやすい値段で食べられる餃子はイートアンドの主力商品として輝いており、株主優待でも餃子を受け取ることができます。素材に妥協せず、美味しさを守るため当日生産・発送を心がけている大阪王将の餃子は本物です。

外食産業で通用したければ「多くの人々が受け入れる商品」を提供しなければいけません。

餃子は日本国民に親しまれている食材です。餃子はリーズナブルな価格設定を守っているので大阪王将の人気は高いのです。

「元祖焼餃子」という看板商品を用意している大阪王将は、お客様の舌を魅了させてきた実績があります。長い間「美味しい」という長所を守り続けた大阪王将は、イートアンドにとってなくてはならない店舗として活躍しているのです。

他にも屋台屋ラーメンの『よってこや』や、焼き立てパンとコーヒーが味わえる『コートロザリアン』など、様々な外食店舗を通じてお客様のお腹を満たしているのです。

【イートアンドの財務分析】

イートアンドは2011年から2013年にかけて売上高を伸ばしています。

2013年通期決算の売上高は198億800万円、営業利益は9億200万円、経常利益は9億100万円で前年度比較して売上高は成長していますが、営業利益は落ちています。純利益も4億3000万円に減少しておりちょっと残念な結果を残してしまいました。

来期は増益が予測されています。

1部記念配当金を支払う予定のイートアンドは、株主に対する利益還元意識が強いのです。今後は直営店を通じて関東進出を成功させ、外食業界に覇を唱える予定です。

財務面は微妙です。

自己資本比率は33.0%。有利子負債額は11億4500万円で、財務改善余地はまだあります。

【イートアンド株に向いている投資スタイル】

イートアンドは株主優待目当ての投資に向いています。

毎年利益額がバラバラで競争の激しい業界に属しているので持続的成長を期待するのは厳しいのですが、株主優待の質は素晴らしいです。100株以上保有していると自社製品の冷凍餃子を受け取ることができるので、餃子好きの方にたまらない株になるのです。

イートアンドの株を買うとしたら、株主優待狙い1本に定めるのがお勧めです。

現在のイートアンド株は割安性に長けておらず、成長株投資を実行するのに向いていないのでインカムゲイン収入に期待するべきです。

主力株として活躍してもらうのではなく、株主優待が貰えるバックアップ株としての活躍を期待するのがお勧めです。

【イートアンドの株主優待】

イートアンド株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で3000円相当の自社商品(冷凍餃子など)

・500株以上保有で9000円相当の自社商品(冷凍餃子など)

・1000株以上保有で18000円相当の自社商品(冷凍餃子など)

上記の株主優待は3月限定です。

100株以上保有で2000円相当の餃子無料券(9月のみ)

参照URL http://www.eat-and.jp/ir/complimentary/index.html

(上記の情報は2014年3月22日に記載しました)


スポンサードリンク