EMシステムズ (4820)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社EMシステムズ 
(いーえむしすてむず 英称:EM SYSTEMS CO.,LTD.)
・証券コード 4820
・業種     情報・通信業
・決算    3月
・設立年 1980年1月
・上場年 2000年12月


・1株価格1862円(6/16終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約18万6200円

・予想PER10.73倍、実績PBR1.63倍、予想配当利回り2.43%

管理人評価B

 

【会社紹介】

EMシステムズは調剤薬局向けシステムを開発している会社です。


「社会に貢献できる企業であること」を胸に抱き、創業以来理念を変えずにビジネスを続けてきたEMシステムズは人々の暮らしに貢献する様々なソリューションサービスを生み出してきました。

「国民が受けた自らの医療情報」をいつでもどこでも確認できる環境を構築するために、自分たちが医療情報を責任を持って管理するセルフメディケーションの発展に努めました。

「整理整頓と挨拶」を徹底しているEMシステムズは独自の考えを抱いています。

整理整頓と挨拶がしっかりできている企業は滅亡しないという信念を掲げているのが國光代表取締役社長で、自社社員に挨拶を徹底するように言い続けています。

先ほど「社会に貢献できる企業であること」を理念として定めていると解説しましたが、この理念も守り続ければ企業は滅亡しないというのが國光社長の考えです。

確かに、会社が社会に必要とされる存在であれば持続的発展を遂げることができ、安定した利益を得ることが可能です。

 

主要製品は調剤薬局向けの医療事務処理用のコンピューターシステムで、自社開発したソフトウェアをユーザーに納入するビジネスモデルを築いています。

また、EMシステムズが開発したシステムを保守サービスするビジネスも行なっており、「ストック型収入に長けているのが長所」です。

一貫したサービス体制を導入しているから、EMシステムズは「幅広いお客様に支持されている」のです。導入からサービスまで自社で行えるEMシステムズはストック型収入が上手く活躍するビジネスを実践しています。

 

【ストック型ビジネスに移行して安定収益を確保しているEMシステムズ】

EMシステムズは平成20年4月に従来のフロー型ビジネスモデルからストック型ビジネスモデルに移行しました。ハードウェアの初期費用及び、処方箋枚数に応じた課金モデルを導入して増益を達成したのです。

ストック型ビジネスの強みは「安定成長が維持できる」という点でしょう。

自社サービスを広めれば広めるほど利益額を高めることができ、安定収入を維持することが可能になるので事業拡大を成し遂げるのも容易です。

 

ストック型のビジネスモデルは定着するまでが大変ですが、1度軌道に乗り始めるとどんどん利益額が増える可能性の高い優れたビジネスモデルです。

フロー型ビジネスモデルは他社の受注や景気の動向を受けやすいのが難点ですが、ストック型ビジネスモデルにこだわっているEMシステムズはこの先も安定決算の維持が期待できます。

事業拡大を成し遂げたければ「新規ユーザーの獲得」が重要になりますが、EMシステムズは営業体制を見直して新規顧客開拓を強める予定です。

調剤薬局向けシステムや電子カルテの拡大販売に力を注いでいるEMシステムズは、堅実な成長を意識しているのが魅力です。

 

【EMシステムズの財務分析】

EMシステムズは2011年から2014年にかけて利益額を伸ばし続けています。

2014年通期決算の売上高は113億6900万円、営業利益額は16億7200万円、経常利益額は22億8400万円で素晴らしい発展を遂げることができました。純利益も14億2000万円に伸びており、良い結果を残したのです。

来期は利益面での現状維持が予測されています。

新卒採用負担が大きいのですが、これは将来のための投資だと思うしかありません。自社風土を築き上げているEMシステムズは優秀な新卒を獲得して「更なる発展を遂げる」のが重要になります。

財務面はそこそこです。

自己資本比率は50.1%。有利子負債額は41億9200万円です。

 

【EMシステムズ株に向いている投資スタイル】

EMシステムズは成長株投資が適しています。

来期は保守的な予想を打ち立てていますが、ストック型のビジネスモデルに成功している点が良く、今後も持続的成長が期待できる優秀企業です。

配当額も伸ばし続けているので「配当金狙いの投資」を行なうのも良いでしょう。

今から株を買って将来の増配を期待し、インカムゲインを受け取り続ける戦略を採用しても良いのです。ある程度含み益を得たら株を売却しても構いません。

(上記の情報は2014年6月17日に記載しました)


スポンサードリンク