いなげや (8182)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 株式会社いなげや
(いなげや 英称:Inageya Co., Ltd.)
・証券コード 8182
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1948年5月
・上場年  1978年10月


管理人評価C

【会社紹介】

いなげやはスーパーマーケットの「いなげや」を運営している会社です。

「商人道の実践」いう経営理念を掲げているいなげやは、お客様ありきの経営を行なってお客様の要望に応えるスタイルを貫いています。スーパー運営は地元住民と親密な関係を築くのが重要になりますが、いなげやは信頼作りに成功している会社です。

新鮮な野菜や果物を取り揃えているいなげやは、スーパーマーケット運営会社として高い知名度を誇っているのがウリになります。


いなげやが近くにある人は「いなげやで食料品を購入する」ことが多く、地元住民の生活の支えになっているのです。

会社名とスーパーマーケットの名前を統一しているのはかなり大きい利点になります。どちらの名前も覚えやすくなるので、知名度が客足に影響する小売業界では大変有効となるのです。

いなげやという全てひらがなで構成された名前も認知度アップに一役買っているのです。

また、いなげやは習慣配達便というサービスも提供しています。カタログを通じて商品を選択することができ、重い荷物もしっかり届けてくれるので身体が不自由なお年寄りの方に人気です。ポイントが貯まるので主婦層の支持も受けやすく、これからの成長が期待できるビジネスモデルになります。

【他事業にも進出しているいなげや】

いなげやは株式会社ウェルパークや株式会社クックサンといった関連会社があるのです。

ウェルパークはドラッグストア運営を行なっており、いなげやと同じく地元密着経営を心がけてビジネスを続けています。地元のかかりつけ薬局を目指してお客様の健康を支えているのが強みです。

クックサンはいなげやの店舗内で惣菜や寿司を販売しています。

クックサンのお陰でいなげや店舗内の惣菜コーナーが充実し、品揃えを多くすることができるのです。調理なしで食べられる惣菜や寿司の販売数が多いのは、いなげやが長い経営を続けられる秘訣になるのです。

また、安心安全な野菜をお届けするために株式会社いなげやドリームファームは農作物の生産を行なっています。

食の安全性が求められている現代において、いなげやドリームファームの行なっている野菜作りは多くの人に受け入れられるでしょう。収穫した野菜はグループ店舗で販売するので納品先の心配もありません。

生産状況を開示して「顔の見える商品作り」を行なっているのが強みになります。いなげやは様々な人から信頼されるスーパーであり続けるために、関連会社を通じて幅広いビジネスを行なってシナジー効果を狙っているのです。

【いなげやの財務分析】

いなげやは2009年から2013年にかけて黒字経営を維持しており、安定力に定評があるのです。

2013年通期決算の売上高は2208億5600万円で売上を伸ばすことができましたが、営業利益は34億9800万円まで減少しています。しかし、営業利益は26億2100万円まで成長して1株益も56.5円にアップしているのです。

来期は黒字経営を保つことが予測されますが、利益額は落ちる見込みです。

消費税の増税影響が前半に響き、営業利益が低下したのが痛いです。また、出店費や光熱費が増加したのも痛手ですがこちらの支出は仕方ありません。光熱費の増加は他の小売会社も経験していますし、いなげやはこの難境を乗り越える力があるのが利点です。

財務面は良いです。

自己資本比率は55.2%。有利子負債は49億8400万円で、売上高と比較すると有利子負債は少ない金額で収められていると評価することができます。

【いなげや株に向いている投資スタイル】

いなげやは安定株投資に向いています。1株あたり15円の年間配当を維持しており、今後も15円の配当金支払いを保つ予定です。スーパーマーケットという手堅いビジネスを行なっているので安定株投資を実行して不労所得を増やすのは良い戦略として考えられます。

現在の予想配当利回りは1.53%で安定株らしい利回りだと言えます。高配当は期待できませんが、安定したインカムゲインを得たい方との相性はバッチリです。

普段いなげやを利用している方は株主優待券も役立つので、保有する価値はそれなりにある株だと分析することができました。

【いなげやの株主優待】

3月と9月の権利確定日にいなげやの株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で100円の買物割引券10枚

・500株以上保有で100円の買物割引券50枚

・1000株以上保有で100円の買物割引券100枚

・2000株以上保有で100円の買物割引券200枚

・3000株以上保有で100円の買物割引券300枚

こちらの買物割引券は1000円毎の買い物につき自社店舗で1枚利用することができます。一部商品は除きます。

参照URL http://www.inageya.co.jp/zaimu/zaimu_Stockholder.htm

(上記の情報は2013年12月26日に記載しました)


スポンサードリンク