インテージホールディングス (4326)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社インテージホールディングス 
(いんてーじほーるでぃんぐす 英称:INTAGE HOLDINGS Inc)
・証券コード 4326
・業種     情報・通信業
・決算    3月
・設立年 1972年9月
・上場年 2001年11月

・1株価格1185円(5/16終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約11万8500円

・予想PER12.33倍、実績PBR1.4倍、予想配当利回り2.32%

管理人評価B

【会社紹介】

インテージホールディングスは日本で唯一、消費・販売のパネル調査網を持っている会社で、市場調査分野で国内首位の実力を保っています。


1960年に市場調査の専門機関として創業したインテージホールディングスは、マーケティングリサーチ業務を中心に利益を上げています。成長を支えてきた原点は「情報力」と公言しており、情報を活用して利益額を増やしてきたのが素晴らしいのです。

情報を収集する能力、情報を加工・分析する能力、情報を価値に転じる能力に長けているインテージホールディングスは私の価値観とマッチしています。

現代社会は「情報社会」と言われており、情報を制す者が時代を制す時代です。

情報収集は勿論のこと、情報を的確に分析して「情報価値」を生み出すのが現代で求められているビジネスです。

「情報を価値に転じることができるのは人間だけ」という真理を見抜いており、情報の必要性を実感しているのが良いです。各種データを独自収集し、データ解析力を活かしてコンサルティング業務を行なうインテージホールディングスは「自社の武器」が明確になっている状態です。

これは取引先企業にとって頼もしいスキルであり、小売業などでは「お客様の購買力」を分析して出店場所を決める必要があります。

人口密度も重要ですが、購買力の高い地域に店を出せばその分ビジネスの成功確率を高めることができますし、ビジネスは「データ重視」で取り組んだ方が良いのです。

【情報ビジネスは意外と手堅い? 情報ビジネスの強さの秘密】

情報を提供するビジネスは参入難易度が高く、専門知識が必要になりますが意外と手堅いビジネスになります。情報というものは価値が薄れる可能性が低く、常に最新の情報を仕入れることによって利益額を増やすことが可能です。

「取引先企業にとって有意義な情報を提供する」というビジネスは確実にニーズが潰えることはありません。

情報社会が発達している現代において、情報が生み出す価値は無限大に近いと考えています。情報収集を怠って無策のままビジネスを展開するよりも、しっかりと情報を活用してビジネスの幅を広げた方が「成功率」は高くなるのです。

インテージホールディングスは事業別売上高の71.9%を「市場調査・コンサルティング業務」で上げており、取引先企業の市場分析・販売戦略を支援するビジネスを行なっています。

「情報」という大変価値の高い商品を取り扱っているから、インテージホールディングスは黒字経営を維持することができるのです。

【インテージホールディングスの財務分析】

インテージホールディングスは2011年から2014年にかけて売上高を伸ばし続けています。

2014年通期決算の売上高は425億800万円、営業利益は35億500万円、経常利益は33億8200万円で前年度より利益額は向上しています。純利益は16億4200万円に伸びており、良い結果を残すことができました。

情報を主力武器に設定するビジネスモデルは非常に優れているので、今後も持続的発展を期待することが可能です。情報ニーズは無くなることがないため、かなり手堅いビジネスを行なっていると判断することもできます。

財務面もそこそこ良いです。

自己資本比率は53.7%。有利子負債額は37億200万円です。

【インテージホールディングス株に向いている投資スタイル】

インテージホールディングスはビジネスモデルを評価すると、様々な戦略に対応できる万能株だと分析することが可能です。

情報提供という需要がなくならないビジネスを行なっているので「資産株」として評価しても良いですし、成長性を期待する成長株投資を実行しても良いのです。

割安性に長けているわけではありませんが、「安心して株を長期保有することができる能力」は揃えているので過度に心配しなくても良いでしょう。

株主優待もプレゼントしているので、個人投資家と相性が良いのです。

【インテージホールディングスの株主優待】

9月の権利確定日にインテージホールディングスを100株以上保有していると、以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で1000円分のキッズスマイルクオカード

・200株以上保有で2000円相当のオリジナルカタログからひとつ選択

・800株以上保有で4000円相当のオリジナルカタログからひとつ選択

・4000株以上保有で8000円相当のオリジナルカタログからひとつ選択

参照URL http://pdf.irpocket.com/C4326/YWWN/ZN5J/Fxvy.pdf

(上記の情報は2014年5月19日に記載しました)


スポンサードリンク