アイスタイル (3660)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社アイスタイル
(あいすたいる 英称:istyle Inc.)
・証券コード 3660
・業種     情報・通信業
・決算    6月
・設立年 2000年4月
・上場年 2012年3月

・1株価格591円(4/16終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約5万9100円

・予想PER39.93倍、実績PBR1.95倍、予想配当利回り0%、予想株主優待利回り8.3%

管理人評価D

【会社紹介】

アイスタイルは美容系総合ポータルサイト「@cosme」(アットコスメ)を運営している会社です。


20代から30代の女性に愛されているサイトを保有しているアイスタイルは、女性の心を掴む「化粧品」を販売して利益を得ています。

アイスタイルは非常に面白い会社で、現代表取締役社長の吉松氏が「文化祭を準備するような雰囲気の中、アイスタイルは生まれた」と語っています。

創業当初は資本金が300万円で、「お金も机もパソコンもない」という状態でした。

そんなナイナイ尽くしのスタートでも東証1部上場企業を創り上げることができるのですから、やはり会社運営で重要になるのはビジネスモデルです。

アマゾンやカカクコムが誕生していない時代に吉松氏が目をつけたのは「口コミ」です。口コミを軸にビジネスモデルを組み立てるという発想を生んだのですが、これが大当たりでした。

今や口コミは「信頼できる情報源」として活躍しています。

考えみたら当たり前の話で、営業社員が「ウチの商品は良いですよ!」と述べても多くのお客様は信頼しません。なぜなら営業社員の勧めは「セールストーク」であり、客観性に乏しいからです。

しかし、口コミ評価の高い商品は「お客様が実際に利用して使用した」という客観的な情報であり、情報の信憑性も非常に高いのです。現在は物を買うときに「口コミ」を重視する方が大変増えておりますが、裏を返せばそれほど「口コミ」の信頼性が高いということになります。

ビジネスプランコンテストで優秀賞を受賞したアイスタイルは、今や「日本最大のコスメ・美容総合サイト」を運営するまで発展を遂げています。

化粧品販売の収入も存在しますが、サイト運営による広告収入が増加している事実にも注目したいです。

【意外と事業範囲は広い。サイト運営ビジネスで利益を上げるアイスタイル】

アイスタイルは「化粧品販売に強い」という印象がありますが、事業内容を分析してみると意外と手広く事業を行なっていることが分かります。

美容業界に特化した転職サイトを運営したり、ネイルサロンやヘアサロンの店舗を紹介する「ispot」を運営したりと、化粧品以外の分野に積極進出しているのが注目点です。

アイスタイルは常に「女性」のことを考えてビジネスを行なっています。

社内男女比率も女性に傾いていると思いがちですが、意外にもアイスタイルは社員の約半分が男性です。男性も女性も平等に活躍できる「ベンチャー気質」を維持しているのがアイスタイルの長所です。

私が注目したいのは「サイト運営ビジネス」を行なっているという点です。

私はサイト運営ビジネスを高く評価しており、「1度上手くいったらかなり儲かるビジネス」だと思っています。というのもサイトを運営する経費はたかが知れていますし、利益率がとても高いので「広告料収入を得れば、高利益を維持できるビジネス」を行なっている点に注目です。

アイスタイルはサイト運営ビジネスで成功を収めていますが、今後は海外展開を成し遂げて更に大きなニーズを開拓する予定です。

ベンチャースピリットを忘れず、常に成長に向かって走り続けるアイスタイルの今後に期待しましょう。

【アイスタイルの財務分析】

アイスタイルは2009年から2013年にかけて売上高を伸ばし続けてきました。

2013年通期決算の売上高は64億1000万円、営業利益は7億3800万円、経常利益は7億1300万円で売上高や営業利益が前年度より拡大しています。純利益も4億2900万円に伸びており、かなり良い結果を残したと判断することができます。

来期は減益が予測されています。

広告料収入が伸びているのは良いのですが、海外子会社とサロン検索サイトが赤字になっています。本社移転費用も拡大した影響により、残念ながら減益になってしまうことが濃厚です。黒字経営は維持することが可能だと思うので、そこまで悲観的になる必要はありません。

財務面は優秀です。

自己資本比率は71.4%。有利子負債額は6億9400万円で自己資本比率が高いです。

【アイスタイル株に向いている投資スタイル】

アイスタイルはサイト運営ビジネスを行なっている点に注目してください。

スマホが普及した影響により、今後もサイト運営による「広告料収入」は増加することが期待できます。サイト運営ビジネスそのものが「成長市場」に属しているのでアイスタイルは成長株投資に向いているのです。

一時的に利益額を落としてしまうのは残念ですが、自己資本比率も高く財務状態も良いので長期投資を行なうのが得策になります。

株主優待利回りも非常に高く、「アイスタイルの運営するサイト」を頻繁に利用する人は株を買う価値が高いです。

1番の欠点は株価が割高なことです。

持続的成長がストップし、PBR値とPER値が高い現在のアイスタイル株は投資先として魅力だと思えません。再躍進を遂げる可能性は十分にありますが、割高な株価が投資評価を下げているのは事実です。

【アイスタイルの株主優待】

6月の権利確定日にアイスタイル株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で4800円相当のオンラインサイト買い物割引券(600円券と1000円券が3枚ずつ)

600円券は3150円以上の買い物につき1枚利用することが可能で、1000円券は5250円の買い物につき1枚利用することができます。

・100株以上保有で店舗買い物10%割引券3枚

参照URL http://www.istyle.co.jp/ir/yuutai.html

(上記の情報は2014年4月16日に記載しました)


スポンサードリンク