オーイズミ (6428)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社オーイズミ
(おーいずみ 英称:OIZUMI Corporation)
・証券コード 6428
・業種     機械
・決算    3月
・設立年 1974年7月
・上場年 2000年10月

・1株価格1095円(10/7終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約10万9500円

・予想PER25.11倍、実績PBR1.75倍、実績BPS624.98、予想配当利回り0.73%

管理人評価C

 

【会社紹介】

オーイズミはパチスロ関連機器を製造している会社です。


出典 pachinkopachisro.com

 

常に考える集団、燃える集団であり続けるオーイズミは「創造的な仕事を行なって多くの人に愛される企業」になることを望んでいます。

 

貨幣処理機やアミューズメント周辺機器の製造・販売を行なって利益を上げてきたオーイズミは技術開発型企業として安定経営を維持しているのが長所です。

 

大衆娯楽の王として知られているパチスロは日本の文化にすっかり馴染んでいる状態で、オーイズミは技術と開発力を活かして多くの人を魅了する機械を生み出してきました。

 

企画開発力を武器としており、「多くの人が注目する企画」を打ち出して会社の知名度を高めているのが強みです。オーイズミの宣伝担当である1000ちゃんも時代の流れを見据えて「萌えキャラ」を採用したのだと分析しています。

 

不動産貸賃事業も展開しており、良質なオフィスビルを獲得してストック型収入を得ています。

 

『オーイズミ』というブランドを築き、若年層に対して積極的にPRしているオーイズミは宣伝を重視している企業だと評価することができます。

 

パチスロでは知名度が高い『ひぐらしのなく頃に煌』の台を導入予定で、若年層のパチスロ普及に向けて経営努力を続けているのが良いです。


出典 http://slosoku.com/archives/41098187.html

 

【ヲタク層を中心に会社をアピールしているオーイズミ】

 

オーイズミは自社宣伝の意欲がとても高い会社で、宣伝担当キャラを変更して「ヲタク層を中心に自社名を広めようとしている」のが分かります。

 

開発・製造・販売・アフターサービスを提供する一貫体制を武器としているオーイズミは「サービス力」で勝負している会社です。不動産貸賃事業が増収・増益になっているのは良いのですが、機器事業全体では減益となっています。

 

パチスロは利用人数が年々低下している状態で、斜陽産業だと判断することができます。

 

オーイズミは現状を挽回するためにPR作戦を積極的に行なっているのでしょう。

 

オーイズミの宣伝担当である1000ちゃんはツイッターを通じて広告活動を行なっており、「コアなファンを獲得して自社業績の向上」を狙っています。

 

『1000ちゃんのお昼だぁ~★セット』も販売しており、自社宣伝キャラを通じて派生型ビジネスを展開しているのは非常に良い判断です。

 

今後も1000ちゃんとオーイズミの知名度が高まっていけば派生型ビジネスで得られる収益も向上します。

 

「若者のパチスロ需要を開拓すること」を継続すれば自社機器の認知度も上昇します。

 

オーイズミの公式サイトを閲覧すれば分かるのですが、1000ちゃんのPRにかなり力を入れています。

 

オーイズミは今後、「1000ちゃんを中心に自社名の認知度を拡大していき、パチスロに興味がない人の需要を開拓していく」のが重要になります。新規顧客を取り入れることができれば、オーイズミは持続的成長を遂げると予測しています。

 

ちなみに、昔の宣伝キャラはニワトリでした。


出典 slosoku.2chblog.jp

 

昔の宣伝キャラも味があって良いと思うのですが、「ソーシャルメディアでの拡散が狙える萌えキャラを公式キャラクターに設定した」のはかなり良策だと評価しています。

 

時代の流れを読み取り、宣伝効果の高いキャラクターを採用するオーイズミの広報担当は非常に優秀であると分析することも可能です。1000ちゃん効果でオーイズミがリリースするパチスロ台の認知度が高まれば、今まで以上にビジネス展開を加速することができます。


出典 slosoku.2chblog.jp

 

【オーイズミの財務分析】

オーイズミは2012年から2014年にかけて黒字経営を維持しています。

2014年通期決算の売上高は135億1900万円、営業利益は16億7000万円、経常利益は17億1100万円で前年度と比較して営業利益と経常利益が減少しています。純利益も9億5600万円に減っており、成長性を評価するのは厳しいです。

 

来期は増益が予測されています。

 

省電力・メンテナンスフリーのメダル自動補給システムの販売に力を入れているオーイズミは、営業利益を改善する予定です。福祉介護分野にも進出しており、多角経営を通じて利益額を高めようとしています。

 

財務面はなかなか良いです。

自己資本比率は53.8%。有利子負債額は73億3700万円です。

 

【オーイズミ株に向いている投資スタイル】

 

オーイズミは会社として評価するととても優秀ですが、株として評価すると微妙です。

安定経営を成し遂げているのは見所ですが、予想配当利回りが0.73%と低いので配当金狙いの投資は適していません。売却益を狙うという手段もありますが、割安性に長けていないオーイズミ株は割安株を求める投資家にとって物足りないと感じてしまいます。

 

オーイズミは持続的成長を遂げていないので成長力に過度な期待を抱くのは酷でしょう。

 

若者向けのPR活動に力を入れているのは高ポイントですが、株の実力を全体的に分析すると少し物足りないです。

(上記の情報は2014年10月7日に記載しました)


スポンサードリンク