ベストブライダル (2418)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名   株式会社ベストブライダル(べすとぶらいだる
・証券コード 2418
・業種     サービス業
・決算    12月
・設立年  1995年10月
・上場年  2004年10月


管理人評価C

【会社紹介】

ベストブライダルはゲストハウスウエディングの総合プロデュースを行っている会社です。


ゲストハウスウエディングはパーティ会場を貸し切り状態にして、2人が自宅に招くような形でウエディングパーティーを行ないます。これはゲストと楽しむウエディングスタイルになっており、新鮮で豊かに過ごせる時間をお客様に提供しているのです。

ベストブライダルは「ゲストも飽きさせない」ことを意識しています。ベストブライダルが運営しているゲストハウスには同じものが1つもなく、ゲストハウスごとにテーマが異なっているのが特徴になります。

様々な特徴があるゲストハウスを運営することによって、お客様の様々なニーズに応えているのです。ロマンチックな雰囲気を求めている方や、非日常的な空間を味わいたい人にとってベストブライダルの事業は非常に魅力的に見えるでしょう。

【多様化するニーズに応えるベストブライダル】

ベストブライダルはお客様の様々な要望を実現することに長けています。

例えばベストブライダルが行っている婚礼費用ローン。これは一括払いが厳しいお客様のために、分割払いで結婚式費用を支払っていただくシステムになります。支払いをシミュレーションすることもでき、まとまったお金を出すのが難しい方にも安心です。

また、ベストブライダルは海外でもウエディング事業を行っており、「ハワイウエディング」はベストブライダルの主力業務となっています。国内外に幅広く展開し、事業の幅を広げているベストブライダルは「成長株」として期待している人も多いのです。

【ベストブライダルの財務分析】

ベストブライダルは売上は伸び続けていますが、利益額が安定していないのが難点です。

2010年の通期決算の売上高は384億4400万円で、純利益は37億7400万円となっています。2012年の通期決算では売上高が444億9400万円でしたが、純利益が32億7000万円と2010年と比べて利益額が減少しているのが気がかりです。

とは言え、前年度と比較して売上も営業利益も伸びているので心配する必要はありません。黒字経営を続けている会社ですし、ベストブライダルはなかなか優秀な会社であると分析することができます。

財務面も健全で、利益過剰金が209億1600万円。有利子負債額が156億2200万円です。自己資本比率も46.3%となっており、自己資本比率が40%超えているので倒産の心配は今のところないでしょう。

【ベストブライダル株に向いている投資スタイル】

ベストブライダルは「インカムゲイン狙いの投資」が1番向いています。

現在の予想配当利回りは1.43%で、そこまで利回りが高いわけではありません。しかし、ベストブライダルの株を100株以上保有していると株主優待券とクオカードを貰うことができます。

現在の株価は699円なので、100株揃えるのはそこまで難しくありません。手頃な投資資金で株主優待と配当金収入の両方を狙えるのがベストブライダルの魅力になります。

また、成長株として保有するのは私はお勧めしません。ブライダル業界は成長市場ではないので、今後は少子高齢化の影響を受けて市場規模が縮小すると予測しているからです。

株主優待と配当金収入が欲しいと思っている方は、ベストブライダルの株がお勧めです。

【ベストブライダルの株主優待】

6月か12月の権利確定日にベストブライダルの株を100株以上保有していると、株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で自社グループ運営施設飲食・宿泊割引券1枚(飲食は30%割引で、宿泊施設は施設によって割引率が異なります)

・100株以上保有で500円相当のクオカード。

・200株以上で1000円相当のクオカード。

使い勝手の良いクオカードが貰えるのはプラスポイントです。クオカード目当てでベストブライダルの株を買っている人も多いので、興味のある方は投資を検討してみましょう。

(上記の情報は2013年10月5日に記載しました)


スポンサードリンク