ビー・エム・エル(4694)【BML】

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社ビー・エム・エル
(びー・えむ・える 英称:BML Inc.
・証券コード 4694
・業種     サービス業
・決算    3月
・設立年  1955年7月
・上場年  1999年11月


管理人評価B

【会社紹介】

ビー・エム・エルは臨床検査を行っている会社です。


日本の臨床検査会社として第2位の地位を築いており、資本力や設備面が優れていることから「大手ラボ」と呼ばれています。臨床検査を通じて医療技術の貢献に努めてきたビー・エム・エルは社会貢献度の高いビジネスを行っています。


ネットワーク社会の到来をしっかりと感じ取っており、今後は「医療情報システム企業」として羽ばたくことを明言しています。様々な情報を臨床検査のクオリティ向上に役立てようとしている意気込みがうかがえます。

また、ビー・エム・エルは細菌検査に強く、菌類の種別を自動化したり音声入力装置を取り入れたりと、設備投資に力を入れていることが分かります。臨床検査は全分野に対応しているという驚異的な対応力が持ち味です。

【設備が素晴らしいビー・エム・エル】

ビー・エム・エルは自社設備の投資に力を入れている会社ですが、その中でも注目したいのはビー・エム・エル総合研究所の「フロンティア&シンフォニー」です。

フロンティア&シンフォニーでは業界初と言われている自動化検査システムを取り入れており、様々なロボットや分析装置が臨床検査を行っています。

例えば「シンフォニー・ケミストリー」は毎時間に9000もの検体を自動的に生化学分析してくれます。検査を無人化することによって余分な人件費を削減することができ、より高クオリティな検査を行うことができるのです。

ビー・エム・エルのように最新設備を有効活用している会社は今後も発展する可能性が高いのです。そもそも最新設備を導入するのは物凄くお金がかかるので、同業者が羨む設備を取り入れているビー・エム・エルは財務状態に余裕があると判断できます。

【ビー・エム・エルの財務分析】

ビー・エム・エルは毎年売上高を伸ばしている会社です。

2012年は昨年と比較して純利益を落としてしまいましたが、2013年の純利益は37億800万円を記録しており、前年度よりも多くの利益を得ることができました。毎年安定して多額の純利益を確保しているのがビー・エム・エルの注目ポイントになります。

技術力と設備導入意欲に長けているビー・エム・エルは、設備投資の結果を利益という形で反映させています。2013年3月の通期決算の1株益は174.7円で、かなり高い数字を維持しているのが分かります。

財務面もとても優秀です。

自己資本比率は61.7%。理想企業とまではいきませんが、ビー・エム・エルは自己資本比率に長けた優秀企業として堂々と名を連ねています。有利子負債は9億9800万円と極端に少なく、借金に悩まされているわけではありません。

特に圧巻なのは利益過剰金です。ビー・エム・エルの利益過剰金は402億1100万円で、これまで素晴らしい黒字体質を維持してきたのが分かります。黒字安定株が欲しいと思っている方にとって、利益過剰金のデータは投資をする際の参考になるでしょう。

【ビー・エム・エル株に向いている投資スタイル】

ビー・エム・エル株は成長株として評価することも可能です。売却益狙いでも良いのですが、できれば長期投資してインカムゲインを狙う戦略を貫くのがお勧めです。

2011年から2013年にかけて1株あたり20円の配当金を支払っていますが、今後も毎年20円の配当を支払うことが予想されます。

ビー・エム・エル株は多額の配当金収入が見込める株ではありませんが、資産株として保有する分には1流です。財務面が安定しており、倒産する心配のない資産株が欲しいと思っている方はビー・エム・エル株が向いているでしょう。

ビー・エム・エルは手堅い株に該当します。ガチガチに守りを固めて資産のディフェンス力を強化したいと思っている方と相性が良いので、多少配当利回りが低くても問題ないと思える人はビー・エム・エル株を買っても良いのです。

(上記の情報は2013年11月7日に記載しました)


スポンサードリンク