ハードオフコーポレーション (2674)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社ハードオフコーポレーション
(はーどおふこーぽれーしょん 英称:HARD OFF CORPORATION Co., Ltd.
・証券コード 2674
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1972年7月
・上場年  2000年11月


管理人評価A

【会社紹介】

ハードオフコーポレーションは中古品リサイクル販売店を運営している会社です。


お客様から不要品を買い取り、点検や修理を通じて中古品を使える状態まで復活させます。そして修理した商品を保証書付きで店頭で販売するビジネスを行っているのです。

買い取りから始まり、中古品をリサイクルすることに長けているハードオフコーポレーションはリサイクル業界で知名度も高く、優秀な社員が揃っているのが特徴になります。

少数精鋭のローコスト経営を貫いているハードオフコーポレーションは、「1人3役」の業務方針を貫いています。買い取り、再生、販売の全てのスキルに長けている従業員はローコスト経営を実現する重要な役目を担っています。

人材を有効に活用することに重点を置いているので、多大な人件費に苦しむことがないのです。数で勝負する会社とは違い、ハードオフコーポレーションは経営効率を重視して企業経営を行っています。

また、中古品販売店は綺麗ではない店舗も多かったのですが、ハードオフコーポレーションは店舗の清潔にこだわっています。お客様に不快感を与えないことを重視しており、掃除を徹底することによって顧客満足度を高めているのです。

商品のこだわりだけではなく、店舗運営のスキルやコスト削減の意識が高いハードオフコーポレーションは非常に優秀な企業であると分析することができます。

【大量消費時代からの転換!? リサイクル業界の行く末】

現代はエコロジーの時代と言われており、物を大量に生産して使い捨てする時代はすでに過ぎ去りました。これからはリサイクルを通じて資源を大切に守らなければいけないのです。

先進諸国はエコロジーに高い感心を抱いている方も多く、中古品の需要も高まっています。

環境問題意識の高まりの影響を受け、買取ビジネスは絶好調の状態が続いています。ハードオフコーポレーションのエコビジネスは「時代にマッチしている」という特徴があり、多くの人々が求めているビジネスを行って店舗を700近くまで拡大したのです。

リサイクル業界という成長産業に身をおいているため、ハードオフコーポレーションのビジネスは将来性が高いと評価することも可能です。

「社会のためになる」という経営理念を強く意識しているハードオフコーポレーションは、人々から感謝されるビジネスを行って利益を出しています。

リユースを通じて地球環境を守る取り組みを行ってるのは会社のイメージアップになるので、ハードオフコーポレーションはこれからますます注目されることが予測されます。

【ハードオフコーポレーションの財務分析】

ハードオフコーポレーションは堅調な業績を維持している会社です。

2013年の純利益は7億9400万円で前年度より純利益額を減らしてしまいましたが、売上高は伸び続けています。また、営業利益も13億8500万円を記録しており、2012年度と比較して400万円営業利益を伸ばすことができました。

大した成長ではないのですが、営業利益が伸びているのは本業が上手くいっている証拠になるので良い傾向です。

成長市場に身を置いているのでこれからも会社規模を拡大する可能性が高いのです。時代に合ったビジネスを行っている会社の躍進力は軽視できません。ハードオフコーポレーションはこれからも成長が期待できる「成長期待株」として評価することができます。

財務面は驚くほど優秀です。

有利子負債はゼロ。新規店舗出店に意欲的であるのにもかかわらず、無借金経営を貫いているのです。財務状態が健全であることは疑いの余地もありません。

更に注目して欲しいのは84.4%の自己資本比率です。ここまで自己資本比率が高い会社は珍しく、財務状態は非常に良好であると判断することができます。

成長が期待でき、財務面も優秀な会社はかなり珍しいです。ハードオフコーポレーションは数多くの投資家から高い評価を得ているのです。

【ハードオフコーポレーション株に向いている投資スタイル】

ハードオフコーポレーションは様々な投資家と相性が良いのです。

長期投資に徹してインカムゲインを受け取っても良いでしょう。財務面が優れているので長期保有する不安も抱えなくてすみます。現在の予想配当利回りが3.99%なので資産株として活躍してくれます。

ハードオフコーポレーション株は自分の資産を強化する目的で買うのがお勧めです。つまり、資産株として長期保有して株価の値上がりを狙うべきです。

配当金収入だけにこだわっても問題はありません。

全ての総合値が優れているので、様々な戦略に対応できるのが強みです。現在のハードオフコーポレーションは「扱いやすい株」に該当するため、株式投資を始めたい方にもお勧めすることができます。

(上記の情報は2013年11月19日に記載しました)


スポンサードリンク