平和堂 (8276)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 株式会社平和堂
(へいわどう 英称:Heiwado Co., Ltd.)
・証券コード 8276
・業種     小売業
・決算    2月20日
・設立年  1957年6月
・上場年  1981年10月


管理人評価C

【会社紹介】

平和堂はスーパーマーケットを運営している会社で、滋賀県で圧倒的なシェアを獲得しています。


地域社会への貢献を強く意識しているのが特徴で、顧客満足度を高める経営スタイルを貫いています。多くの小売業が「地域密着」を意識して経営に取り組んでいますが、地域密着経営が重要視されるのは出店地域のニーズを取り込まなければ利益を上げられないからです。

平和堂が利益を上げ続ける体質を維持しているのも「地域住民を大切にする」という素晴らしい方針を守ってきたのが大きいのです。

顧客満足度だけではなく、社員満足度を高めることも意識しています。

会社の発展に社員の協力は必要不可欠です。これからの時代、躍進へと歩を進めるのは「社員が満足して仕事に取り組む会社」です。社員のモチベーションを上げるために給料を高く設定したり実力主義を設けたりしている会社も多いのですが、平和堂は社員の個性や創造性を重視して社員満足度を高めています。

働きがいを得られる企業として認知されているのが平和堂です。

ドミナント戦略を実践した出店を続けており、流通コストを低くする取り組みを続けています。ドミナント戦略は店舗の認知度を高めるために有効で、平和堂が滋賀県で多くのシェアを獲得しているのもドミナント戦略が上手くいっているからです。

毎日の暮らしに必要なものを取り添えた小型店舗の運営と大型ショッピングセンターを組み合わせて地域社会に貢献しています。

小型店舗は生活に必要なもの取り揃えてお客様のライフスタイルを支えます。大型ショッピングセンターは「楽しく豊かな暮らしをお届けする」という目的で運営しており、どちらの店舗も平和堂に欠かせないのです。

【優しい会社、平和堂】

平和堂の特徴を一言で表すなら「優しい」という言葉が的確です。

関係者に感謝する気持ちを忘れず、企業マークにも平和の象徴である鳩を使っています。平和堂のイメージキャラクターである「はとっぴー」も誕生し、キャラクターを通じて自社知名度を上げる予定です。

みんなの幸せを築くことを望んでいる平和堂は、平和を愛する会社として広く認知されています。売上高を「ご奉仕高」と呼び、総利益高を「創造高」と呼んでいます。お客様にご奉仕した結果、売上が得られるということが一目で分かるネーミングセンスが面白いです。

人に感謝する社風は社内にも行き届いており、食前や食後の合掌を社員全員に励行させています。

また、電子マネーも早期導入して買い物の利便性を高める工夫を怠らないのも高評価です。

【平和堂の財務分析】

平和堂は安定決算を維持している魅力があります。

2013年通期決算の売上高は3925億8700万円で前年度よりも売上高が低下しましたが、営業利益は123億200万円に増加しています。

経常利益は128億5400万円、純利益は55億2800万円に増えており、1株益も100.1円まで上昇しているのです。売上高が減っても利益額が全体的に上がっていれば好決算と判断して良いのです。

来期は最高純利益を更新する見込みです。

販促費を削減して支出が減ったのも大きいのですが、生鮮商品のロスを改善することができたのも良いニュースです。ドラッグストア店舗では接客を強化し、更なる顧客満足度の向上に努めます。

財務面はそこそこです。

自己資本比率は41.8%。773億6900万円の有利子負債は少し多すぎるように感じますが、企業規模と比較すると許容範囲内だと分析することができます。しかし、今以上に財務面を改善することは可能なので、企業価値を高めたければ自己資本比率を増やすのが得策になります。

【平和堂株に向いている投資スタイル】

平和堂は安定株投資に向いています。

黒字決算を維持しているのは見事で、地域密着型の経営方針も悪くありません。財務面は特別良いわけではありませんが、安定株投資を実行するのに問題ないことは分かります。

現在の予想配当利回りは1.67%で配当金収入が特別美味しいわけではありません。

平和堂で1番注目したいデータは割安性です。現在の予想PERは12.53倍で実績PBRは0.69倍です。現在の平和堂は過小傾向されている傾向があり、PBR値を分析すると大半の投資家に期待されていないことが分かります。

平和堂は大きく儲かる株ではないかもしれませんが、なかなかの優良株です。

割安性に長けた安定決算株が欲しければ平和堂が適しているのです。実力を考えるとここまで過小評価される株ではないと思います。

【平和堂の株主優待】

2月20日、8月20日の権利確定日に平和堂の株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。(年2回)

・100株以上保有で100円の優待券10枚(1000円相当)

・500株以上保有で100円の優待券50枚(5000円相当)

・1000株以上保有で100円の優待券100枚(10000円相当)

・2000株以上保有で100円の優待券200枚(20000円相当)

・3000株以上保有で100円の優待券300枚(30000円相当)

・4000株以上保有で100円の優待券400枚(40000円相当)

・5000株以上保有で100円の優待券500枚(50000円相当)

上記の優待券は1000円以上の買い物につき、1000円ごとに1枚利用することができます。

参照URL http://www.heiwado.jp/news/news02_04_02.htm

(上記の情報は2014年1月6日に記載しました)


スポンサードリンク