日立物流 (9086)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社日立物流
(ひたちぶつりゅう 英称:Hitachi Transport System, Ltd)
・証券コード 9086
・業種     陸運業
・決算    3月
・設立年 1959年8月
・上場年 1989年1月

・1株価格1400円(10/3終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約14万円

・予想PER12.32倍、実績PBR0.93倍、実績BPS1512.16、予想配当利回り2%

管理人評価B

 

【会社紹介】

日立物流は日立グループに属している物流会社です。


出典 http://jcci-jsm.org.au/wp/?p=1159

 

「世界で勝ち残る企業」を目指している日立物流は、グローバル市場で利益を高める体制を目指している大企業です。世界規模で競争力を上げることを重視しており、「熾烈化するグローバル社会」に対応する姿勢を見せているのが長所です。

 

過去の成功体験に慢心することなく、「現実を直視して経営を行なっている」のはかなり好感度が高いです。

 

私も日立物流と同じ考え方を抱いており、過去の成功体験に引きずられてはいけないと思っています。

 

過去は過去であり、今結果を出したければ時代に対応する対応力が求められます。

 

日立物流は数々の成功を収めて事業規模を拡大してきた優秀企業ですが、「過去の成功にこだわらない」というのはとても素晴らしい考えだと分析しています。

 

グループ一丸となって新たな市場を開拓し、新たなビジネスモデルを創造することを目指している日立物流は「新」の追求に貪欲な会社です。

 

こういう会社、凄く良いです。

 

私は「新しい市場を開拓すること」に力を入れている会社や人が本当に大好きです。現状維持を目的にせず、どんどん新しいことに挑戦する意識が高い会社は、成長性に期待を抱くことが可能です。

グローバルメジャープレイヤーの変革を成し遂げれば、日立物流は更なる進化を遂げることができるでしょう。

 

【効率重視。物流合理化を実現して利益額を高めたい日立物流】

 

日立物流は物流合理化を目指しており、効率重視の経営を行なって黒字経営を維持しています。

営業スタッフ・技術スタッフ・情報スタッフが一丸となって合理化を推進し、優れた物流サービスを提供して利益を得ています。販売物流サービスでは調達・生産・販売の一連の物流ソリューションを実現しており、お客様にとって「使い勝手の良い物流」を実現しているのが長所です。

 

情報分析にも力を入れており、「現在の物流体制やコストなどを徹底的に分析し、最適化」を図っている日立物流は近代的な経営を行なっている会社として評価することが可能です。

 

2004年から2014年にかけて増配歩調を維持している日立物流は、株主還元意識が高い会社として分析することもできます。予想配当利回りはあまり高くないのが欠点になりますが、増配を続けている実績をどう捉えるかがポイントになります。

 

【日立物流の財務分析】

日立物流は2012年から2014年にかけて黒字経営を維持しています。

2014年通期決算の売上高は6245億400万円、営業利益は209億9200万円、経常利益は199億6100万円で前年度と比較して売上高や営業利益が向上しています。純利益は54億3300万円に減っているのが残念な要素です。

 

来期は増益が予測されています。

 

海外子会社を積極的に買収している日立物流は「M&Aを通じて企業価値を高め、グローバル市場での競争力を増している」のがポイントです。拡大意欲が旺盛な会社である日立物流は、今後も増配を成し遂げて株主に対して利益を還元したいと考えています。

 

財務面は微妙です。

自己資本比率は39.8%。有利子負債額は770億9500万円です。

 

【日立物流株に向いている投資スタイル】

日立物流は成長株投資が適しています。

 

持続的成長を成し遂げていないのが課題になりますが、海外子会社買収を通じてグループ規模を拡大している日立物流は成長性に期待が持てる株になります。5期連続増配という結果を残している日立物流は、「今後も業績拡大が続いたら配当収入が増える」と判断することができます。

 

将来、大きな配当金収入を期待するために日立物流株を長期保有するのも戦略の1つになります。日立物流はインカムゲインとキャピタルゲインの両方が狙えるので、総合力がそこそこ高い株として評価することができます。

 

資産株としての活躍を望むであればもっと財務状態が良い安定株を買うのがお勧めですが、
「それなりに割安で成長性に期待できる株」が欲しければ日立物流が適しています。

 

(上記の情報は2014年10月5日に記載しました)


スポンサードリンク