ぴあ (4337)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  ぴあ株式会社
(ぴあ 英称:Pia Corporation
・証券コード 4337
・業種     サービス業
・決算    3月
・設立年  1974年12月
・上場年  2002年1月


管理人評価C

【会社紹介】

ぴあはチケット事業や出版事業を展開している会社です。


1972年に創業者である矢内廣(やないひろし)が雑誌『ぴあ』を発行したことから全てが始まりました。1984年に電話注文を通じてイベントやコンサートのチケットを販売する「チケットピア」を開始したのですが、これが大当たり。ぴあのビジネスモデルは1984年から本格的に始まったと言えます。

ぴあは年間で6900万枚のチケットを販売しており、インターネットを通じて24時間買い物ができるのも長所です。インターネットだけではなく、コールセンターや店舗ネットワークを活用した多彩な販売手段を上手に利用してチケットの販売数を増やし続けてきたのです。

約200店舗存在する「チケットぴあ」にも注目してください。店舗でチケットを買うことのできるぴあ特有のシステムは、欲しいチケットを店頭で探すのに有効です。現在はチケット販売の最大手会社としてその名を轟かせているのです。

【インターネット販売のチケットぴあに注目!】

ぴあはインターネットサイトである「チケットぴあ」を運営しています。

チケットぴあはとても見やすいサイト構成になっており、スポーツやクラシック、映画といった様々なチケットを取り扱っているのが長所です。

スポーツチケットは開催日が分からない方でも安心して購入することが可能です。チケットの販売情報がサイト上に記載されており、まだ販売されていないチケットはいつ販売を開始するか日付がしっかりと書かれているのです。

ほぼ全てのジャンルのチケットに対応しているのが、ぴあの売上を支えている理由になります。ぴあはマイナーチケットからメジャーチケットまで幅広く対応しており、チケット販売最大手まで上り詰めた理由がよく分かります。

ももクロやスーパージュニアといった音楽チケットの売上も良く、スポーツチケットにも強いのです。流行りのチケットを上手に販売することのできるぴあの経営戦略に今後も注目です。

【ぴあの財務分析】

ぴあは良い具合に業績を伸ばしています。

特に圧巻なのが純利益です。2012年の純利益は8700万円とあまり振るわなかったのですが、翌年は純利益額3億8200万円を達成して大躍進を成し遂げることができました。

営業利益、経常利益も順調に成長しています。2013年3月通期決算の営業利益は3億8000万円で、経常利益は3億5000万円の数字を残すことができました。いずれの数字も前年度と比較して大きく成長していることが分かります。

一方、財務面は少々きかがりです。

自己資本比率は12.6%と、決して高い数字ではありません。自己資本ではなく他資本に頼っている経営を続けるのはいかがなものかと頭を抱える投資家も多いのです。

有利子負債は16億6700万円と、利益額と比較して有利子負債額が多すぎると私は分析しました。躍進を続けているとは言っても、2012年の利益額は8700万円です。黒字経営を続けていることは評価できますが、有利子負債の額と純利益の合計が釣り合っているとは言えません。

有利子負債額を減らし無用な支出を削減することができれば、ぴあは財務優秀株として再評価される日が訪れるでしょう。

【ぴあ株に向いている投資スタイル】

ぴあ株は成長株投資を実践するのがお勧めです。財務が健全とは言えないので、成長要素に期待するしかないのです。

幸いにも売上高と利益額は伸ばし続けているので、成長株として評価することは可能です。安定株を求めるのであれば、ぴあ株は力不足だと感じるでしょう。現在の予想配当利回りは0.29%で配当金狙いの投資を実践するのも不向きです。

しかし、ぴあは株主優待が優れているので株主優待目当てで株を購入しても面白いのです。ぴあは主力株として評価するのではなく、分散投資用のバックアップ株として投資するのが1番良い付き合い方かもしれません。

【ぴあの株主優待】

3月の権利確定日にぴあ株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有でギフトカード2500円分

・1000株以上保有でギフトカード5500円分

上記のギフトカードは優待金額範囲内で別のカードに変更することも可能です。自社ギフトカード、オリジナルシネマギフトカード、オリジナル図書カードの中から選択することができます。

また、ぴあは長期優待制度も実施しています。

・100株以上1000株未満、1年以上継続して保有している株主に対して5000円相当のギフトカード

・1000株以上、1年以上継続して株を保有している株主に対して11000円相当のギフトカード

ぴあが長期保有に向いているのは長期優待制度が存在するからです。たくさん株主優待を受け取りたければ長期保有に徹しましょう。

(上記の情報は2013年10月25日に記載しました)


スポンサードリンク