元気寿司 (9828)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 元気寿司株式会社
(げんきずし 英称:GENKI SUSHI CO.,LTD.)
・証券コード 9828
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1979年7月
・上場年  1991年8月


管理人評価C

【会社紹介】

元気寿司は回転寿司店を経営している会社です。

「寿司の大衆化」を目指して創業した元気寿司ですが、当初の目的は達成しています。元々高級食品であった寿司がここまで安く食べられるようになったのも元気寿司の功績が大きいのです。

現在は「寿司の代名詞」になることを目指して経営を行なっており、「寿司を食べるなら元気寿司に行く」というお客様を増やすために奮闘を続けています。


競争が激しい回転寿司業界ですが、意外にも元気寿司は競合他社に視線を向けていないのです。注目すべき相手はお客様。お客様に美味しいお寿司を提供して感動していただくのが元気寿司の目指す道になります。

感動する寿司を目指している元気寿司は1皿1皿のクオリティにこだわっています。安さが追求されている回転寿司業界ですが、元気寿司は高級回転寿司「千両」を運営して差別化を図っているのです。

品質管理を徹底している元気寿司は、世界各地から食材を仕入れています。

新鮮な食材を鮮度を落とさないで配送するために流通網の整備にも力を入れており、栃木県鹿沼市に流通センターを設置しています。この流通センターは自動仕分けシステムが組み込まれている優れもので、効率的な流通を達成する役割を担っています。

【様々な価格帯で勝負する元気寿司】

元気寿司は複数のブランドを展開して過当競争で勝利しようと願っている会社です。

中心店舗は寿司の大衆化を目指して誕生した「元気寿司」です。市場から直接食材を仕入れて鮮度を保っているため、お客様は新鮮で美味しい寿司を味わうことができます。数多くのニーズに対応するために家族メニューの充実化にも力を注いでおり、ファミリーで楽しめる店舗として活躍しているのがウリです。

また、元気寿司は店舗自体がとてもコンパクトです。小商圏に対応できる小さな店舗は効率的な経営を成し遂げるために重要となります。

価格競争に打ち勝つことが期待されているのは「魚べい」です。

魚べいは1皿105円という値段設定が武器で、安価価格で美味しい寿司を食べられます。1皿105円という価格設定はかなり利益が出にくいのが本音ですが、幅広いお客様の需要を掴むのに一役買っているのです。

こうして見ると元気寿司は低価格路線で勝負しているように見えますが、実は違います。「千両」は回転寿司という業種でありながら高級寿司で勝負しており、高級志向の強いお客様をターゲットに設定しています。

本物の寿司を求めるお客様に好評を得ており、接客も秀でている千両は全ての面で高いクオリティを保っているのが長所です。

元気寿司は複数のブランドを通じて様々なニーズを捉える経営戦略を実施しているのです。安さを目的にしている店舗もあれば、味や接客クオリティで勝負している店舗もあるのが特徴です。

【元気寿司の財務分析】

元気寿司は2011年まで赤字経営を続けていましたが、2012年以降は黒字経営を維持しています。

2013年通期決算の売上高は245億9800万円で営業利益は6億9800万円です。昨年度の営業利益が3億8700万円だったのでかなりの躍進を遂げたと判断することができます。2013年度の純利益は4億2600万円、1株益は48.3円まで向上しているので成長企業として評価する人も多いのです。

多くの企業が円安で苦しんでいますが、元気寿司は円安の恩恵を受けているのです。

海外アジアフランチャイズ店の調子が良く、円安の影響によってロイヤリティ収入が増えています。今後も国内や海外を問わないで出店数を増やしていく予定です。

財務面は微妙です。

自己資本比率は30.8%。有利子負債は35億2100万円で、何ともコメントしづらい財務状態になります。特別悪いわけでもなく、良いわけでもないのが現在の財務状態です。

【元気寿司に向いている投資スタイル】

元気寿司は株主優待目当ての投資に向いています。

100株以上保有していれば優待食事券が貰えるので、回転寿司が好きな方に適しています。家族サービスをしたいお父様や、たまには美味しい寿司を食べたいと考えている人は元気寿司との相性が良いのです。

「家族サービスに適している」というのは軽視できない要素になります。株主優待券を持っていればその店に行く理由も生まれ、家族サービスプランも決めやすくなるので株主優待はバカにできません。

元気寿司の株主優待はデートに活用しても良いのです。「デートするときに回転寿司に行くの?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、高級志向が強い恋人がいる場合価格設定が高めな「千両」に行けば良いので、何も問題はありません。

現在予想配当利回りは0.42%で、配当利回りはとても低いです。

元気寿司は成長株だと評価している人も多いのですが、私はそこまで優れた成長株だと思いません。

回転寿司業界は過当競争に晒されていますし、低価格路線の寿司店舗は利益率が低いので楽観視できないのが現状です。成長株目的で株を買うのであれば、もっと業界の将来性が有望な会社に投資します。

【元気寿司の株主優待】

3月、9月の権利確定日に元気寿司株を100株以上保有していたら以下の株主優待を受け取ることができます。(年2回)

・100株以上保有で500円分の優待食事券3枚(1500円相当)

・500株以上保有で500円分の優待食事券15枚(7500円相当)

・1000株以上保有で500円分の優待食事券30枚(15000円相当)

上記の優待食事券はグルメ杵屋やJBイレブンでも使用することができます。

参照URL http://www.genkisushi.co.jp/ir/shareholder.php

(上記の情報は2014年1月9日に記載しました)


スポンサードリンク