ゲオホールディングス (2681)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社ゲオホールディングス
(げおほーるでぃんぐす 英称:GEO HOLDINGS CORPORATION
・証券コード 2681
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1989年1月
・上場年  2000年11月


管理人評価B

【会社紹介】

ゲオホールディングスはレンタルビデオショップや古着ショップなどを経営している会社です。


最初は小さなレンタルビデオ屋からスタートしたゲオホールディングスですが、現在は1000店舗以上の運営を行っている大企業に成長しています。

ゲオホールディングスの中核を担っているのは「ゲオショップ(GEOショップ)」で、ゲームを販売したりDVDをレンタルしたりして利益を得ています。ゲオショップは誰もが楽しめる店作りを実現するために、「ポケットマネーで楽しめるレジャー」というコンセプトを抱えて経営に取り組んでいるのです。

レンタルと中古ソフト販売に定評があるのは上記のコンセプトを重視していたからです。また、販売とレンタルを両方行なうことによって幅広いニーズに応える形を築いています。

ゲオの強みは「お客様の求めるニーズを様々な形で満たす店舗運営」を行っているところです。ゲオショップの客層は完全に分類されており、レンタル目的で来る人と中古品購入のためにゲオショップに訪れる人でわけられているのです。

成長を続けているリユーズ市場にも参入しており、総合リユースショップの「セカンドストリート」をオープンしてお客様の物を買い取るビジネスも手がけています。購入した商品を安く販売することにより、質の高い中古品をお客様に提供することができます。

他にもアミューズメント事業では「ゲオフィットネス」や「ゲオカフェ」などを展開しており、多角事業に対する意欲が高い会社として評価することができます。

【経営効率化に優れているゲオホールディングス】

ゲオホールディングスはM&Aや新規出店を通じて店舗数を拡大してきましたが、経営効率に優れている点も見逃せません。

1店舗ごとのコストを削減し、支出を抑えてお客様に高品質な品物を安く提供するビジネスが成功し、ゲオホールディングスはここまで躍進を遂げることができたのです。

様々な商品を異なる形で提供しているのも大きいでしょう。レンタルと販売を両方行っているゲオホールディングスは小売業界に一石を投じたのです。

会社設立から15年で東証1部上場を成し遂げたのは高く評価することができます。赤字店舗を買収し、ゲオショップにして黒字転換を成し遂げた経営手腕は「ゲオの奇跡」と呼ばれています。

売上を伸ばすために他業種にも積極的に参入していますが、「変化はチャンスなり」という経営方針を貫いているのがよく分かります。変化に強い会社は生き残り続けることができるという法則がありますが、ゲオホールディングスはこの法則にぴったり当てはまるのです。

【ゲオホールディングスの財務分析】

ゲオホールディングスは売上高を伸ばし続けており、順調に発展しているのが特徴です。

2013年の売上高は2592億8800万円で、前年度よりも多くの売上を上げることができました。営業利益と経常利益は低下しているのですが、純利益は伸ばし続けています。2012年の純利益額は68億4200万円でしたが、翌年は純利益を83億8000万円まで伸ばしています。

リサイクル分野も伸び続けていますが、急成長企業にありがちな人材育成問題を抱えているのが弱点です。優秀な店長を育成し、会社の利益となる人財を多く確保すればゲオホールディングスはますます躍進することができるでしょう。

儲かるビジネスに進出するのは規模を拡大させるための基本です。

儲かるビジネスを見極めるのは重要な能力になりますが、ゲオホールディングスはその能力を身につけています。将来有望なビジネスを始めて多角的に利益を得るのはとても重要です。

財務面はそこそこです。

自己資本比率は48.5%。この自己資本比率は決して低いわけではありません。しかし、財務優良株として評価するのであれば自己資本比率をもう少し高めてほしいです。

有利子負債は194億6300万円ありますが、この有利子負債額は売上と比較すると大した数字ではありません。もっと有利子負債を削減すればゲオホールディングスの財務状態も良くなりますが、会社の成長を促進する目的で有利子負債を活用しているのでそこまで気にする必要はないのです。

【ゲオホールディングス株に向いている投資スタイル】

ゲオホールディングスは成長株として評価できるので、成長株投資を実践するのがお勧めです。将来性の高い他業種にも進出しており、黒字経営も続けているので決算状態は非常に優れていると判断することができます。

2014年の通期決算は純利益額が低下することが予測されますが、費用先行の影響が強いのでそこまで心配する必要はないでしょう。配当金も増やす予定なので、配当金狙いの投資を実践したい方にもお勧めです。

長期保有を行なってインカムゲインを得つつ、会社の成長が止まった段階で株を売却するのが良いでしょう。安全株として保有するよりも会社の成長を期待して株を買うスタイルが適しています。

【ゲオホールディングスの株主優待】

3月・9月の権利確定日にゲオホールディングスの株を100株以上保有しているとレンタル料金50%割引カードを1枚貰うことができます。

会員登録が必要ですが、何度も使えるので日常的にゲオショップを利用している人にとって利用価値の高い株主優待になります。

参照URL http://www.geonet.co.jp/ir/stock/benefits/

(上記の情報は2013年11月21日に記載しました)


スポンサードリンク