かどや製油 (2612)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  かどや製油株式会社
(かどやせいゆ 英称:Kadoya Sesame Mills Incorporated)
・証券コード 2612
・業種     食料品
・決算    3月
・設立年  1957年5月
・上場年  1993年11月


・予想PER23.71倍、実績PBR1.32倍、予想配当利回り1.84%、予想株主優待利回り0.5%

管理人評価B

【会社紹介】

かどや製油は食用油を販売している会社で、ごま油販売で首位を保っている「ごま油業界のキング」です。


伝統ある「かどやブランド」を持ち味にしているかどや製油は、ブランド力と最高級の品質を武器にして激動の時代を生き残ってきました。

「健康で豊かな食生活に貢献する」という理念を抱いています。

1858年に「加登屋製油所」という名前で創業した経緯があり、今も伝統の味を守り続けて無借金経営を維持している財務優良企業です。昔ながらの味を守って健全な利益体質を築いている点に注目しなければいけません。

「時代が変わっても多くの人が受け入れる味」を保っているのがかどや製油の強さです。

いくら伝統を守ってもお客様が味を評価しなければ企業業績は悪化します。安定した黒字体質を築き、無借金経営を実現しているかどや製油は「時代が変化してもお客様が喜ぶ、魅力的な食用油を販売していること」を評価すべきです。

生産体制は「品質重視」を徹底しており、効率よりも品質を重視した生産スタイルを整えています。お客様に本物の味を提供するために企業努力を欠かさないかどや製油は、「お客様が欲しがる商品を改良する技術力に長けている」と分析しました。

販促活動も積極的に実施しており、全国に営業所を構えて新規のお客様を開拓する営業活動を続けています。

設備投資も積極的に行なって最新設備を備えているかどや製油は、資本力を活かして品質管理能力を高めている優良企業です。

【食用油の販売に特化しているかどや製油】

かどや製油のビジネスモデルは単純明快で、「食用油を販売して利益を得ている」のです。多角経営は一切行なわず、ごま油事業と食品ごま事業で利益を上げている「ビジネス特化型の会社」です。

多角経営を行なっていないので収入源が1つに絞られるというデメリットがありますが、かどや製油はこの先も安定企業として活躍することが可能でしょう。

ごま油の需要がなくなることはないですし、品質に長けた自社商品を販売しているかどや製油は「多角経営に手を出す必要がない」のです。

無理してビジネスの範囲を広げるよりも、自社の強みを活かした戦略を練った方が良いのです。かどや製油は「ごま油事業」で確固たる地位を築いており、永続ニーズが期待できる商品を取り扱っているから強いのです。

幅広い料理で使用できるごま油を販売し続けているかどや製油は、この先も安定経営が期待できる優良株です。

【かどや製油の財務分析】

かどや製油は2009年から2013年にかけて黒字決算を維持しています。

2013年通期決算の売上高は214億3500万円、営業利益は22億7700万円、経常利益は25億3700万円で前年度と比較して営業利益と経常利益を落としてしまいました。しかし、純利益は15億4500万円に伸びており、それなりの結果を残したと判断することが可能です。

下方修正を発表したかどや製油は、純利益を下げる予定です。

営業利益を15億円に減額する下方修正を出しましたが、この結果をネガティブに捉える必要はありません。黒字経営を継続するのはほぼ確実ですし、かどや製油は成長性に期待する株ではないのです。

財務面は相当優秀です。

自己資本比率は80.6%。有利子負債額はゼロで、無借金経営を維持している財務優良企業です。

【かどや製油株に向いている投資スタイル】

かどや製油は安定株投資に向いています。

黒字決算を達成し続けている事実や、安定配当を支払っている結果に注目して戦略を立てることをお勧めいたします。ここ近年の利益額は減少傾向をたどっていますが、「黒字を維持している」ことを評価しましょう。

財務面は超がつくほど優秀です。長期投資を通じて配当金や株主優待を受け取り続けることができるので、かどや製油は1流の資産株として活躍できる能力を秘めています。

資産株として評価したら株評価はAランクです。

しかし、成長株として評価したらどうでしょうか? 安定決算を維持していますが、安定しているのは逆に言うと「成長していない」ということになります。成長力に期待したい人は他の株を探した方が良いのです。成長株投資には向いていません。

個人的な意見を述べると、かどや製油は非常に優秀な株だと思います。

資産株として活躍して貰う戦略を当てはめれば、長い間利益を生み出し続けてくれる「重要資産」として利益を生み出す可能性が大です。

負けない株式投資を実行するのに適しており、かどや製油は長期投資を実行したい初心者に向いているのです。

勿論、上級者も「かどや製油株を長期保有してインカムゲインを得る戦略」を採用しても良いです。即金が期待できる株ではありませんが、長い期間を見込んでかどや製油株を保有すればしっかり働いてくれる可能性が高いです。

【かどや製油の株主優待】

3月の権利確定日にかどや製油株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で1500円相当の自社商品(ごま油など)

・1000株以上保有で3000円相当の自社商品(ごま油など)

参照URL http://www.kadoya.com/company/complimentary/tabid/134/Default.aspx

(上記の情報は2014年3月12日に記載しました)


スポンサードリンク