カゴメ (2811)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名   カゴメ株式会社
(かごめ 英称:KAGOME CO.,LTD.)
・証券コード 2811
・業種     食料品
・決算    3月
・設立年  1949年8月
・上場年  1976年11

・1株価格1675円(3/17終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約16万7500円

・予想PER35.49倍、実績PBR1.58倍、予想配当利回り1.31%、予想株主優待利回り1.1%

管理人評価B

【会社紹介】

カゴメはトマト加工商品を中心に販売して利益を上げている会社です。


「ブランド経営価値」という独特の経営戦略を実施しているカゴメは、カゴメブランドを強化して商品の付加価値を高める戦略を練っています。

自然の力を有効に利用して「美味しくて健康に良い商品」を販売し続けているカゴメは、グローバル企業として活躍する方針を定めています。

2001年に『株主10万人構想』を打ち立てたカゴメですが、2013年の段階で個人株主は19万人を超えています。

カゴメが多くの個人株主に支持されているのは「買いやすい価格で株を購入することができ、使い勝手の良い株主優待をプレゼントしているから」でしょう。

計算すると総合利回りはそこまで高くないのですが、美味しい自社商品をプレゼントしてくれるカゴメは個人株主にとって魅力的な存在として光り輝いています。

個人株主が多いのは好意的に評価して良いのです。

カゴメは「個人のお客様に向けて、自社商品を販売するビジネスモデル」を築いています。別の視点で考えると19万人の個人株主は全員カゴメのファンになります。

多くの自社商品を売って利益を得る必要があるカゴメは、「個人株主をたくさん確保し、商品の売上量を増大する戦略」を取っていることが分かります。

カゴメは株主のことを「ファン株主」と呼んでいます。正しい経営を実現するためにファン株主の存在が必要不可欠だと考えているカゴメは、個人株主の厳しい意見も受け入れる体制を築いています。

【カゴメと言えばトマト! 健康ニーズを満たしているカゴメの商品戦略とは?】

カゴメと言えばトマトを中心に形成された健康食品が有名です。

「時代が変わっても、変化しない美味しさ」を実現しているカゴメのトマトジュースは、トマトジュースファンから根強い支持を頂いています。「トマトが赤くなると医者が青くなる」という名言も存在しており、トマトジュースは非常に健康に良い商品です。


ここ近年、日本では健康ニーズが向上し続けてきました。

健康に良い商品を取り扱っている会社は次々と注目されるようになったのですが、カゴメも同様です。

「カゴメの商品は安心だね」と言われるためにトマトの産地にこだわり、商品の安全もしっかりチェックする組織体制を築いています。「安心だから信頼できる」とお客様から評価されることが多いカゴメですが、これはカゴメブランドを高めるのに一役買っています。

食品企業で優先されるのは「安全」です。

いくら美味しくても安全ではない食べ物を販売する会社は論外です。カゴメは安全を守るという基本を強く意識し、堅実に経営を続けている大企業です。

野菜ジュース、フルーツジュース、トマト加工食品などを販売しているカゴメは、この先も「自然の恵みを活かした商品販売」を続けていく予定です。

【カゴメの財務分析】

カゴメは2004年から2013年にかけて黒字決算を維持し続けている優良企業です。

2013年通期決算の売上高は1962億3300万円、営業利益は92億7800万円、経常利益は100億2500万円で前年度と比較して営業利益や経常利益が向上しています。純利益も64億8000万円に拡大しており、素晴らしい結果を残したと判断することができます。

来期は減益が予測されています。

国内の販促費が増大した影響で営業利益が減ってしまいました。増税に対抗するために新商品を投入し、健全な黒字体質を維持する予定です。黒字の維持力に定評のあるカゴメなので、今後も黒字決算を期待して良いでしょう。

財務面も優秀です。

自己資本比率は56.8%。有利子負債額は377億5000万円で良い財務状態を維持しています。

【カゴメ株に向いている投資スタイル】

カゴメは初心者向きの株です。

黒字経営を継続しており、安定配当を支払っているカゴメは長期投資に徹してインカムゲインを受け取り続ける戦略」が適しています。カゴメが多くの個人株主から支持されている理由の1つとして、「安定感に長けている」という点が挙げられます。

営業利益や経常利益は年々バラツキが生じているので成長株として評価することはできません。

カゴメは成長性を期待する株ではなく、安定力を評価する株です。長期投資を実行してこつこつ儲けていく戦略を立てれば頼りになる資産株として活躍してくれます。

純資産や総資産も順調に増やしているカゴメはディフェンス力に長けた株です。

「放ったらかしで利益を上げる株」が欲しければカゴメが適しています。

優秀な株であることは間違いないのですが、投資効率を考慮すると微妙です。

現在の株価は割高で成長性にも期待できないため、売却益狙いの投資は不向きです。株主優待も含めた総合利回りは2.41%なので、そこまで美味しい株ではありません。

資産のディフェンス力を強化するのであればカゴメ株が向いていますが、投資効率を重視する方は他の株を探した方が良いのです。カゴメは初心者向きの株ですが、上級者からすると少し物足りないと感じます。

【カゴメの株主優待】

3月、9月の権利確定日にカゴメ株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。【年2回】

・100株以上保有で1000円相当の自社商品(食品、ジュースなど)

・1000株以上保有で3000円相当の自社商品(食品、ジュースなど)

参照URL http://www.kagome.co.jp/company/ir/yutai/

(上記の情報は2014年3月17日に記載しました)


スポンサードリンク