キーコーヒー (2594)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  キーコーヒー株式会社
(きーこーひー 英称:Key Coffee Inc.)
・証券コード 2594
・業種     食料品
・決算    3月
・設立年  1952年10月
・上場年  1994年1月

管理人評価C

【会社紹介】

キーコーヒーはインスタントコーヒーやコーヒー豆を販売している会社です。


品質第一主義を貫いているキーコーヒーは自社商品のクオリティを高め続けているのがポイントです。最高の品質と時代の求める美味しさを追い続けているキーコーヒーは、「時代に合った美味しさ」をお客様に提供して利益を上げているのが特徴です。

人間の嗜好は時代によって変化します。

ファッションには流行り廃りがありますが、コーヒー業界も同じでいつまでも同じコーヒー豆が流行るとは限らないのです。流行を敏感にキャッチし、お客様の求める商品を販売することができるキーコーヒーは「お客様の要望に応える経営努力を続けている」と評価することができます。

「コーヒーを極めよう」という企業理念を抱いているキーコーヒーは、コーヒーに対する情熱が凄まじいです。コーヒーの販売を通じて利益を上げている会社ですから、主力商品のコーヒーの売上が滞ってしまうと会社存続の危機に陥ってしまいます。

キーコーヒーは自社商品にこだわりを持つことによって、「多くのお客様に受け入れてもらう」ことを意識しているのです。

コーヒーだけを見つめるのではなく、お客様もしっかり見据えてコーヒー販売に取り組んでいるキーコーヒーは「お客様を重視した経営スタイル」を築いていると評価することが可能です。

現在は「ブランド強化、収益力の強化、グループ連携強化」に力を入れて事業活動を続けており、自社ブランド力の向上を通じて販売力を高める戦略を練っています。

【自社栽培を行なってコーヒーを販売しているキーコーヒー】

キーコーヒーはコーヒーに強いこだわりを抱いている会社です。

インドネシアで直営のコーヒー農場を運営し、そこで栽培されたコーヒー豆を使用して「トアルコトラジャコーヒー」を作り出しています。まろやかな味と豊かな香りが漂うトアルコトラジャコーヒーは、キーコーヒー自慢の主力商品として活躍しているのです。

徹底した品質主義を維持しているから、コーヒーの質に妥協を許すことがないのです。

キーコーヒーは長年黒字経営を続けている優良企業ですが、裏を返せばそれほど「コーヒーの質が評価されている証明」になります。

今後もブランド力とコーヒーの質を高め続けていけば業績拡大が期待できます。お客様目線で物事を考えられるキーコーヒーは長く生き残れる会社として分析することが可能です。

【キーコーヒーの財務分析】

キーコーヒーは売上高が低下し続けているのが懸念材料でしたが、2013年通期決算で売上高を持ち直しています。

2013年通期決算の売上高は535億9700万円、営業利益は9億4600万円、経常利益は12億9700万円で前年度と比較して売上高や利益額が大きく向上しています。純利益も10億9400万円に回復しており、かなり良い結果を残せたと判断することができます。

来期も営業利益の増大が期待できます。

原材料となるコーヒー豆の高騰が落ち着いたのが、営業利益が増加する大きな理由になります。連続増配を支払うキーコーヒーは株主還元の意識も強い優良株です。

財務面は相当良いです。

自己資本比率は72.6%。有利子負債額は1億8200万円で、自己資本比率の高さと有利子負債額の少なさが優良な財務状態を表しています。

【キーコーヒー株に向いている投資スタイル】

キーコーヒーは株主優待目当ての投資に向いています。

キーコーヒーは個人投資家からの人気が高い有名株です。100株以上保有していると自社商品のコーヒーを受け取ることができるので、「コーヒー好きの人」と相性が良いのです。

株主優待も含めた総合利回りは2.08%で投資効率が悪いのが欠点ですが、株主優待を充実させたいと考えている方はキーコーヒー株を長期保有するのがお勧めです。

現在の予想PERは36.1倍、実績PBRは1.04倍で割安ではありません。

財務面が良いので長期保有する心配がないのはメリットですが、投資効率という面を考慮するとキーコーヒー株に投資するのが1番だとは思えません。キーコーヒーは少額投資を実行してバックアップ株として活躍して貰うのが最良になります。

主力株として活躍してもらいたい人は、他の株を探すことをお勧めいたします。

【キーコーヒーの株主優待】

3月、9月の権利確定日にキーコーヒー株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で1000円相当の自社商品詰め合わせ(レギュラーコーヒーなど)

・300株以上保有で3000円相当の自社商品詰め合わせ(レギュラーコーヒーなど)

・1000株以上保有で5000円相当の自社商品詰め合わせ(レギュラーコーヒーなど)

参照URL http://www.keycoffee.co.jp/ir/kabunushi/index.html

(上記の情報は2014年3月8日に記載しました)


スポンサードリンク