KNT-CTホールディングス (9726)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  KNT-CTホールディングス株式会社
(けいえぬてぃー-しーてぃーほーるでぃんぐす 英称:KNT-CT Holdings Co., Ltd.)
・証券コード 9726
・業種     サービス業
・決算    12月
・設立年  1947年5月
・上場年  1975年7月


管理人評価C

【会社紹介】

KNT-CTホールディングスは旅行業を手がける子会社を統括しています。


2013年1月1日に近畿日本ツーリスト株式会社とクラブツーリズム株式会社が統合して誕生したのがKNT-CTホールディングスで、新体制を確立したKNT-CTホールディングスの未来に期待を抱いている人も多いのです。

中期経営計画を立てているKNT-CTホールディングスは、「旅行業を中心とした夢・感動ビジネス」を実現することを目指しています。グループ全体の連携力を強化し、自立経営を成し遂げることによって更なる進化を誓います。

中期経営計画の1番の注目ポイントはグローバル展開でしょう。

KNT-CTホールディングスはアジアを中心にグローバル展開することを意識しており、未進出地域で提携企業を増やす方針を打ち出しています。今後は日本国内だけではなく、アジアを中心に利益を得ることが期待できます。

また、人材に対しても積極的に投資してグループ全体の人材力を高める予定です。優秀な人材確保を通じて利益を底上げし、平成27年度には純利益30億円と自己資本比率20%を達成するという目標を定めています。

【KNT-CTホールディングスのグループ企業】

KNT-CTホールディングスで注目したいグループ企業は近畿日本ツーリスト株式会社です。

近畿日本ツーリストは団体旅行に特化して利益を上げており、お客様のニーズを意識した旅行企画に定評がある会社です。法人・団体の方向けに旅行サービスを提供している近畿日本ツーリストは、オリジナリティに長けた「提案型ビジネス」を行なって他社との差別化を図っています。

近畿日本ツーリストは旅行を通じて、お客様に感動を味わっていただくことを意識しています。

その他にもKNT-CTホールディングスは国内旅行会社や海外旅行会社を通じて利益を得ているのが特徴です。旅行業とは関係のない業務を行っている子会社も抱えており、介護事業や労働派遣事業にも進出しています。

KNT-CTホールディングスの主なビジネスは旅行業と捉えていれば問題はないでしょう。

【KNT-CTホールディングスの財務分析】

KNT-CTホールディングスは黒字経営を維持しています。

2012年通期決算の売上高は590億3100万円、営業利益は23億4400万円、経常利益は26億4400万円で、いずれの数字も前年度よりアップすることができました。純利益額は17億8800万円で1株益は18.9円まで向上しています。

来期以降も利益額の向上が期待できます。

海外旅行やお年寄り向けの国内旅行の調子が良いです。渋谷に海外旅行サロンを開設して若者の旅行需要に応える動きを見せています。

財務面は良くないです。

自己資本比率は14.8%。有利子負債額はゼロなのですが、自己資本比率がかなり低いです。中期経営計画で自己資本比率の向上を意識しているKNT-CTホールディングスですが、今後はもっと財務面を改善することを期待したいです。

【KNT-CTホールディングス株に向いている投資スタイル】

KNT-CTホールディングスは成長株投資に向いています。

と言うよりも、現在のKNT-CTホールディングス株は成長株投資以外の戦略を採用するのはお勧めできません。現在の予想配当利回りは0%で配当金収入は期待できませんし、財務面も良くないので資産株投資を実行するのも不向きです。

ずば抜けた長所が成長性だけというバランスの悪い株になっていますが、逆に言えば成長株投資を実行しやすいということになります。

成長性に長けた株が欲しければKNT-CTホールディングス株が適しています。

現在の予想PERは29.05倍で実績PBRは2.8倍と、全く割安ではありません。割安株投資にも向いていないので、やはり成長性に期待して株を保有するしかないのです。

【KNT-CTホールディングスの株主優待】

6月、12月の権利確定日にKNT-CTホールディングス株を1000株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。(年2回)

・1000株以上保有で自社グループ会社企画旅行商品優待割引券2枚

割引額はツアー本体価格によって異なるので、公式ホームページを参照することをお勧めいたします。

参照URL http://www.kntcthd.co.jp/ir/cordial.html

(上記の情報は2014年1月25日に記載しました)


スポンサードリンク