くらコーポレーション (2695)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社くらコーポレーション
(くらこーぽれーしょん 英称:KURA CORPORATION
・証券コード 2695
・業種     小売業
・決算    10月
・設立年  1995年11月
・上場年  2001年5月


管理人評価B

【会社紹介】

くらコーポレーションは回転寿司チェーンストアを経営している会社です。

「くら寿司」を直営で展開しているくらコーポレーションは関西を中心に300店舗を超える回転寿司チェーン店を経営しています。全皿100円にこだわっているくらコーポレーションは、お客様に安くて美味しいお寿司を提供するために値段設定にこだわっているのです。


財務の健全性を意識した店舗出店を心がけており、良立地にこだわる店舗展開を意識しています。ロードサイドに店を構えることが多いくら寿司は多くの家族に愛されています。

くらコーポレーションは「食の戦前回帰」という面白い経営理念を掲げています。人工甘味料を中心とした4大添加物を絶対に使用しない方針を貫いており、食の安全を守っているのです。

また、自社店舗に様々な仕組みを導入することで知られています。

高級な寿司ネタは1皿につき1貫だけ乗せたり、製造時間管理システムを導入したりと店舗運営を効率化するための努力を怠りません。

2011年2月1日に寿司を保護するためのカバー、「鮮度くん」を全店舗に導入しました。鮮度くんはウイルスやほこりから寿司ネタを守り、お客様に新鮮なお寿司を食べていただくために一役買っているのです。

【寿司にこだわるくらコーポレーション】

くらコーポレーションは寿司の値段だけではなく、安全や美味しさにこだわっているのもポイントです。

創業時から「コピー商品を使わない」という方針を貫いており、現在もコピー商品は一切使用していないのです。新鮮なお寿司をお客様に提供することもこだわっており、安くて美味しいお寿司が食べられるくら寿司は幅広い年齢層から支持を集めています。

回転寿司の利益率は決して高いものではありません。寿司自体の原価率が高いので、人件費や店舗運営費を差し引いた利益額は1皿4円程度だとも言われているのです。

寿司ネタによって利益額は異なりますが、決して甘い商売ではありません。薄利多売が当たり前の回転寿司業界は利益確保が難しいのです。

くら寿司は創業以来のこだわりを守って会社の規模を拡大したのです。守り続ける信念がお客様の満足度に繋がり、多くの固定客を生み出しているのです。

くらコーポレーションはこだわりと信念を大切にし、お客様のことを第一に考えている会社です。

【くらコーポレーションの財務分析】

くらコーポレーションは2008年から2012年にかけて黒字経営を続けている安定企業です。

売上高は年々増加しており、2012年は789億7100万円の売上高を記録することができました。純利益は20億6700万円で、順調に利益額を増やしているのです。

純利益額は年ごとにばらつきがありますが、利益を出し続ける体質を維持しているのは評価できます。競争の激しい外食業界ですが、くらコーポレーションは回転寿司チェーンの代表企業として躍進を続けているのです。

2011年に純利益と営業利益を激しく落としてしまいましたが、翌年以降業績は回復し続けています。

財務面はなかなか優秀です。

自己資本比率は59%。有利子負債はたったの8億円しかありません。20億円以上も利益を出している中、有利子負債がここまで少ないのはポジティブに捉えて良いのです。堅実な経営方針を貫いてるのがくらコーポレーションの強みです。

【くらコーポレーション株に向いている投資スタイル】

くらコーポレーションは安定業績を維持している会社なので、安定株を求めている人と相性が良いのです。

熾烈を極める外食業界ですが、くらコーポレーションは自社のこだわりを堅守してこれからも生き残る可能性が高いです。お客様の立場で物事を考えて優れた商品を提供できる会社は貴重です。

くらコーポレーション株は投資家にとって「美味しい株」に該当します。くらコーポレーションは100株以上の株主に優待食事券をプレゼントしているので、美味しい寿司をたくさん食べたい人にもお勧めです。

株主優待狙いでくらコーポレーション株を買うのも悪くありません。

現在の予想配当利回りは0.74%でさほど高くないのですが、株主優待によるインカムゲインを狙うなら優秀な株であると判断することができます。

【くらコーポレーションの株主優待】

くらコーポレーションの株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で1500円分の優待食事券

・200株以上保有で3000円分の優待食事券

・1000株以上保有で5000円分の優待食事券

・2000株以上保有で10000円分の優待食事券

200株以上保有している株主は、優待食事券を自社オリジナル商品の詰め合わせと交換することができます。

参照URL http://www.kura-corpo.co.jp/company/ir/shareholder.php

(上記の情報は2013年11月24日に記載しました)


スポンサードリンク