京都きもの友禅 (7615)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  京都きもの友禅株式会社
(きょうときものゆうぜん 英称:Kyoto Kimono Yuzen Co., Ltd.)
・証券コード 7615
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1971年8月
・上場年  1999年10月

管理人評価B

【会社紹介】


京都きもの友禅は高級呉服や装飾品を販売している会社です。振袖販売シェアはトップクラスの業績を残しています。


「おもてなし」の心を重視している京都きもの友禅は、上質な振袖を販売することに定評があります。最高級品質にこだわっており、お客様の高級ニーズを満たす会社経営を行なっているのです。アフターケアも充実しており、成人式のヘア・メイクや着付のサービスを通じて顧客満足度を高めています。

着物のレンタルサービスも行なっており、卒業式や成人式に備えた着物需要を上手く手に入れているのが特徴です。

着物を着る機会は少なく、お客様は着物を選ぶ際に不安を感じることが多いのですが、京都きもの友禅は現場スタッフが不安を取り除くためにお客様に合った着物を提供するシステムを築いています。

お客様から予算や好みの色を聞き出し、お客様にぴったり合った上質な着物をコーディネートする能力に優れています。試着して満足してから着物を購入することができるため、安心して着物を選ぶことができます。

【伝統文化を守っている京都きもの友禅】

京都きもの友禅は着物という伝統文化を守っています。日本が誇る着物という文化を残すために、着物の質を落とさない取り組みを続けているのです。

伝統手法を守り続けている京都きもの友禅は、着物の美しさを十分に活かしています。伝統手法の1つである「手絞り金彩」は振袖に金を施します。金の美しさと豪華さが際立ち、着物を着ている女性の美しさを惹き立てる役割を果たしているのです。

また、手絞り刺繍という伝統手法は幅広いお客様に受け入れられています。この手法は古来から伝わっているものですが、手絞り刺繍によって着物のボリュームと存在感を高めることができるのです。

着物の質とサービスで多くのお客様を虜にしている京都きもの友禅は、着物を着用する人の美を意識してビジネスを行なっているのです。

【京都きもの友禅の財務分析】

京都きもの友禅は長年黒字経営を続けており、安定企業として評価することができます。

2013年通期決算は純利益が5億6100万円まで落ち込んでしまいましたが、来期は好決算が予測されます。2012年まで順調に1株益を上げ続けてきた京都きもの友禅は成長株として期待できる存在でした。

今は赤字転落していないので安定黒字株として評価するのがお勧めです。

営業担当者の営業スキルが伸び、着物の成約率が向上しました。新規出店を行なう予定はないのですが、良立地が見つかれば店舗移転を検討する予定です。また、自社の営業力を強化するために採用活動に力を入れているのがポイントです。

財務面はなかなか優秀です。

有利子負債はゼロで、自己資本比率は57.6%になります。有利子負債が一切ないので借金で会社の経営を圧迫することはありません。恵まれた財務状態を高く評価している投資家も多いのです。

【京都きもの友禅株に向いている投資スタイル】

京都きもの友禅は安定株投資に向いています。黒字経営を維持しており、着物という独特な商品を取り扱っているのでリスクヘッジの1つとして投資を検討するのも面白いです。

成人式や卒業式に女性が着物を着る文化は今後もなくなることはないでしょう。そう考えると京都きもの友禅が行なっているビジネスは「安定性に長けている」と評価することができます。ビジネスモデルも安定株投資に向いているのがプラスポイントです。

現在の予想配当利回りは4%でそれなりに高い配当利回りを維持しています。

配当金狙いで京都きもの友禅株を買っても良いでしょう。株主優待を貰うこともできるので、インカムゲインを重視している方は京都きもの友禅株と相性が良いのです。

【京都きもの友禅の株主優待】

3月か9月の権利確定日に京都きもの友禅の株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で京都きもの友禅の10%割引優待券1枚。

こちらの割引優待券は回数制限はありませんが、一部商品では利用できないので注意してください。

(上記の情報は2013年12月18日に記載しました)


スポンサードリンク