協和エクシオ (1951)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名   株式会社協和エクシオ
(きょうわエクシオ 英称:Kyowa Exeo Corporation)
・証券コード 1951
・業種     建設業
・決算    3月
・設立年  1954年5月
・上場年  1963年2月

・1株価格1325円(3/27終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約13万2500円

・予想PER10.8倍、実績PBR1.04倍、予想配当利回り1.83%

管理人評価B

【会社紹介】

協和エクシオは電気通信工事大手企業として輝いています。


「情報通信構築」という専門技術を有する協和エクシオは、技術力で勝負している会社です。企画・設計からメンテナンスまで一貫したサービスを提供できるのは協和エクシオの技術力が優れているからです。

長年の会社経営で培ったノウハウを利用して数多くの実績を残している協和エクシオは、多くの会社から信頼されている優良企業です。

ソリューション・サービスを提供して事業拡大を図る協和エクシオは、「成長戦略」を打ち出している会社として評価することが可能です。新事業への進出を行なう、「環境が変化しても柔軟に対応できる強い会社」を目指しているのが特徴です。

株主還元も忘れておらず、増配を実行して株主に利益を与えています。

2013年度を初年度とする中期経営計画を策定しており、「増収・増益」を達成して事業拡大を狙っています。具体的にはM&Aを通じて他社を買収したり、コア事業の効率化を促進して利益額を高めたり、「効率を重視した経営スタイル」が魅力です。

【組織力に注目! グループ力を強化している協和エクシオの経営戦略とは?】

協和エクシオで注目したいのはグループ全体の組織力です。

グループ全体で約7000人の従業員を抱えている協和エクシオですが、作業服を統一して全体の連携力を高めています。中期経営計画に掲げられている「グループ内リソースの一体運営による生産性向上」という目的を達成するために作業服を統一したのです。

「作業服がバラバラだと良い仕事ができない」という独自の価値観を作業服に反映させ、グループの組織力を高めているのは注目ポイントです。

また、「社員はかけがえのない人財」と認識している協和エクシオは、成果を公平に評価する評価システムを築いています。「やれば報われる仕組み」を作ることによって作業員のモチベーションを上げ、社内に活気を生み出しているのが特徴です。

選抜者研修や新人研修なども行なって人財育成に力を注いでおり、自前で「プロとなる人財」を育成し、グループの総合力を高める戦略を実行しています。

女性の活躍にも目を向けており、幅広い人材を採用して多くの人々に活躍のチャンスを与えています。

健全な発展を強く意識している協和エクシオは今後の成長が楽しみな会社です。

【協和エクシオの財務分析】

協和エクシオはここ近年の成長力が素晴らしいです。

2013年通期決算の売上高は3013億1900万円、営業利益は180億4600万円、経常利益は181億1900万円でダントツ成長を遂げています。純利益も113億1300万円に伸ばしている協和エクシオは大発展を遂げている注目株です。

来期も増益が予測されています。

施工効率を改善している協和エクシオは、効率の良い経営を通じて利益額を高めています。今後は新事業やM&Aを通じて会社規模を拡大することに期待したいです。

財務面も優秀です。

自己資本比率は66.2%。有利子負債額は104億9100万円で高い自己資本比率を保っています。

【協和エクシオ株に向いている投資スタイル】

協和エクシオはとても優秀な会社です。

株として評価しても全体のバランス力が良く、成長力に期待できるのが頼もしいです。中期投資を実行して売却益を狙っても良いでしょう。

予想配当利回りは1.83%で物足りないのですが、株主優待に注目してください。

協和エクシオは長期保有株主に対して「優遇制度」を設けているので、長く株を保有している株主ほど価値の高いクオカードを受け取ることができます。

中期投資を決行して売却益を狙っても良いですし、長期投資に徹して株主優待と配当金を受け取り続ける戦略を採用するのもお勧めです。

選択できる戦略の幅が広いので、初心者にも玄人にも愛される魅力があるのです。

割安性がそこそこなのは残念ですが、株としての実力は悪くありません。バランス力に長けた株が欲しければ協和エクシオに一考の価値ありです。

【協和エクシオの株主優待】

3月の権利確定日に協和エクシオ株を1000株以上保有していると、1000円相当のクオカードを受け取ることができます。

3年以上継続保有している株主は、2000円相当のクオカードが貰えます。

参照URL http://www.exeo.co.jp/ir/kabu/yutai.html

(上記の情報は2014年3月28日に記載しました)


スポンサードリンク