マースエンジニアリング (6419)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社マースエンジニアリング
(まーすえんじにありんぐ 英称:Mars Engineering corp)
・証券コード 6419
・業種     機械
・決算    3月
・設立年 1974年9月
・上場年 1993年11月

・1株価格2100円(9/5終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約21万円

・予想PER12.76倍、実績PBR0.81倍、実績BPS2601.07、予想配当利回り3.1%

管理人評価B

 

【会社紹介】

マースエンジニアリングは、パチンコ周辺機器を中心としたシステム機器を提供している会社です。


お客様の台選びをお手伝いする情報公開機や、自販機用カードリーダーの販売などを通じて利益を上げているマースエンジニアリングは「様々な分野で活躍できる技術」を活かして幅広い業界で利益を得ているのが長所です。

1974年に創業したときの社員数はたったの4人でしたが、現在はグループ全体で700人を超える従業員が存在します。

 

オイルショックやバブル崩壊を乗り越えて地道に企業規模を拡大することができたのは「マースエンジニアリングの環境対応能力」が高かった証明ではないでしょうか。


 

アミューズメント向製品や自動認識関連製品などを販売しているマースエンジニアリングは、「お客様の利便性を高めるシステム機器販売」に長けているのが魅力です。

 

「技術開発力のマース」としてお客様視点を重視した営業を続けてきたマースエンジニアリングは、パチンコ業界を中心に実績を残し、お客様お役立ち精神を発揮して常に完璧を目指す経営を実践しているのが強みです。

 

結局ビジネスというものは「お客様」が評価する価値を提供しないとお話にならないので、そういう意味で分析したらマースエンジニアリングの経営方針は理に適っていると評価することが可能です。

 

子会社のマースプランニングはホテル関連事業を展開しており、マースガーデンウッド御殿場やホテルサンルート博多などを運営しています。

 

システム機器販売という主力ビジネスだけではなく、子会社を通じて多角経営を行なっているマースエンジニアリングは「安定力」を高く評価することが可能です。

 

【パチンコ業界の経営は厳しい。しかし、安定経営を維持しているマースエンジニアリング】

マースエンジニアリングの主な取引先はパチンコ業界になりますが、パチンコ業界は「小型店の淘汰が進み、大型店が進出する二極化」が問題になっています。

 

パチンコ利用者数も年々低下し続けており、パチンコ業界は恵まれた経営を実現しているとは言えません。

しかし、マースエンジニアリングは開発・製造・販売・アフターサービスという一貫体制を武器にしており、「アフターサービス」という差別化を武器にして安定経営を実現しているのが長所です。

提案販売を通じてお客様のニーズを理解し、お客様のニーズを徹底的に理解する経営を実現しているマースエンジニアリングは非常に優秀な会社です。

 

ホテル関連事業では持ち前の「サービス力」が高く評価されている状態で、リピート客を増やしているのが良いです。今後もお客様重視の経営を維持すれば厳しい経営環境も乗り越えることが可能だと分析しています。

 

【マースエンジニアリングの財務分析】

マースエンジニアリングは2012年から2014年にかけて純利益を伸ばし続けています。

2014年通期決算の売上高は273億4900万円、営業利益は52億8200万円、経常利益は58億8000万円で売上高・経常利益が昨年より低下しています。純利益は42億8100万円まで伸びていますが、売上高が低迷しているのは良い傾向ではありません。

来期は減益が予測されています。

パチンコホール業界の設備投資が回復しており、マースエンジニアリングにとって良い流れが到来したと解釈することが可能です。リゾートホテル事業の赤字が縮小しているのも良く、今後は黒字転換を目指したいところです。

財務状態は非常に優れています。

自己資本比率は81.5%。有利子負債額はゼロです。

 

【マースエンジニアリング株に向いている投資スタイル】

マースエンジニアリングは安定株投資が適しています。

配当利回りと株主優待利回りを合わせた総合利回りは「3.5%」で、なかなか良い利回りを保っているのが長所です。

黒字経営を維持する安定力も見どころで、割安性にも長けているので様々な戦略に対応できる万能株として評価することが可能です。

 

配当金も増配傾向を維持しているため、「資産株」として活躍して貰うのが1番適しています。

 

株主還元の意識が強いので「株主還元を重視している株」が欲しければマースエンジニアリングが向いています。

 

【マースエンジニアリングの株主優待】

3月の権利確定日にマースエンジニアリング株を100株以上保有していると、以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で1000円相当のクオカード、または地域特産品

・500株以上保有で3000円相当の地域特産品

・1000株以上保有で5000円相当の地域特産品

参照URL http://www.mars-eng.co.jp/investor/hospitality.html

(上記の情報は2014年9月12日に記載しました)


スポンサードリンク