丸井グループ (8252)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 株式会社丸井グループ
(まるいグループ 英称:MARUI GROUP CO., LTD.)
・証券コード 8252
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1937年3月
・上場年  1963年4月


管理人評価D

【会社紹介】

丸井グループは多くの子会社を傘下に持つ持株会社です。

小売事業、カード事業、小売関連サービス事業の3つの事業を柱にして利益を上げています。全てのグループ会社は「お客様の役に立ちたい」という思いを抱いており、進化を続けて時代に対応する戦略を練っています。

お客様の期待に答えてグループの価値を高めていく方針を意識していますが、これはとても良い傾向です。

グループ全体の収益力を高めたければ「共通理念」を抱くことが重要になるのです。理念と行動がミスマッチだとお客様の信頼を得ることはできませんが、丸井グループはお客様重視の姿勢を貫き通している信頼感溢れる会社です。

主力グループ企業は株式会社丸井で、「マルイ」という百貨店を経営しています。


衣料品の品揃えに長けているマルイは若者向け百貨店として輝きを放っています。経済産業省の「百貨店の定義」を満たしていますが、店舗内部はかなり独特です。

百貨店にありがちな食品売り場がない店舗が多く、百貨店らしさが薄いのがポイントです。これはマイナスイメージではなく、他の百貨店と差別化する上で重要になるのです。マルイの若者ウケが良いのも百貨店とは異なる魅力を提供しているからでしょう。

若い人を意識した商品開発を推し進めており、全ての原点を「お客様」に定めています。

【カード事業に注目したい丸井グループ】

個人的に注目したいのが丸井グループのカード事業です。

丸井グループのグループ企業である株式会社エポスカードは、日本で初めてクレジットカードを発行した経緯があります。現在は多くの人々にクレジットカードが受け入れられており、利便性に長けた買物を行えるのが魅力です。

クレッジットカードのパイオニアとして名乗りを上げたエポスカードは、丸井グループの重要企業として活躍しています。

株式会社エムアールアイ債権回収は、独自の債権回収ノウハウを通じて利益を得ています。接客における「対話力」を重視しており、お客様に対して安心を意識した業務を行っているのが特徴です。

お客様の現状を配慮し、心遣いに長けた「コンサルティング回収」を実現しているのです。

丸井グループの「お客様を大切にする」という意識は他グループ企業でも活かされているのが注目点です。重要な理念を共有し、各社の業務に活用すれば丸井グループの躍進は期待できるのです。

【丸井グループの財務分析】

丸井グループはどうも決算が安定しません。2009年に87億5000万円の赤字を出し、翌年は51億400万円の純利益を上げましたが、2011年通期決算は236億3800万円の赤字決算を残して多くの株主の信頼を裏切ってしまいました。

しかし、その後は黒字経営を維持しているのです。

2013年通期決算の売上高は4073億6600万円で前年度より売上高を下げましたが、利益額は増加しています。営業利益は242億8500万円、純利益は132億5500万円で1株益は48.4円に引き上げることができました。この好決算を評価する株主も多く、経営陣の努力がキラリと光っています。

丸井グループは来期も増益が予測されます。

カード事業が収益柱となっていますが、ゴールド会員が増加したのが大きいです。手数料収入が増えて経営が潤うことが期待できます。

財務面はそこそこ良いです。

自己資本比率は47.6%。2657億6900万円の有利子負債は過剰額のように思いがちですが、自己資本や売上高と比較すると大したことがないことが分かります。と言っても有利子負債を減らすことに越したことはないので、更に優秀な財務状態を目指して欲しいのが本音です。

【丸井グループ株に向いている投資スタイル】

丸井グループは悪くない株であるのは確かですが、別段秀でている能力がないのが気になります。成長性を求めるのであれば他に適した株がありますし、高配当がウリというわけでもありません。

現在の株価も若干割高なので割安株投資を実行するのも不向きです。

資産株として活躍させる手段もありますが、それならもっと財務状態が良い会社の株の方が資産株戦略に適しています。

万能株のように思えますが、実際は全てにおいて平均点をマークしている凡庸な株として私は分析しています。現在の予想配当利回りは1.69倍で、インカムゲイン収入に頼るのも寂しいです。

企業規模が大きいという利点がありますが、私からすれば企業規模は重要な項目になりません。

現在の丸井グループ株は扱いやすそうに見えて当てはめる戦略が難しい株に該当するため、初心者には不向きです。

【丸井グループの株主優待】

3月、9月の権利確定日に丸井グループ株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で10%割引の株主優待カード(限度額10万円)

・300株以上保有で10%割引の株主優待カード(限度額20万円)

・500株以上保有で10%割引の株主優待カード(限度額30万円)

・1000株以上保有で10%割引の株主優待カード(限度額50万円)

・5000株以上保有で10%割引の株主優待カード(限度額100万円)

・10000株以上保有で10%割引の株主優待カード(限度額150万円)

上記の株主優待カードは自社店舗・通信販売・専門店で利用することができます。一部商品は除きます。

参照URL http://www.0101maruigroup.co.jp/ir/bonus.html

(上記の情報は2014年1月3日に記載しました)


スポンサードリンク