明光ネットワークジャパン (4668)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社明光ネットワークジャパン
(めいこうネットワークジャパン 英称:Meiko Network Japan Co., Ltd.
・証券コード 4668
・業種     サービス業
・決算    8月
・設立年  1984年9月
・上場年  1997年4月


管理人評価A

【会社紹介】

明光ネットワークジャパンは学習塾を運営している会社です。


小学校、中学校、高校に通う生徒を対象にした個別指導がウリの『明光義塾』は高い人気を集めています。数多くの生徒を1流大学に進学させた実績のある明光義塾は明光ネットワークジャパンの主力ビジネスです。

2009年と2010年に「働きがいのある会社ランキング」にランクインしており、社員のモチベーションが高いことが分かります。未成年の学習指導は少子高齢化の影響を受けるビジネスになりますが、子供の数が減っても売上と利益額を伸ばしている明光ネットワークジャパンの経営術はさすがです。

質の高い教育システムと、高いモチベーションを維持している優秀な社員が明光ネットワークジャパンを成長に導いているのは確かです。

明光ネットワークジャパンは会社設立当初から「個別指導」というスタイルを維持してきました。個別指導は生徒の学習意欲を高めるのに効果的で、分からないことをすぐに質問することができる個別指導スタイルはとても人気があります。

最近は個別指導を取り入れる学習塾が増えていますが、明光ネットワークジャパンは独自のノウハウを活かして学習塾経営を行っているのです。「自立学習理念」は明光ネットワークジャパン独特の理念で、生徒の勉強に対するやる気を高めています。

【フランチャイズ運営がカギ】

明光ネットワークジャパンは明光義塾をフランチャイズ展開しており、長年の経験で培ったノウハウをフランチャイズ加盟店に提供して利益を上げています。

どのビジネスも差別化に成功しないと生き残ることはできません。生徒指導の塾は日本にたくさん存在しますが、明光ネットワークジャパンは「自立学習」を通じて他社との差別化に成功しているのです。

社会に通用する人間になるためには自立心と責任感が必要です。明光義塾はただ勉強を強制するのではなく、自立心に富んだ人間を育成するということに重点を置いて生徒指導に取り組んでいるのです。

その結果、多くの生徒が自立心に長けた立派な人間として羽ばたくことが可能になります。学力向上だけではなく、生徒の自立心を高める指導を行っているのが明光ネットワークジャパンの成長理由の1つになるのです。

【明光ネットワークジャパンの財務分析】

明光ネットワークジャパンは2010年から2012年にかけて売上高を伸ばし続けており、少子高齢化社会に負けない成長を遂げています。

売上高だけではありません。経常利益、営業利益、純利益という全ての分野で発展を遂げているのです! 特に純利益は圧巻で、2012年の通期決算の純利益額は19億6900万円まで伸ばすことができました。

物凄く成長しているわけではないのですが、堅実に業績を伸ばしている点は高く評価しても良いでしょう。堅実経営に長けている会社なので、安全株を求めている方と相性が良いのです。

決算内容も優秀ですが、それ以上に素晴らしいのは財務面です。

自己資本比率は72.9%で理想企業の仲間入りを果たしています。有利子負債は16億7000万円ありますが、自己資本は110億3500万円もあります。財務状態が非常に良い会社なので、長期保有にも向いていると判断することができます。

【明光ネットワークジャパン株に向いている投資スタイル

実は私は明光ネットワークジャパン株を保有していた経験があり、なかなかの利益を得ることができました。株主優待目当てで明光ネットワークジャパン株を保有していたのですが、この戦略は現在も通用します。

明光ネットワークジャパンは株主優待と配当金の2つの収入が期待できる「投資家にとって美味しい株」に該当します。売却益も考慮するのであれば、3つの収入を得ることが可能です。

明光ネットワークジャパンは買って良し、売って良し、持って良しの株です。特に株主優待がとても旨味があるので、様々なインカムゲインを手に入れたい人と相性が良いでしょう。

基本は長期保有で、含み益が出たら株を売却しても良いのです。様々な戦略に対応できるだけではなく、保有しているだけで大きな利益を得られる明光ネットワークジャパン株は多くの投資家にお勧めすることができます。

【明光ネットワークジャパンの株主優待】

8月の権利確定日に明光ネットワークジャパンの株を100株以上保有していると3000円分のクオカードを1枚貰うことができます。

参照URL http://www.meikonet.co.jp/investor/stock/dividend.html

この3000円のクオカードはとてつもなく大きいのです! コンビニでも使用できますし、ドラックストアで利用することも可能です。使い勝手の良いクオカードが3000円分も貰えるのはかなり大きなメリットになります。株主優待目当ての方は保有する価値アリです。

(上記の情報は2013年11月2日に記載しました)


スポンサードリンク