MonotaRO (3064)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社MonotaRO
(モノタロウ 英称:MonotaRO Co., Ltd.
・証券コード 3064
・業種     小売業
・決算    12月
・設立年  2000年10月
・上場年  2006年12月


管理人評価A

【会社紹介】

MonotaRO(ものたろう)は事業者向けに関節資材を販売している通信販売会社です。

300万を誇る関節資材の取り扱いが最大の長所で、ホームページやカタログを通じて関節資材を販売しています。関節資材は購入頻度が非常に高い商品となるため、事業者は関節資材をすぐに手に入れることを重視している方が多かったのです。

そこに目をつけたのがMonotaROです。ホームページを利用して関節資材を早く購入できるようにして、安い値段で手間をかけずに買えるサービスを築き上げました。


お客様の需要を先取りし、ビジネスに活かしたのは非常に素晴らしいです。通信販売を行なっているので低コストでビジネスを行なうことができるのも強みです。

関節資材を数多く取り揃えているので、様々なお客様に受け入れられています。幅広いニーズに対応できるMonotaROは今後の発展が期待できる注目企業です。

【利便性の高さが武器、MonotaROの革新的ビジネス】

MonotaROという名前はかの有名な「桃太郎」にかけています。業界の昔からの慣習を退治するという願いを込めてMonotaROという名前になりました。

関節資材、物が足りる、納期や値段の不透明を退治する、という意味を込めてMonotaROという社名にしたのです。

MonotaROはネット通販を行なうだけの会社ではありません。プライベートブランド商品を開発したり、他の企業よりも安い価格で商品を販売したりして新規客を手に入れることを意識しています。

また、在庫管理も徹底しています。人気の高い商品を分析して常に在庫を切らさないようにしており、注文即日出荷を行なうことができるのです。良い商品を安く、素早く発送できるMonotaROは「早い・安い・質が良い」の3拍子揃ったビジネスを行なっているのです。

また、「モノタロウ侍」というゆるキャラを公式キャラクターとして設定しており、お客様に親しみやすさを与える企業努力も怠りません。

【MonotaROの財務分析】

MonotaROは順調な発展を遂げています。

2008年から2012年にかけて黒字経営を維持しており、2013年の通期決算は16億8900万円の純利益を得ることができました。売上高も年々向上しており、2012年は287億4200万円の売上を上げることができたのです。

取り扱い商品を500万点に増やすのは売上高を高める上で重要となるポイントです。お客様の購買頻度と購買意欲を高める結果に繋がるので、安定した利益増が期待できます。

連続で最高益を達成しているMonotaROは飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けている大躍進企業です。優れたビジネスモデルが会社の成長を支えているのは明白です。

更に取り扱い商品を増やし、会社の知名度を高める努力を続ければMonotaROは今後も発展する可能性が高いのです。

気になる財務面ですが、こちらもなかなか優秀です。

自己資本比率は55.2%。有利子負債は13億円しかないため、財務面は問題がないと断言することができます。堅実な財務状態を維持して大きな成長を遂げているのはかなり高く評価できるのです。

【MonotaRO株に向いている投資スタイル】

MonotaROは成長株投資を実行するのがお勧めです! むしろ成長株として評価しないとMonotaRO株は輝きません。

優れたビジネスモデルを武器に躍進を続けているMonotaROは、売却益を狙うのに適した株であると判断することができます。増配を続けているのもプラスポイントですが、株を長期保有して売却益を得るのが1番儲かるでしょう。

現在の予想配当利回りは0.58%で、配当金狙いには不向きです。やはり株を長期保有して売却益を狙う戦略を採用するのが1番効率が良いのです。

財務面も優秀なので長期保有する心配を抱える必要はありません。株をじっくり保有し、ある程度満足できる含み益を得たら株を売却するのがお勧めです。

【MonotaROの株主優待】

12月の権利確定日にMonotaRO株を100株以上保有していると、3000円相当の自社プライベート商品を受け取ることができます。

参照URL http://www.monotaro.com/main/ir/stockholder/

(上記の情報は2013年11月30日に記載しました)


スポンサードリンク