中村屋 (2204)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社中村屋
(なかむらや 英称:NAKAMURAYA CO.,LTD)
・証券コード 2204
・業種     食料品
・決算    3月
・設立年  1923年4月
・上場年  1957年3月

管理人評価D

【会社紹介】

中村屋は老舗の食品メーカーです。


創業当初はパンを販売して利益を得ていましたが、昭和42年に和菓子の製造を始めて現在に至るまで「老舗和菓子店」として活躍しています。中村屋の和菓子は大変味が良く、材料を厳選して適正価格でお菓子を売るという方針を貫いて利益を上げてきたのです。

つまり、過剰な安売り戦略は取らなかったのです。

これはとても良い経営判断だと評価することができます。お菓子の値段を下げると利益率が低下しますし、酷いときだと材料の質を落とさないと利益が出なくなってしまいます。

中村屋は「厳選素材にこだわり、美味しい和菓子を提供し続けるスタイル」を貫いて東証1部上場を達成したのです。

今は和菓子だけではなく、洋菓子も販売して多くのお客様から好評を得ています。

国産小麦のラスクやしっとりとした味が特徴のパウンドケーキなど、老舗の味を詰め込んだお菓子は違いの分かるお客様に受け入れられているのです。

「お客様にとって本当に価値あるものとは何なのか」という疑問を抱き続けている中村屋は、お客様のニーズを満たす商品販売能力に長けています。

中村屋は高級感漂うお菓子を販売して利益を得ているのですが、逆に言うと「低価格志向のお客様が増えると利益を得るのが難しくなる」というリスクを抱えているのです。デフレや消費税増税の影響によって高級菓子が敬遠されるようになると、中村屋の経営も悪化します。

しかし、中村屋は新商品の開発や成長市場への新規参入などを果たして持続的成長を成し遂げようとする意識が強いのが特徴です。

【時代の変化に対応できる中村屋】

中村屋が長い年月を経て生き残ることができているのも時代の変化に対応し続けているからでしょう。

時代の変化に対応するとは、「お客さまのニーズを上手に捉える」という意味になります。中村屋は時代のニーズに合った商品を開発して販売し続け、確固たる地位をものにしたのが素晴らしいです。

1904年はクリームパンを販売していましたが、中華まんじゅうや月餅など独創性に長けた商品を販売してお客様の心を掴む経営戦略を実行し続けてきました。

「企業は環境適応業」と中村屋は考えていますが、私もこの意見に同意です。

変化できる会社が強いという事実はいくら時が過ぎても通用する真実です。中村屋は対応力に優れた会社であり、これからも良い変化を遂げて東証1部上場企業として輝き続けることが期待できます。

【中村屋の財務分析】

中村屋は安定した黒字決算を維持していますが、ここ近年は利益額が落ち込んでいます。

2013年通期決算の売上高は403億7500万円、営業利益は4億5200万円、経常利益は5億円で昨年度の決算と比較すると利益額が大幅に減少しています。

2012年通期決算の純利益は1億7400万円だったのですが、翌年は3億9000万円まで純利益を増やしているのがプラスポイントです。

来期は営業利益の増加が予測されます。

主力商品の中華まんは納品先のコンビニが出店加速した影響により、売上が伸びています。原材料の高騰が続いているのが懸念材料ですが、コストを上回る売上を残して利益額向上を達成する見込みです。

中華まんは「上質の味」にこだわり、他社との差別化を図ってメイン商品として活躍させる予定です。

財務面は優秀です。

自己資本比率は56.6%。有利子負債額は32億5800万円で、自己資本額は206億8000万円です。自己資本や売上高と比較すると有利子負債は少ない数値で収まっており、上々の財務状態を維持しているのが分かります。

【中村屋株に向いている投資スタイル】

中村屋は安定配当株として評価するのがお勧めです。

2009年から2013年にかけて年間配当額は10円を維持しており、この先も10円配当を貫き通す予定です。業績が悪化しても安定配当を支払っているのはとても良く、長期投資家にとって嬉しいデータになります。

財務面も良く、長期保有するのに適している中村屋株はインカムゲインを狙っていくのが良いでしょう。現在の予想配当利回りは2.51%で、まあまあです。

ネックなのは割安性です。

予想PERは51.82倍で実績PBR値は1.14倍です。PER値が高過ぎるのが残念で、割安株と評価を下すことはできません。

来期は増益が期待できると言っても全盛期と比較すると利益額は落ち込んでいるため、成長企業として分析するのは危険です。中村屋は安定株としての位置づけを保っていると評価することができます。

【中村屋の株主優待】

3月の権利確定日に中村屋株を1000株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・1000株以上保有で2000円相当の菓子や食品等の自社商品、または店舗15%割引券1冊(1冊20枚綴)、および通信販売15%割引(10回分)

・3000株以上保有で3000円相当の菓子や食品等の自社商品、または店舗15%割引券2冊(1冊20枚綴)、および通信販売15%割引(10回分)

 ・5000株以上保有で3000円相当の菓子や食品等の自社商品、または店舗15%割引券2冊(1冊20枚綴)、および通信販売15%割引(10回分)、更に5000円相当の自社商品

優待品に代えて社会貢献活動団体への寄付を選択することもできます。

参照URL http://www.nakamuraya.co.jp/ir/p03.html

(上記の情報は2014年2月8日に記載しました)


スポンサードリンク