なとり (2922)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 株式会社なとり
(なとり 英称:Natori Co., Ltd.)
・証券コード 2922
・業種     食料品
・決算    3月
・設立年  1948年6月
・上場年  1999年11

・1株価格1087円(3/27終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約10万8700円

・予想PER16.35倍、実績PBR0.92倍、予想配当利回り1.38%、予想株主優待利回り1.8%

管理人評価B

【会社紹介】

なとりはおつまみを製造・販売している会社です。


いかを初めとした水産加工品を開発し続けた実績があるなとりは、「珍味」がウリのおつまみを多数販売して利益を得ています。なとりが販売しているサラミやチーズは非常に質が高く、多くのお客様に喜ばれる商品を開発しているのが魅力です。

「チルドおつまみ」の開発に力を注いでいるなとりは、新ジャンルを開拓して利益額を増やす戦略を練っています。

お酒のお供だけではなく、おやつやお茶請けとして利用できるなとりの商品は多くの家庭に彩りを与えているのです。あらゆる側面から「美味しさ」を追求しているなとりは、データも参照して商品の質を分析しています。

お客さまのニーズを見極めて商品を開発する能力が高く、「お客様の満足」を追い求めて商品開発を続けているのが素晴らしいです。会社は適正な利益を上げたければ多くのお客様が満足する商品を売りださなければいけません。

なとりはお客様の嗜好をしっかり分析し、お客様のニーズを満たす商品を多数開発しているから安定経営を維持することができるのです。

グローバル化も推し進めています。「世界のなとり」へと躍進することを望んでいるなとりは、海外進出に対する意識も高いです。消費税増税による負の影響が気になりますが、顧客満足度を重視した経営を続けていけば難局をチャンスに変えることは可能です。

なとりの最大の問題は原材料高でしょう。

原材料高騰問題は大抵の会社が抱えている経営的なリスクになりますが、原材料が高くなってしまうと利益を増やすのが難しくなります。

原材料が上昇したら商品を値上げしたり、商品の中身を減らしたりして対策を講じなければいけません。

【美味しい! なとりの優れた商品に注目!】

なとりで注目したいのは商品の質です。

「一度は食べていただきたい」というコンセプトの元、様々な高級おつまみを販売しているなとりは「違いの分かる大人」をメインターゲットに設定しています。

おつまみを好む人はどうしても年齢層が高くなってしまうのですが、メインの年齢層が高ければ高いほど高級需要を満たす商品が売れます。

「一度は食べていただきたいシリーズ」は、本格派のおつまみを狙っています。

手軽に食べられるカルパスや、肉厚がたまらないビーフジャーキー、お子様にも喜ばれるサラミなど、多くのお客様の需要を満たす商品がなとりの経営を支えているのです。

なとりの実力を分析したければ、1度なとりの商品を買って食べるのがお勧めです。

私もなとり商品を食べたことがありますが、普通に美味しかったです。「商品の質」という点でなとりはかなり優秀だと評価することができます。商品力に優れていれば会社はこの先も生き残り続けることが可能になります。

結局、最終的に生き残るのは「本物の価値」を提供する会社です。なとりはおつまみというジャンルを通じて多くのお客様に本物の価値を与えているのです。

【なとりの財務分析】

なとりは2011年から2013年にかけて売上高を伸ばしています。

2013年通期決算の売上高は342億9700万円、営業利益は15億6700万円、経常利益は15億5000万円で、昨年度と比較して売上高や経常利益が順調に増加しています。純利益も9億2900万円まで伸ばしたなとりは、堅実な成長を遂げている会社として分析しました。

来期も利益額を増やす予定です

新製品の投入を継続し、売上高を増やす戦略を徹底しています。先ほど解説した原材料高が問題になりますが、商品力に優れているなとりはこの先も黒字経営の安定化が期待できます。

財務面も良いです。

自己資本比率は54.7%。有利子負債額は35億3100万円で、良い財務状態を保っています。

【なとり株に向いている投資スタイル】

なとりと言えば株主優待でしょう!

なとりは株主優待目当ての投資がお勧めです。1単元価格も大したことがないので、投資資金が少ない個人投資家でも株主優待を狙って株を購入することが可能です。

なとりのおつまみが好きな人は、なとり株を長期保有するのがお勧めです。

株としての総合力を分析すると、正直大したことがありません。発展を遂げているのは確かですが成長率に長けているわけではありませんし、株価も若干割高です。

やはり、なとりは「株主優待が欲しい人に向いている株」になるのです。

財務状態も問題ないので長期保有する心配が少ないのが良いです。

黒字経営を継続しており、安定配当を払い、株主優待が貰える株を欲しいと考えている方はなとり株の投資を検討してみましょう。

【なとりの株主優待】

3月の権利確定日になとりを100株以上保有していると、以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で2000円相当の自社製品詰め合わせ(おつまみなど)

・1000株以上保有で3000円相当の自社製品詰め合わせ(おつまみなど)

参照URL http://www.natori.co.jp/

(上記の情報は2014年3月28日に記載しました)


スポンサードリンク