西松屋チェーン (7545)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社西松屋チェーン
(にしまつやチェーン 英称:Nishimatsuya Chain Co., Ltd.)
・証券コード 7545
・業種     小売業
・決算    2月20日
・設立年  1956年10月
・上場年  1997年7月


管理人評価C

【会社紹介】


西松屋チェーンは西松屋を運営している会社です。西松屋は生児用の雑貨や乳幼児用品を販売している専門店になります。


子育てが忙しいママたちの暮らしを応援するために、西松屋は存在しています。特に強いのが品質と価格がウリのプライベート商品で、低価格路線を貫いているのが特徴です。子供用の玩具を安価な値段で購入することができ、ベビー用の布団なども取り扱っています。

子供向け商品に特化しているのが西松屋の強みになります。

子供服のバリエーションも充実しており、冬に温かいニット帽や子供用のパジャマなどを安い値段で揃えているのです。

マタニティ用品の品揃えもバッチリで母親の身体に優しいクッキーやインスタントコーヒーも販売している西松屋は、頑張るママを応援しているのです。子どもたちの専門店として輝いている西松屋は、子育てに取り組む母親たちのニーズを満たす店作りを行なっています。

西松屋チェーンは「少子化になるのは子育ての環境が整っていないのも問題」と考えているのです。西松屋チェーンは子育てに関する環境を充実させて、日本の少子高齢化問題に貢献する姿勢を貫いています。

【少子高齢化で不安な面も】

西松屋チェーンは子育てに関する商品を取り揃えて利益を出している会社ですが、将来性は不安が残ります。市場自体が縮小し続けているので成長株として認定するのは難しいのです。

年が経つごとに市場のパイが減少していくので、西松屋チェーンにとって厳しい流れが押し寄せるのはほぼ間違いないと考えられます。

高齢化社会に対応するために多くの企業は介護ビジネスに手を出していますが、西松屋チェーンは高齢化社会に真っ向から対抗するビジネスを貫いているのです。この方針には賛否両論生じており、「本当にこの先も生き残ることができるのか?」という疑問の声も上がっています。

少子高齢化社会に対抗するために、西松屋チェーンは「ガラガラ経営」という独自の戦略を築き上げています。ガラガラ経営とは、無理に繁盛店舗を目指さない経営のことを指します。

接客はほとんど行なわず、1店舗に従業員は2人程度しか配置しません。

そうすることによって人件費を抑制し、堅実な経営を行なうのが可能になるのです。1店舗が流行ってしまった場合、近隣に同じ店を出店してガラガラ経営を行なっています。店舗ごとの負担を減らし、人件費を過度にかけない形で利益を上げているのです。

【西松屋チェーンの財務分析】

西松屋チェーンは2009年から2013年にかけて黒字経営を維持してきた優良企業です。少子高齢化問題が騒がれている中、黒字体質を維持しているのはとても立派です。

しかし、成長性には問題アリと分析しました。2010年通期決算の純利益は53億5300万円でしたが、2013年は純利益額が36億4800万円まで減少しているのです。2013年通期決算は前年度と比較して営業利益や経常利益が伸びていますが、過去最高益を記録しているわけではありません。

2013年通期決算の売上高は1225億4600万円で、1株益は54.6円です。1株益も年度ごとにバラツキが生じているので、安定成長株と認識することはできないのです。

円安によって輸入雑貨の原材料コストが向上したのは痛いです。

また、赤字店舗は積極的に閉鎖して健全な黒字体質を維持する努力を欠かしません。今後も不採算店は積極的に閉店する予定で、拡大戦略を改めることが期待されています。収益重視の戦略に切り替え、激動の時代を生き残る予定です。

財務面はとても優秀です。

自己資本比率は70.5%。有利子負債はゼロで、無借金経営を貫いている会社として評価することができます。財務状態が良いので財産株として評価することができますが、将来の成長性が薄いので何も考えないで長期保有するのは危険です。

【西松屋チェーン株に向いている投資スタイル】

西松屋チェーンは株主優待目当ての投資が向いています。

成長力に長けているわけではないので、会社の成長を期待した売却益狙いの投資は不向きです。拡大戦略から利益重視戦略に乗り換えているので、安定株として活躍することが期待できます。

財産株として保有しても良いのですが、売却益と配当金の両方の利益を狙いたければ別の株を検討することをお勧めいたします。

財務面以外に特にこれといった強みがないのが難点です。財務健全株が欲しい方は西松屋チェーン株が向いています。

【西松屋チェーンの株主優待】

2月20日か8月20日の権利確定日に西松屋チェーンの株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。(年に2回)

・100株以上保有で100円の優待券10枚(1000円相当)

・1000株以上保有で100円の優待券50枚(5000円相当)

上記の優待券は1000円以上の買い物につき、1枚利用することができます。

参照URL http://www.24028.jp/ir/stock_holder.html

(上記の情報は2013年12月16日に記載しました)


スポンサードリンク