ラウンドワン (4680)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社ラウンドワン
(らうんどわん 英称:ROUND ONE Corporation
・証券コード 4680
・業種     サービス業
・決算    3月
・設立年  1980年12月
・上場年  1997年8月


管理人評価D

【会社紹介】

ラウンドワンは複合レジャー施設を運営している会社です。


ボウリングを全店舗に設置しているのが特徴で、全国に店舗を展開しているのも注目ポイントです。カラオケやダーツ、ビリヤードやバッティングセンターも取り入れており、様々な遊びを満喫できるのがラウンドワン店舗の強みです。

ボウリングを軸に数多くの娯楽を提供しているのがラウンドワンの長所です。ラウンドワンは若者からお年寄りの方まで楽しめる複合レジャー経営を実践して名を高めてきました。

多くの資本が必要となるビジネスになりますが、東証1部上場企業なので資本力はなかなかのものです。

ラウンドワンは様々な娯楽をお客様に提供してたくさんの人々を楽しませてきた実績があるのです。

【様々な娯楽を提供するラウンドワンの経営戦略】

ラウンドワンが素晴らしいのは「1つの店舗で様々な娯楽を楽しめる」ということに特化している点です。普通、カラオケを楽しみたければカラオケ屋に行く必要があるのですが、ラウンドワンはカラオケもボーリングもスポーツも満喫できるありあり尽くめの施設を保有しているのです。

そのため、ラウンドワンの顧客層はとても幅広いです。ボーリングを求めている人はラウンドワンに足を運びますし、友達と一緒にダーツをやりたいと思っている人もラウンドワンに行くことが多いのです。

1つの娯楽に特化しているのではなく、様々な娯楽を詰め込んで多くの人のニーズに応える経営を実現しているのは高く評価できます。

口で言うのは簡単ですが、実際に成し遂げるのはかなり難しいのです。

まず、資金が問題です。ボーリング場もあってカラオケもあり、ビリヤードもできてバッティングも楽しめる施設は店舗が広くないと実現することができません。施設が広いと土地代や毎月の維持費が大きくなってしまうので、ラウンドワンのビジネスを真似したければ資本がないと話にならないのです。

様々なニーズを満たし、多くのユーザーを虜にするラウンドワン。娯楽の多様化が騒がれている現代で、ラウンドワンは時代の流れに対応している素晴らしいビジネスモデルを築いているのです。

【ラウンドワンの財務分析】

ラウンドワンは厳しい経営状態が続いています。

2011年の通期決算は126億7300万円の赤字でしたが、2012年に黒字回復を成し遂げることができました。しかし、2013年通期決算の純利益は6億100万円で、前年度と比較して利益額を大きく下げていることに気づきます。

来期の決算は赤字になることが心配されており、経営が安定しているとは言い難い状況が続いています。

娯楽の多様化を受け入れ、時代に合ったビジネスを行っているのは高く評価できますが支出が多いビジネスであることを忘れてはいけません。店舗運営はお金がかかるビジネスに該当しますが、ラウンドワンのように大きな店舗を経営していると毎月の支出も蔑ろにできないのです。

財務面は少々心配です。

自己資本比率は38.5%。有利子負債は900億9900万円も存在しており、自己資本は784億4200万円となっています。

自己資本より有利子負債の額の方が多いのは明らかに問題です。この有利子負債の多さは見逃すことはできません。今後は有利子負債を削減し、自己資本比率を上げて健全な財務状態を維持することが期待されます。

【ラウンドワン株に向いている投資スタイル】

ラウンドワンは2011年から2013年にかけて1株あたりの配当金を10円に定めています。利益額以上の配当金を支払うこともあるので、安定配当を実施している会社として評価することができます。

安定配当株が欲しい人は投資を検討する価値はあるでしょう。

成長株として評価するのは厳しいです。娯楽の多様化に対応していると言っても、現代はインターネット上の様々な娯楽が存在するので、全てのニーズを完璧に満たしているわけではないからです。

そもそも全ての需要に対応するのは不可能で、独特の強みがないと娯楽業界で生き残ることはできません。ラウンドワンのビジネスモデルに賛同できる方は株を買っても良いのですが、激動する現代社会に対応できるか疑問を抱いている人は投資の見送り対象になります。

【ラウンドワンの株主優待】

3月、9月の権利確定日にラウンドワンの株を100株以上保有していると位家の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で500円分の割引券4枚(2000円相当)

・500株以上保有で500円分の割引券8枚(4000円相当)

また、100株以上保有している株主はクラブカード引換券が2枚貰えます。クラブカードがあると施設の利用料金が割引されるので、ラウンドワン施設を楽しみたい方は100株以上の保有をお勧めいたします。

参考URL http://www.round1.co.jp/company/ir/kabunushi.html

(上記の情報は2013年11月5日に記載しました)


スポンサードリンク