CIJ (4826)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社CIJ
(しーあいじぇい 英称:Computer Institute of Japan, Ltd)
・証券コード 4826
・業種     情報・通信業
・決算    6月
・設立年 1976年1月
・上場年 2001年1月

・1株価格468円(6/19終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約4万6800円

・予想PER10.81倍、実績PBR0.98倍、予想配当利回り2.14%

管理人評価A

 

【会社紹介】

CIJは2次受けシステム開発を行なっている会社で、独立系ソフトウェア開発企業として活躍しています。


「CIJの社員の9割は技術者」で、社員構成が技術者中心になっているのが面白いです。

技術力に秀でたプロ集団がお客様要望にお応えし、適正な価格で質の高いサービスを提供しているからCIJは利益を伸ばし続けることができるのです。

独立系のソフトウェア開発を実践しているからこそ、「お客様の要望を満たすソリューション」を提案することができます。ネットワークインフラの構築、データセンターの活用・保守業務、システムインテグレーションサービスなどを提供しているCIJは「業務範囲が広い会社」です。

java技術で高い評価を頂いているCIJは「技術者の質が高い」のが長所です。

 

webアプリケーションを開発することもでき、自動車向け車内LANの開発支援業務も行なっています。IT業界は「お客様の価格引き下げ要望が根強い」のが難点ですが、CIJは「適正な価格でサービスを提供する」という方針を振らすことはありません。

CIJは私好みの経営を行なっています。

私がよろしくないと思う経営は「安売りだけに頼った経営」です。

自社サービスの価格を下げるのは賛否両論ありますが、私は過度な安売り路線を歩むのは良いことだと思っていません。本当に自社の提供するサービスの質が高ければ「適正価格」で物を販売することができます。

それに安売り路線を邁進すると「利益を伸ばし続けるのが難しくなる」ため、持続的発展を遂げたければ適正価格で物を販売することが重要になります。

CIJは「適正価格戦略」を貫いて持続的成長を遂げている有望株です。

 

【株主を大切にする意識が強いCIJ】

まず、CIJの経営戦略から見ていきましょう。

お客様の「低コスト志向」が続いているのが難点ですが、CIJはお客様に満足して頂けるサービスを提供するために以下の方針を貫いています。

1,優秀な人材を育成して組織力アップ

CIJは社内で資格取得を推奨しており、若手を育成することによって組織力を高める戦略を取っています。

地道に人材を育成して利益額を高める戦略を実施しているのは素晴らしいです。

2,営業・開発パワーを拡大する

CIJは持続的発展を維持するためにwebサイトや電車の吊革広告などを利用して自社商品を宣伝しています。プライムビジネスを拡大し、独自事業を開拓する意識の高いCIJは「利益額を伸ばし続ける戦略」を実施している優秀な会社です。

売上高構成比の79.7%がシステム開発で、金融業関連のシステム開発業務が好調です。

私が特に注目したいのは「CIJは株主を大切にする会社」だということです。


好業績を維持しているのも良いのですが、自社株買いを行なって株主に利益を還元しているのが良いです。

株主優待もプレゼントしており、「個人投資家を優遇する意識が強い会社」だと私は分析しました。

CIJの株を継続して保有すると答えている人が全体の79%です。

CIJに長期投資家が多いのも「株主に対する利益還元を熱心に行なっているから」でしょう。今後も株主重視の経営を貫いて欲しいところです。

 

【CIJの財務分析】

CIJは2011年から2013年にかけて利益額を伸ばしています。

2013年通期決算の売上高は165億1200万円、営業利益は13億5200万円、経常利益は14億9000万円で堅調に増収を達成しているのです。純利益も8億5700万円に伸びており、かなり良い結果を残すことができました。

今期も増益が予測されています。

広告費用が増加したものの、それ以上に利益額を高めているのが良いです。最高益を更新しているCIJは配当金を増やすことが期待されています。

財務面はかなり優秀です。

自己資本比率は76.6%。有利子負債額は6億7000万円です。

 

【CIJ株に向いている投資スタイル】

CIJは様々な戦略が通用する万能株です。

持続的発展を遂げていることを評価して成長株投資を実行しても良いですし、財務面が優秀な部分を評価して「資産株として長期保有する」のもお勧めです。

CIJは株主優待と配当金で利益を出すことができるので初心者向けの株だと判断しました。

1単元の購入価格が安いのも良く、投資資金が少ない方にも向いているのが長所です。

様々な戦略を実施することができるので「負けない株式投資」を実施するのに適した株だと判断しました。

株価の動きもかなり緩やかで、日々の株価の動きにストレスを溜めたくない人に向いている株です。

 

【CIJの株主優待】

12月の権利確定日にCIJを100株以上保有していると、以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で500円相当のクオカード

・500株以上保有で1000円相当のクオカード

・1000株以上保有で2000円相当のクオカード

・5000株以上保有で3000円相当のクオカード

参照URL http://www.cij.co.jp/ir/yutai/index.html

(上記の情報は2014年6月19日に記載しました)


スポンサードリンク