常和ホールディングス (3258)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  常和ホールディングス株式会社
(じょうわホールディングス英称:Jowa Holdings Company, Limited
・証券コード 3258
・業種     不動産業
・決算    3月
・設立年  1977年5月
・上場年  2009年6月


管理人評価C

【会社紹介】

常和ホールディングスはオフィスビルの貸賃事業やホテル事業を展開している会社です。


主力の不動産事業はお客様との「きずな」を通じて、お客様から信頼されるビジネスを行なうことを意識しています。

都心や大都市の優良立地の不動産を保有しており、利用者にとって利便性の高いオフィスを提供しているのが強みです。アクセスの良さや空調やセキュリティの質の高さが武器で、借り手が満足する環境を整えることに定評があるのです。

優良不動産の新規取得を積極的に行なってきた常和ホールディングスは、投資を続けて利益額を高める方針を貫いています。不動産会社の強みを活かした情報収集や優良立地の選定は常和ホールディングスの成長を支えているのです。

ホテル事業ではビジネスホテルのチェーン展開を続けており、合計10ホテルを経営しています。ビジネスホテルの長所は「利便性」です。不動産事業と同じで、利便性に長けたビジネスホテルを保有して大きな利益を上げることに成功しているのです。

また、「おもてなし」の心を意識してお客様が満足する空間を提供し、多くのリピーターを確保しているのが強みです。

【不動産事業に強い常和ホールディングス】

常和ホールディングスはゴルフ事業も手がけていますが、2013年3月の段階でゴルフ事業の売上高はグループ全体の4.6%に過ぎません。不動産事業は全体の売上高の63.2%を占めており、主力事業に経営資源を投入しているのが分かります。

不動産事業の柱は「常和八重洲ビル」です。現在のクオリティに満足することなく、お客様のことを考えて快適品質を更に向上する姿勢を貫いている常和ホールディングスの経営方針に賛同する株主は多いのです。

不動産事業は貸賃事業が主なビジネスとなるため、安定性に長けた収益力が長所です。貸賃に特化したビジネスを行なっているのは、常和ホールディングスが安定した成長を成し遂げるためにとても重要です。

【常和ホールディングスの財務分析】

常和ホールディングスは営業利益が増加し続けている会社です。

2013年通期決算の営業利益は44億200万円でしたが、翌年は49億5500万円まで伸ばすことができました。営業利益は成長しているのですが、純利益はバラツキが生じています。

2013年の純利益は20億9800万円まで成長しました。売上高も148億7600万円を記録しているので成長企業として認識しても良いでしょう。新規所得を続けてきた不動産が利益増加に大きく貢献し、来期は営業利益が更に高まる見込みです。

ホテル事業も拡大を続けており、3年で20店のビジネスホテルを経営する目標を立てています。

常和ホールディングスの弱点は財務面です。

自己資本比率は13.8%。これはあまりにも低すぎます。財務安定株を求めるのであれば、常和ホールディングス株は明らかに不向きです。長期保有することに不安に感じる人も多いでしょう。

1781億8300万円の有利子負債は明らかに多すぎです。売上高より有利子負債の多い会社は危険というのが財務分析の基本になりますが、常和ホールディングスは売上高の10倍以上の有利子負債が存在しているのです。

この有利子負債額は無視することはできません。財務面の悪さを無視して成長株投資に取り組むか、投資を控えるかは人によって異なるのです。

【常和ホールディングス株に向いている投資スタイル】

常和ホールディングス株は長所と短所が非常に分かりやすい株になります。

長所は成長性で、短所は財務状態です。成長性だけを見るのであれば常和ホールディングスは非常に優秀な株になりますが、財務面も考慮するとかなり厳しい見方をしなければいけません。

成長株目的の方は常和ホールディングス株との相性は良いのですが、資産株を手に入れたい方は常和ホールディングス株への投資は危険です。

2011年から2013年にかけて1株あたり30円の年間配当金を支払っているため、安定配当を実施していると評価することができます。

黒字経営を続けているのでインカムゲイン狙いで株を買っても良いのですが、もし財務面に不安を感じるのであれば他の株の購入をお勧めいたします。

【常和ホールディングスの株主優待】

3月の権利確定日に常和ホールディングスの株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有でUCギフトカード1枚(3000円相当)

・1000株以上保有でUCギフトカード1枚(5000円相当)

・100株以上保有で株主優待券5枚

・1000株以上保有で株主優待券5枚

(上記の株主優待券は自社ホテル宿泊料金50%割引券として利用可能。また、平日の自社ゴルフ場ゴルフプレー料金3000円引)

・1000株以上保有でプレミア優待券1枚(自社ホテル宿泊1泊1室無料。自社ゴルフ場1名1ラウンド無料)

参照URL http://www.jowa-hd.co.jp/ir/investor/benefit.html

(上記の情報は2013年11月29日に記載しました)


スポンサードリンク