JPホールディングス (2749)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社JPホールディングス
(ジェイピーホールディングス 英称 JP-HOLDINGS, INC.
・証券コード 2749
・業種     サービス業
・決算    3月
・設立年  1996年1月
・上場年  2002年10月


管理人評価A

【会社紹介】

JPホールディングスは保育所を運営している会社です。


JPホールディングスが運営している保育所は365日年中無休で、保護者が便利だと思えるサービスを提供しています。延長保育サービスや休日保育サービス、一時的に我が子の面倒を見てほしいときに活用する一時保育サービスなども行っているのです。

JPホールディングスは食育にも力を入れており、給食にこだわっているのが特徴になります。契約農家のお米を給食に取り入れたり、自分たちで育てた作物を給食メニューに入れたりと、子供が安心して食べられる給食を提供しているのが長所です。

また、JPホールディングスは「保育の質」にもこだわっています。保育は日々人間的な対応が求められる厳しい仕事になりますが、その分やりがいを感じるのも事実です。従業員の質にこだわったJPホールディングスの経営方針は、結果として成功していると言えるのです。

顧客満足度にこだわるJPホールディングスは更なる躍進を遂げる成長企業として注目されています。

【市場規模3兆円の子育て支援事業】

少子高齢化が騒がれている中、JPホールディングスの行っている事業は時代と逆行していると考えている人も少なくないのです。しかし、子育て支援業務は市場規模が3兆円以上あると言われており、ビジネスとして需要が高いのは確実です。

共働きの家庭が増えてきた現代で保育所を利用するのは決して珍しいことではありません。女性が社会進出して活躍している現状を見ると、JPホールディングスのビジネスモデルはかなり好意的に評価することができます。

また、JPホールディングスはビジネスの差別化に成功している会社です。

私が注目したいのは「一時保育」です。年中無休で運営しているJPホールディングスの保育所は、少しだけ育児を任せたいと考えている母親の需要にぴったりとマッチしているのです。普通の保育所は月極保育という形で子供を預けますが、一時的に子守を任せたいと考えているお客様を見事に取り込んでいるのがJPホールディングスの注目点です。

少しだけ自由な時間を手に入れたいと思っている人にとって、JPホールディングスの運営する保育所はありがたい存在として受け取れます。今までになかった需要を創りだしてビジネスを成功に導いているJPホールディングスは今後も成長が期待できるのです。

【JPホールディングスの財務分析】

JPホールディングスは非常に優秀な会社です。売上額から純利益まで総合的に成長を遂げている東証1部上場の注目企業です。

2012年通期決算の売上高は118億6700万円でしたが、2013年は売上高を137億8900万円まで伸ばすことができました。純利益も増加しており、2013年の通期決算の純利益額は7億5000万円です。

決算の内容は優秀ですが、財務面はそこまで優れているわけではありません。

自己資本比率は36.7%と、普通企業に分類されます。有利子負債額は41億3800万円で、自己資本は44億1300万円です。悪くない財務状態であることは確かですが、褒め称えるほど財務面が良いというわけではないのです。

しかし、成長を続けているのはJPホールディングスの大きな魅力になります。差別化に成功しているビジネスモデルと確かな結果を残している決算内容は高く評価することができるのです。

【JPホールディングス株に向いている投資スタイル】

JPホールディングスは成長株投資に向いています。安定を求めるのではなく、会社が成長することに期待して投資してください。少子高齢化社会の負の影響を受けるビジネスなのが気になりますが、JPホールディングスは新たな顧客を取り込んでいるので問題はないでしょう。

現在の予想配当利回りは0.8%ですが、配当金狙いの投資を貫くのもアリです。JPホールディングスは配当性向30%の業績連動型の配当を実施しているので、会社の利益額を高めれば高めるほど株主の収入が増えるのです。

つまり、JPホールディングスが更なる成長を遂げれば株主の収入もどんどん増加していきます。まだまだ発展途上の会社なので、今のうちに株を購入して長期投資に徹する戦略を貫くのは悪くない判断です。

【JPホールディングスの株主優待】

JPホールディングスの株を9月の権利付き最終日に500株保有していると3000円相当のお米5キロを貰うことができます。

お米は使い勝手が良いので、多くの個人株主に注目されています。株主優待目当てでJPホールディングスの株を500株買っても良いでしょう。数多くの戦略に対応できるのがJPホールディングス株の魅力です。

(上記の情報は2013年10月19日に記載しました)


スポンサードリンク