新日本空調 (1952)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名   新日本空調株式会社
(しんにほんくうちょう 英称:Shin Nippon Air Technologies Co., Ltd.)
・証券コード 1952
・業種     建設業
・決算    3月
・設立年  1969年10月
・上場年  1990年11月

・1株価格623円(3/28終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約6万2800円

・予想PER11.25倍、実績PBR0.5倍、予想配当利回り3.21%

管理人評価A

【会社紹介】

新日本空調は空調設備工事などを行なっている会社です。


「技術の新日本空調」と呼ばられるほど技術力に長けており、総合エンジニアリング企業として活躍しているのが長所です。「技術を活かすのは職員の人間力」だと考えている新日本空調は、専門性と人間性の2つの魅力を合わせ持った人間を育成する能力に長けています。

『SNK品質』という独自の品質基準を設けており、超信頼品質を維持してお客様の期待に応えているのが頼もしいです。

空調設備工事は勿論、原子燃料サイクルに関わる施設で設計・施工・メンテナンスなどを行なって利益を得ています。

熱流体解析技術やイオン濃度解析技術を有する新日本空調は、解析技術に秀でている企業として評価することが可能です。「技術の新日本空調」という通り名を守り続けるために、今日も新日本空調は技術研究に力を注いでいるのです。

【一般空調工事に強い新日本空調】

新日本空調と言えば一般空調工事です。

第45期中間事業レポートを見てみると、完成工事高内訳で一般空調工事が95%を占めています。残りの5%が原子力施設空調工事で、「一般空調工事」で多大な利益を上げているのが分かります。

受注工事高、完成工事高、利益、繰越工事高の4つの数字で「増の四冠」を達成した新日本空調は今ノリにノッているイケイケ企業です。

「顧客ニーズに応える全社一丸体制の実現」に力を注いでいる新日本空調は、営業クオリティを強化してお客様の望みを迅速に叶えるスタイルを貫く予定です。海外事業に関しても確固たる自信を抱いており、上海の現地法人で過去最高の決算を残すことができました。

上海現地法人の士気は凄まじく、「結果を出せる自信」が身についており、勝ち組マインドが浸透しているのが注目点です。

雪印メグミルクの工場やダイビル本館などの施工を行なった経験のある新日本空調は、「大手企業から信頼されている」のが強みです。

新日本空調は株主に対して「末永い支援をお願いしたい」と述べており、長期投資家の増加を望んでいます。長期投資に適している新日本空調株は「株主の利益と会社の価値観」が見事にマッチする優良株です。

「空気を素敵にする会社」という明確な強みを抱いている新日本空調は、今後も躍進が期待できます。空調コントロールを実現して利益を得ているのは素晴らしいです。

【新日本空調の財務分析】

新日本空調は2011年から2013年にかけて増収・増益を達成している成長企業です。

2013年通期決算の売上高は855億5300万円、営業利益は22億3000万円、経常利益は24億5700万円で、順調な発展を遂げているのが頼もしいです。純利益は13億2200万円まで伸びており、優秀な結果を残しているのが魅力です。

結果を重視する投資家は新日本空調と相性が良いのです。

来期も増益が予測されています。

労務費高というマイナス要素にも負けず、営業増益を達成している新日本空調の経営能力は賞賛の対象になります。今後は東京や中部地区で受注高を増やし、更に利益額を高める策を練っています。

財務面はそこそこです。

自己資本比率は44%。有利子負債額は37億3000万円で、それなりの財務状態を維持しています。

【新日本空調株に向いている投資スタイル】

新日本空調は割安株投資が適しています。

PBR値が低いので、市場から過小評価されているのがポイントです。増収・増益を達成している優良企業がここまでPBR値が低いのはありえないと思うのですが……、これは買いのチャンスだと分析しました。

成長率はそこまで高くないのですが、堅実な発展を遂げているのはプラス評価です。

予想配当利回りも3.21%でそこそこ高いので、配当金狙いの投資家と相性が良いのです。

割安性を活かし、配当金狙いで株を長期投資する戦略がお勧めです。長期投資を実行していればそれ相応の売却益を受け取れる可能性もあるため、新日本空調は「売却益と配当金」が両方狙える良株です。

新日本空調株を保有して放ったらかしにするのがお勧めです。

初心者でもそれなりに儲けることができる新日本空調株は、株価を気にしない投資スタイルを維持したい方と相性が良いです。

(上記の情報は2014年3月29日に記載しました)


スポンサードリンク