スバル興業 (9632)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  スバル興業株式会社
(スバルこうぎょう 英称:Subaru Enterprise Co., Ltd.)
・証券コード 9632
・業種     サービス業
・決算    1月
・設立年  1946年2月
・上場年  1949年5月


管理人評価B

【会社紹介】

スバル興業は道路メンテナンスなどを行なっている会社で、阪急阪神東宝グループに属しています。

「社会に奉仕すること」を創業理念に掲げているスバル興業は、レジャー事業、道路事業、不動産事業などを行なって多角的に利益を得ています。

公共工事の依存度が強く、道路・環境部門が主力事業になっています。

「技術と心で道路の健康を守りぬく」と明言しているスバル興業は、高速道路や国道のメンテナンスを行っています。道路はメンテナンスが必要で、常に安全な道を維持したければ定期的に修繕工事を行なう必要があります。


現在の日本は全国に国道が広がっていますが、別の視点から分析すれば道路維持はメンテナンス需要が高いということになります。

スバル興業の道路メンテナンス業務はかなり安定性が高く、今後もニーズが潰えることがないのがポイントです。公共性の高いビジネスを行なっている会社は「安定度に長けている」という特徴があるのですが、スバル興業もかなり安定力に優れています。

【多角経営に長けているスバル興業】

スバル興業は多角経営を通じて様々な分野で利益を得ているのがグッドです。

不動産部門では不動産貸賃や貸賃駐車場の運営を通じて手堅く利益を得ているのが良いです。飲食店舗に適した「銀座スバルビル」や事務所や店舗運営に向いている「吉祥寺スバルビル」で貸賃収入を確保しています。

レジャー・外食部門ではドトールコーヒーショップを経営したり、スパゲティハウス ラ・ベルデを運営したりしています。

様々な事業を手がけているので何がメイン事業か分からないと感じる方も多いのですが、現在の主力事業は「道路事業」だと思ってください。

【スバル興業の財務分析】

スバル興業は2009年から2013年にかけて黒字経営を維持しており、黒字体質を築いているのがポイントです。

2013年通期決算の売上高は176億8200万円、営業利益は9億3300万円で売上高と営業利益が両方増加しています。

経常利益は9億9800万円、純利益は3億6600万円で全ての利益が前年度より向上しているのが分かります。1株益も14.0円までアップしているスバル興業は良い決算を残したと評価することができます。

来期も黒字経営が期待できます。

道路工事は補修や点検が好調で、主力事業の調子が良いのは素晴らしいです。メガソーラー向けの太陽光発電設備に力を入れており、今後はグループ全体の収益力を高めることが期待できます。

財務面は相当優秀です。

自己資本比率は82.7%。有利子負債はゼロで、超優良な財務体質を築いているのが分かります。

【スバル興業株に向いている投資スタイル】

スバル興業は安定株投資に向いています。

1番の魅力は財務面の良さでしょう。高い自己資本比率を保っているスバル興業は財産株として長期保有する価値が高いです。インフラ関連ビジネスも手がけているので、この先も黒字体質の維持が期待できます。

スバル興業はかなり手堅いのが良いです。

しかし、スバル興業のような安定性に長けた株はなぜか市場から評価されにくい傾向があります。

現在の予想PERは17.16倍、実績PBRは0.64倍でPBR値が1倍を割っています。確かにスバル興業は大きな成長が期待できる株ではありませんが、ここまで過小評価されるほど悪い株ではないと思います。

安定性に長けた株は「資産のディフェンス力を高める」ために有効ですし、安定したインカムゲインを受け取れることを考えるとなかなか優秀な株だと思うのですが……。

予想配当利回りは1.91%で高配当投資には向いていませんが、スバル興業は安定力を評価すべきでしょう。株にはそれぞれ個性や長所が存在し、株の能力を最大限に発揮する戦略を採用すれば株式投資で勝てます。

スバル興業は成長性を期待した売却益狙いの投資には適していませんが、長期保有してインカムゲインを売り取り続ける堅実戦略には向いています。こつこつ儲けたい方と相性が良いのがスバル興業株です。

【スバル興業の株主優待】

1月、7月の権利確定日にスバル興業株を1000株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。(年2回)

・1000株以上保有で有楽町スバル座株主優待カード(6回視聴可能)

・2000株以上保有で有楽町スバル座株主優待カード(12回視聴可能)

・3000株以上保有で有楽町スバル座株主優待カード(18回視聴可能)

上記の株主優待カードは東京の有楽町にあるスバル座で使用できるのがウリですが、近くに住んでいないと使用するのが難しいという欠点があります。

有楽町の近所に住んでいる人は株主優待を有効活用しやすいです。

参照URL http://www.subaru-kougyou.jp/ir/corporator.html

(上記の情報は2014年1月21日に記載しました)


スポンサードリンク