ゼビオ (8281)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名 ゼビオ株式会社
(ぜびお 英称:XEBIO CO., LTD.)
・証券コード 8281
・業種     小売業
・決算    3月
・設立年  1973年7月
・上場年  1988年4月


管理人評価B

【会社紹介】

ゼビオはスポーツ用品店を経営している会社です。

ゼビオグループは「スポーツコングロマリット構想」を掲げており、グループ全体を通じてスポーツの魅力そのものを追求しています。


2012年8月15日に創業50週年を迎えたゼビオは日本のスポーツ文化発展に貢献した会社で、今後もスポーツと人々を繋ぐビジネスを行っていくのです。

スポーツ用品小売店で勤務しているスタッフは「スポーツナビゲーター」と呼ばれており、スポーツの魅力や楽しさを伝える役割を果たしています。スポーツを軸にコミュニケーションが取れる店舗を運営することを目指しているゼビオの経営方針に賛同する人も多いのです。

また、グループ全体で300以上の店舗を運営しており、中国や韓国でも店舗を構えています。お客様視点の接客と売場設営を心がけているゼビオは、スポーツの魅力を知ってもらうことに力を入れているのです。

商品だけではなく、接客や対話という面でもお客様の満足を追求します。

例えば新しいスポーツを始めたいと考えているお客様がいる場合、お客様に適した商品を紹介したりお客様の悩みを聞いたりして「真の満足」を提供する努力を怠りません。お客様の信頼が利益に直結する小売業は、接客スキルの向上が利益を高めることに繋がるのです。

【ゼビオが展開しているブランド】

ゼビオは多数のブランドを展開し、店舗運営を通じて利益を上げています。

主力店舗は大型総合スポーツ店の「スーパースポーツゼビオ」です。

こちらの店舗は顧客ターゲットが広く、ビギナーからマイナーまで満足する品揃えが長所です。1000坪クラスの店舗を確保しているスーパースポーツゼビオは数十万点のアイテムを揃え、「見るだけで楽しい空間」を作り上げることに成功しています。長時間滞在しても薄れない魅力が特徴の店舗です。

地域密着型中小型スポーツ店の「ゼビオスポーツ」にも注目です。

こちらの店舗はスーパースポーツゼビオとは打って変わって店舗自体が小さいという特徴があります。品揃えはスーパースポーツゼビオに負けますが、地域特性に合った店舗運営を心がけて地元住民のスポーツライフを支えます。

ゴルフ好きの方に親しまれているのは「ゴルフパートナー」です。

ゴルフパートナーは中古ゴルフ業界で売上高ナンバーワンの地位を築いている素晴らしい店舗です。ゴルフは「ブランド力」が重視されるスポーツであり、アイアンセットやドライバーのブランドにこだわるゴルファーも多いのです。

数多くの中古ブランドを取り扱っているゴルフパートナーはたくさんのゴルファーに愛されています。

新品よりも安い価格でゴルフクラブを購入することができるため、有名ブランドゴルフクラブをできるだけ安い値段で手に入れたい方と相性が良いのです。

【ゼビオの財務分析】

ゼビオは売上高を伸ばし続けている会社です。

2013年通期決算の売上高は1926億2800万円まで成長することができましたが、営業利益は120億4200万円に減少しています。

経常利益は124億7100万円、純利益は63億3200万円で全ての利益が前年度より悪化しているのが懸念材料です。1株益は140.7円まで減っているのが難点ですが、黒字を出して優秀な決算内容を維持している事実を拒むことはできません。

来期は営業利益が増大する見込みです。

大型総合店を出店して売り場面積が5%拡大し、粗利率が改善して利益額を増やすことが予測されるのです。

原発事故の風評被害を受けているゼビオは新入社員の離職率が増加しているのが気になります。離職率を下げて「人財となる社員を育てる」のは強い企業を築くのに必須の条件となるため、何かしらの対策を打ち出す必要があります。

財務面は優秀です。

自己資本比率は67.1%。有利子負債は3億5000万円で、1118億5200万円の自己資本と比較すると存在しないのも同然と捉えられる有利子負債額になります。

840億9400万円の利益過剰金というデータは、ゼビオが長年黒字体質を維持してきたことを裏付けるデータになります。

ゼビオ株に向いている投資スタイル】

ゼビオは資産株投資に向いています。財務面が良く、黒字決算を維持しているゼビオは立派な資産株として活躍してくれるでしょう。成長性に関してはそこそこですが、伸び悩んでいるわけではないので株を長期保有してキャピタルゲインを狙う戦略もアリです。

現在の予想配当利回りは1.74%で、手堅い資産株として活躍してもらうのであれば悪くない利回りになります。高配当株が欲しい方にゼビオは向いていませんが、堅実に儲けたい人はゼビオと相性が良いのです。

更に注目したいのが予想PER14.85倍、実績PBR0.81倍というデータになります。

これは株の割安性を示すデータで、現在のゼビオ株は割安性が高いのです。財務優良な割安株という長所が存在するのはとても大きいです。

ゼビオは扱いやすい株に該当するため、初心者向けの株であると判断することができます。大儲けを期待したい方には向いていないかもしれませんが、堅実投資を実行したい方に適しています。

【ゼビオの株主優待】

3月、9月の権利確定日にゼビオ株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。(年2回)

・100株以上保有で20%割引優待券1枚と10%割引優待券4枚

・1000株以上保有で20%割引優待券2枚と10%割引優待券8枚

上記の優待券は買物1回につき1枚利用することができます。買物限度額は30万円です。

参照URL http://www1.xebio.co.jp/ir/info/03/index.html

(上記の情報は2014年1月7日に記載しました)


スポンサードリンク