大黒天物産 (2791)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  大黒天物産株式会社
(だいこくてんぶっさん 英称:Daikokuten Bussan Company, Limited
・証券コード 2791
・業種     小売業
・決算    5月
・設立年  1993年6月
・上場年  2003年12月


管理人評価B

【会社紹介】

大黒天物産は岡山県を中心に食品ディスカウントストアを展開している会社です。


店舗面積が大きいメガディスカウントランド「ラ・ムー」やスーパーディスカウントストア「ディオ」を運営している大黒天物産は、西日本地域の客層を取り組むことに成功しています。

2006年に誕生したスーパーディスカウントストア「ディオマート」は規模の小さい商圏に対応するために出店した店です。ディオをモデルにして誕生したディオマートは岡山県と鳥取県で営業を続けています。

まいにちお値打ちがウリの生鮮市場「ハッピィ」は大黒天物産が小売業としてスタートしたときのスタイルを意識している店です。現在は「ディオ」と「ラ・ムー」が大黒天物産の主力として活躍しています。

大黒天物産という名前は大変独特ですが、この名前は「すべての人々に幸福を与える大黒天様のような企業になる」という意味を込めて名付けられたのです。

【24時間営業でお客様の役に立つ大黒天物産】

大黒天物産の運営するディスカウントストアは1部の店舗を除いて24時間営業を続けているのがポイントです。

コンビニの24時間営業は当たり前ですが、ディスカウントストアが24時間営業をしているは少し珍しいのです。24時間営業を通じてお客様の役に立ち、利便性に長けた店と評価されているのが大黒天物産の長所です。

大黒天物産はD-PRICE(ディープライス)商品にもこだわっており、高品質で低価格の自社商品を開発することに力を入れています。低価格を追求しているD-PRICE商品は原料から開発する徹底した姿勢を維持しており、販売管理率を下げる努力を怠りません。

低価格高品質商品は利益が出ないと思いがちですが、大黒天物産はこの課題をクリアしています。低価格であるからまとめ買いをするお客様がたくさん訪れて利益が出るという仕組みを築いているのです。

チラシを織り込むことはせず、販売コストを下げることによってD-PRICE商品の価格を安く設定することができるのです。

このD-PRICE商品は大黒天物産の武器とも言える存在です。24時間営業も素晴らしいのですが、優れた商品を自社開発できる研究能力に注目です。

【大黒天物産の財務分析】

大黒天物産は順調に利益額を伸ばしている成長企業です。

2013年通期決算の売上高は1146億1000万円で1000億の大台を突破することができました。純利益は24億5700万円まで成長しており、堅実に利益を高め続ける経営スタイルは高く評価することができます。

黒字経営を続けているのも素晴らしいのですが、それ以上に賞賛したいのは純利益を上げ続けている経営体質です。社長の大賀昭司氏の経営センスがキラリと光る大黒天物産は、成長株が欲しい方に向いているのです。

電気料金の値上げに負けない経営を行なっている大黒天物産。来期は最高益を更新し、増配の期待が高まります。

財務面もなかなか優秀です。

超優秀と断言できないのが歯がゆいところですが、53.5%の自己資本比率は悪くありません。有利子負債は19億2400万円ありますが、しっかりと利益を確保している会社なので心配はいらないでしょう。この程度の有利子負債額であれば許容範囲内です。

【大黒天物産株に向いている投資スタイル】

大黒天物産は成長株投資を実行するのにうってつけです。

資産株として長期保有するよりも、成長することを期待して株を買って売却益を狙うのが得策であると考えられます。現在の予想配当利回りは0.64%なので配当金狙いの投資を実行するのは不向きです。

大黒天物産株は増配気配が漂うのが魅力ですが、増配しても高利回りになるとは限らないことを忘れてはいけません。

大黒天物産株はインカムゲインよりもキャピタルゲインを狙うのがお勧めです。

また、株主優待目当ての方は大黒天物産株と相性が良いです。果物をプレゼントしてくれるので、甘くて美味しい果物が欲しい方は大黒天物産株への投資を検討してください。

果物を株主優待に設定している会社は何気に珍しいです。株主優待中心の生活を送っていると果物に不足するのが悩みですが、大黒天物産株を保有すれば新鮮な果物を得ることができます。

【大黒天物産の株主優待】

5月の権利確定日に大黒天物産の株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。


・100株以上保有で2000円相当の果物

・500株以上保有で3000円相当の果物

・1000株以上保有で5000円相当の果物

・10000株以上保有で10000円相当の果物

参照URL http://www.e-dkt.co.jp/ir/yutai

(上記の情報は2013年11月27日に記載しました)


スポンサードリンク