高松コンストラクショングループ (1762)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社高松コンストラクショングループ
(たかまつこんすとらくしょんぐるーぷ 英称:TAKAMATSU CONSTRUCTION GROUP CO., LTD.)
・証券コード 1762
・業種     建設業
・決算    3月
・設立年  1965年6月
・上場年  1997年10月


管理人評価B

【会社紹介】

高松コンストラクショングループは金剛組や青木あすなろ建設を傘下に抱え、建築事業や土木事業に取り組んでいる会社です。


子会社の高松建設が高松コンストラクショングループの中心企業として活躍しており、貸賃マンション事業などを行なっています。土地活用に悩むお客様をサポートしたり、貸賃マンション事業のポイントを説明したり、収益を安定させる収支計画を練ったりしています。

高松建設はお客様のサポート対応に定評のある会社で、資金調達の方法などもアドバイスしてマンション経営をスタートさせたいお客様の役に立つ事業を行なっています。

技術力にも秀でており、「ハイブリット・R・ウォール工法」という高松建設オリジナルの工法は注目したいポイントです。ハイブリット・R・ウォール工法を採用して工事すると施工費や手間賃が約30%もダウンし、耐震性能も高く保つことができるのです。

優れた独自技術とマンション管理能力で名を馳せている高松建設を抱えているのは大きいです。世界最古の企業である金剛組(578年創業)を抱えているのもユニークです。

【技術力に長けている高松コンストラクショングループ 】

高松コンストラクショングループの子会社は技術力に秀でている企業が多いです。

例えば青木あすなろ建設は無人化施工システムを導入して災害復旧工事を担当しています。

安全施工を第一に考えている青木あすなろ建設は、遠隔操作を駆使して無人化施工を行なっているのです。これまで桜島除石工事などで活躍した実績があり、約60件の施工実績を積んだ経験があります。

青木あすなろ建設の技術力を支えているのは、筑波研究学園都市にある技術研究所です。

室内環境実験室や大型疲労試験機などを持つ青木あすなろ建設は、高松コンストラクショングループの利益増加に大きく貢献しているのです。

高松コンストラクショングループの魅力を一言で語るとしたら「建築事業の技術力に優れている」という点でしょう。一般的な知名度はそこまで高くないのですが、安心して工事を依頼できる技術力と実績に長けているのがウリになります。

【高松コンストラクショングループの財務分析】

高松コンストラクショングループは黒字経営を維持しています。

2013年通期決算の売上高は1499億7400万円、営業利益は47億1500万円で、売上高は前年度より向上しているのですが営業利益額は57億4800万円から低下しています。経常利益も48億5100万円まで減少しており良い結果を残したとは言えません。

純利益も29億1100万円に低迷し、1株益も80.4円まで下がっています。

来期は利益額の増加が予測されます。

貸賃マンションや復興関連工事の需要が高く、マンション建設の需要が高まっているのが良いです。土地有効活用のセミナーを開催してコンサルティング収入を増やすことを模索しています。

財務面はなかなか良いです。

自己資本比率は55.8%。有利子負債はゼロで、利息支出に苦しんでいる様子は見当たりません。健全な財務体質を保っていると評価して良いでしょう。

【高松コンストラクショングループ株に向いている投資スタイル】

高松コンストラクショングループは安定株投資が適しています。

高松コンストラクショングループ株の長所は優良な財務面と安定した黒字体質を築いているところです。高い技術力を誇って利益体質を維持しているのも良いですし、資産株として評価するのであればそれなりに優秀だと分析することができます。

しかし、大きく儲けることを期待する株ではありません。

現在の予想配当利回りは1.27%で配当利回りが低いです。

配当金収入を期待して投資するのであれば、高松コンストラクショングループ株は投資先として適していません。しかし、株主優待も含めた総合利回りは3.97%でそれなりに美味しい株になります。

株主優待がお米というのも良く、個人投資家に向いている株だと言えるのです。

予想PERは11.97倍、実績PBRは0.84倍でPBR値が1倍を切っているため、そこそこ割安性に優れていることが分かります。

高収入は期待できませんが、割安性と財務力を評価して長期保有するのは良い戦略です。長い間インカムゲインを受け取りたい方と相性が良いのです。

【高松コンストラクショングループの株主優待】

3月の権利確定日に高松コンストラクショングループ株を100株以上保有していると、新潟県南魚沼産コシヒカリ5kgを受け取ることができます。

参照URL http://www.takamatsu-cg.co.jp/ja/ir/ir2.html

(上記の情報は2014年1月30日に記載しました)


スポンサードリンク