東京電力 (9501)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名   東京電力株式会社
(とうきょうでんりょく 略称:東電(とうでん) 英称:Tokyo Electric Power Company)
・証券コード 9501
・業種     電気・ガス業
・決算    3月
・設立年  1951年5月
・上場年  1949年8月

管理人評価E

【会社紹介】

東京電力は原発事故を起こした会社で、公的管理下において経営再建を目指している会社です。


首都圏1都7県のシェアを独占しており、関東に電気を提供している電力会社です。良くも悪くも東京電力という名前を聞いたことがある方がほとんどでしょう。経営再建を成し遂げて安定企業への復活の道を歩むことができるのか? 今は東京電力の底力が試される時期だと言えます。

消費者や世間からの批判も多い東京電力ですが、関東圏のライフラインの一角を担っている事実は否定できません。東京電力の原発事故は大変な問題になってしまいましたが、企業再生を成し遂げることは不可能ではないのです。

【崩れ去った電力神話】

株式投資の世界では「電力神話」という言葉が頻繁に飛び交っていました。

電力神話とは、電力株を資産株として保有していれば長期的に儲けられるという神話です。原発問題が起こる前は電力株神話は絶対に崩壊しないと信じている投資家も多かったのです。電気という需要がなくなる可能性は低いですし、一部地域のシェアを独占している電力企業は絶対安泰と言われていました。

参考記事

電力株神話って本当?

電力株神話は完全に崩壊しました。電力株を保有していた人も多く、2011年に起きた東関東大震災で株資産に大打撃を受けた人も少なくないのです。絶対に安心できる株はないということを証明したのが、原発事故問題です。

【絶望から抜け出すことができるのか?】

東京電力は再建できるかが問題になっている会社です。

原発の再稼働問題や原子力被害者に対する賠償金支払い問題という数多くの難題を抱えている会社であり、現在の状況は絶望的であると解釈することができます。

東京電力は問題解決に向けて取り組んでいる会社です。「東京電力は復活する」と信じている人は株を買っても良いですし、東京電力の明るい未来を予測できない方は株を買わない方が良いでしょう。会社も人間も、絶望的な状況に陥ったときに真価が問われます。

今は東京電力にとって厳しい冬の時期となりますが、完全復活を成し遂げることができるか否かは今後の努力次第です。

【東京電力の財務分析】

東京電力の財務状態は最悪です。

2010年まで純利益は黒字だったのですが、2011年3月の決算から赤字転落しました。東関東大震災の被害額は大きく、今後も黒字復活の見通しを立てにくい状況が続きます。

2013年3月の決算は営業利益が2219億8800万円の赤字。経常利益は3269億5500万円の赤字。純利益は6852億9200万円の赤字となっております。

有利子負債の額は7兆7294億4900万円も存在します……。この財務状態はひいき目に評価しても最悪としか言いようがありません。優良企業であった東京電力の転落振りは凄まじいものがあります。


自己資本比率も10.6%と、かなり低い水準を保っています。

この財務状態だけ見るとどうしようもない株に思えますが、希望はあります。

東京電力の売上高に注目してください。利益の面では赤字経営が続いていますが、売上高は年々確実に増加しているのです。2012年3月決算時の売上高は5兆3494億4500万円ですが、2013年3月決算の売上高は5兆9762億3900万円です。

前年度と比較して売上高は約6000億円も増加しています。純利益も前年度と比較して赤字額が少なくなっているのがポイントになります。

確かに絶望的な決算内容です。しかし、希望が全くないわけではありません。電気料金の値上げによって売上高を増加させている東京電力は、まだ経営再建の可能性はゼロではないのです。その根拠は伸び続ける売上高と赤字額が縮小している純利益から分析することができます。

このデータをどう捉えて、どう活用するかはあなた次第です。東京電力復活のシナリオを信じるか、経営再建はありえないと信じるかは人によって異なるのです。

【東京電力の株に向いている投資スタイル】

東京電力株は非常に難しい株です。東京電力が復活すると信じている方は長期保有しても良いのですが、しばらくの間配当金収入は期待できません。

配当金の支払いが期待できないとインカムゲインという名の収入を1つ失うことになります。配当金支払いが復活したら東京電力の株価も急激に上がる可能性が考えられますが、まだ先の話になるでしょう。

震災直後は投機の対象になっていた東京電力ですが、現在は長期保有株としての価値が見直されています。

私個人の意見を述べると、東京電力の株を保有するのはお勧めしません。あまりにもリスクが高すぎるので、できるだけ安全に儲けたいと考えている方は他の株を買った方が良いのです。私も東京電力の株を買う勇気はありませんし、配当金収入が期待できない株を長期保有する考えもありません。

しかし、これは私の意見です。東京電力の再建を信じられる人は、「長期保有のスタイル」を貫いて東京電力の復活を見守るのがお勧めです。

逆に言えば、それ以外の方は東京電力株に手を出さない方が良いのです。投機目的であれば別ですが、投資目的の方は他の株を探した方が良いでしょう。

(上記の情報は2013年9月17日に記載しました)


スポンサードリンク