トーセ (4728)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証1部
・会社名  株式会社トーセ
(とーせ 英称:Tose Co., Ltd)
・証券コード 4728
・業種     情報・通信業
・決算    8月
・設立年 1979年11月
・上場年 1999年8月

・1株価格735円(6/4終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約7万3500円

・予想PER28.49倍、実績PBR0.96倍、予想配当利回り3.4%

管理人評価C

 

【会社紹介】

トーセは家庭用ゲームソフトの開発・制作を行なっている請負大手企業です。


ゲーム業界最大手の下請け会社として活躍しているトーセは、自社の素晴らしい開発能力を活かして数多くのゲームを世に送り出してきました。トーセ自身はゲームの著作権を保有しておらず、「ゲーム業界の影武者」として活躍しているのがポイントです。

「縁の下の力持ち」を合言葉に事業拡大を成し遂げたトーセは、下請けの立場でありながらも「安定決算を維持する優良企業」として輝いているのが自慢です。

家庭用ゲームだけではなく、モバイルコンテンツの制作も行なって進化するゲーム業界に対応しているのが長所です。

「次世代の総合エンターテイメント産業のサポート役に徹する」と公言しているトーセは、自社ブランドを活用したゲーム販売に手を出すつもりはありません。

「受託業務に徹し、自社ブランドを築かない」のは賛否がわかれる経営方針になります。

私だったら独自技術を活かして下請けから脱し、自社ブランドを築く経営を実行します。その方が将来性が高いからです。面白いゲームを世に送り出して著作権を確保すれば会社全体の発展が期待できます。

私の考えとトーセの理念は相反しています。

トーセの経営方針を批判したいわけではありません。トーセは「信義」を抱いている会社で、「取引先との信頼関係」を強く重視しているから独自ブランドのゲーム制作に手を出さないのでしょう。

私なら「独自ブランドのゲームを配信し、下請けビジネスを止める」という戦略を練ります。

将来性を重視する私の戦略と、取引先との信頼関係を重視するトーセの経営戦略。どちらが正しいかは分かりませんが、トーセの経営方針に賛同できる投資家だけがトーセ株を買った方が良いと考えています。

 

【下請け徹底主義! 受注ビジネスにこだわるトーセの経営戦略とは?】

トーセはゲーム開発に関する素晴らしい技術を保持していますが、「自社ブランドソフトは販売しない」と明言しています。

これは明確な理由が存在し、「自社ブランドソフトを販売するとクライアントと競争関係になり、取引関係が抹消される可能性があるから」です。トーセはクライアントとの関係を重視し、自社ブランドゲームを配信しない方針を守り続けているのです。

この経営戦略のお陰で黒字経営を維持しているのは素晴らしいのですが、果たして将来性は高いと言えるのでしょうか……。

「縁の下の力持ち」という方針をブラさないで下請けに徹するのは潔い経営方針だと思いますが、成長性を望むのであれば「自社ブランドソフトを販売している会社の株」を買った方が良いと考えています。

トーセは財務状態に秀でているとても優秀な会社ですが、経営方針は賛否がわかれると思います。

総合的に分析するとトーセは完全なる「ディフェンス株」になるのです。

 

【トーセの財務分析】

トーセは2011年から2013年にかけて利益額を伸ばしています。

2013年通期決算の売上高は54億6000万円、営業利益は5億3500万円、経常利益は6億200万円で前年度と比較して売上高や営業利益を伸ばすことができました。純利益も4億7000万円まで成長しており、良い結果を残したのです。

今期は減益が予測されています。

大型のゲーム開発受注が好調で、受注額の単価向上が良いニュースになります。海外メーカーのゲーム開発も受注しているのが良く、グローバルに活躍しているのが長所です。

財務面は優秀です。

自己資本比率は73.1%。有利子負債額は2000万円です。

 

【トーセ株に向いている投資スタイル】

トーセは資産株投資が適しています。

成長性に期待を抱くのはかなり危険な発想です。今期は減益が予測されていますし、受注に徹するビジネスモデルで大きな発展を成し遂げるのは困難だからです。

受注ビジネスは「利益の安定化」という面では優れていますが、大きな躍進を図るのに向いているビジネスモデルだと思えません。

財務状態も良く、安定配当を支払っているので「インカムゲイン狙いの投資」を決行するのがお勧めです。

予想配当利回りは3.4%と高く、配当金狙いの投資に適しているのが良いです。

安定決算を維持している高配当株が欲しい人はトーセを魅力的だと感じるでしょう。

(上記の情報は2014年6月5日に記載しました)


スポンサードリンク